• HOME
  • 記事
  • コラム
  • 【SHE編集部コラム】あの相田みつをだって、最後まで自分の作品に満足したことはなかった。それが、アートなのかもしれない。

【SHE編集部コラム】あの相田みつをだって、最後まで自分の作品に満足したことはなかった。それが、アートなのかもしれない。

コラム

こんにちは。憧れの人は斉藤和義と、森博嗣。「なれるものならなりたい」心からそう願っております、大原光保子です。

私は小学生の頃から小説を書くのが好きで、中学生くらいまでは一人で紙の上に物語を広げていくような遊びをしていました。何枚も何枚も紙に秘密基地の設計図を書いて、その中での物語を繰り広げる私は、外から見ると少し怖い人間だったことは認めましょう。

ここだけの秘密ですが、とっとこハム太郎の家の模型と、キャラクターの人形たちで様々な人間ドラマならぬ、ハムスタードラマを繰り広げる遊びを小学校高学年まで続けているくらいには、妄想癖の激しい人間です。

そんな物語をつくることが大好きな私ですが、小学生から小説を書き続けてきても、決して満足できたことはないばかりか、いつも自己評価は2点くらいで、とてもこれを職業にするなんて、無理だと思い込んでいました。

そんなある日、たまたま国際フォーラムで展示している、「相田みつを展」に行く機会がありました。昔父に、相田みつをの「幸せはいつも自分の心が決める」という文字が書いた鏡をもらってから、なんとなく知ってはいるけど、そこまで魅力はわからない、私にとって相田みつをはそんな存在でした。

でも実際に展示を見てみると、たくさんの作品と共に、その背景や込められた思いが記載されておりました。そこで私が最も衝撃を受けた事実があります。

相田みつをは、死ぬまで自分の作品に満足したことはなかった。いつも完成した作品は、頭の中で思い描いていたものの20-30%でしかなかった。

これだけ多くの作品を残して、亡くなったあとも多くの人に求められる作品を作り上げた人でさえ、最後まで満足することはできなかったのか、と。

しばらく私は衝撃で、その言葉の前を動くことができませんでした。

その他にも、一つの作品が完成するまでに通った、何十回何百回という書き直しのを見たり、書家として一人前になるまでに修行した形跡を見ることができました。

みなさん、相田みつをは、なんとなく良い事をそれっぽく書いてるだけの人だと思っていませんでしたか。私はそう思っていました。

それでも、相田みつを展で彼の背景を知ったことで、ただそれっぽく筆で良さそうな言葉を書くだけの作品とは圧倒的に違う結果の理由を悟りました。

最終的にアウトプットされる作品の良し悪しが人の心を動かすんじゃない。そこに至るまでの過程が垣間見えるから、多くの人が心動かされるんだと。

その過程はわざわざ言語化しなくても、きっと作品を見たら感じられるものなのでしょう。

しかも相田みつをほどの人だって、最後まで満足することができずに修行し続けていたのだから、まだ一歩も踏み出し切れていない私の作品に、自分で満足できるはずがないと悟りました。

なので私は書き続けます。死ぬまできっと、満足することはできないけれど、大好きなことを自信がないからって諦めるのはおかしい。大好きだからこそ、自分の理想は高くて書く度に落ち込んだりするけれど、それでもやり続けたいと思えるのは本当に幸せなことです。

すべての人はアーティスト。自己表現したくない人なんて、本当は一人もいないのだから。

どれだけ下手くそだって、才能がなくたって、関係ない。他人に評価されるために、人は自己表現するんじゃなくて、自分の中にあるものを外に出すことが気持ちいいから、芸術があるんだと思います。

歌も、絵も、踊りも、料理も、「上手にやらなきゃいけないもの」じゃなくて、純粋に楽しむためのものだということを思い出して、心に素直にやりたいことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

「これまで特に好きなものがなかったから、何をはじめてみればいいかわからない」そんなあなたには、SHEのチョークアートレッスンがオススメです。

初心者向けに、純粋に絵を楽しむためのレッスン。チョークアートは、気軽に心を無にして自由に絵を描くことができるので、童心に返って没頭してみたい方にはピッタリです。

つい色々な心配事や、やらねばならない事ばかり考えてしまいがちですが、そんな忙しない毎日にいるからこそ、アートに没頭できる時間をつくってみてください。

▷チョークアートのレッスン情報

最後に、チョークアートのレッスン詳細を記載させていただきます。

SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。

レッスン名:「はじめてでも書ける!チョークアートで素敵なインテリアボードを作ろう

開催日時:2018年6月30日(土) 13:00~15:00

開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)

申し込みはこちら:https://she-inc.jp/likes/courses/112/lessons/160?utm_campaign=18063013&utm_medium=shesns&utm_source=sheshares

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami