あなたが笑えば、世界が笑う。紅茶レッスンを通じて伝える「好きを仕事にすれば、人生は豊かになる」という事実

インタビュー

自分の好きなことで、誰かの笑顔を生み出せたら。忙しい家事や育児の合間に、ワクワクする時間を過ごせたら。きっと人生は、よりいきいきとしたものに変わっていくのでしょう。
今回インタビューに答えていただいたのは、ティーパーティープランナーとして活動されている福井えみさん。紅茶の楽しみ方や奥深い世界を教えてくれるだけではなく、これからの女性の働き方について大きなヒントをくれる存在でもあります。21世紀を生きる女性のためのレッスンクラブSHElikesでのご登壇に先立ち、「好きなことを仕事にすることが、どれだけ人生を豊かにしてくれるか」を、ご自身のキャリアと併せて伺ってきました。

1. 自分で一から作り上げる仕事がしたい。そんな女性が選んだ「ティーパーティープランナー」という人生

ーではまず、現在のお仕事内容と、そこに至るまでの経歴を教えて下さい。

私はティーパーティープランナーとして活動をしています。
お仕事内容は、横浜の一軒家の自宅教室「Studio tea moment」の運営のほか、企業での外部講師、TVや雑誌での掲載などなど。
自分の活動を通して、敷居が高いと思われがちな紅茶やテーブルコーディネートに対し、“お紅茶じゃない、次世代の紅茶像”を提案しています。
茶道文化が根付く石川県で生まれ、幼少期からお茶とお菓子がいつもセットでした。
社会人になってからは、大手企業の総合職で全国を飛び回ったり、「好きを仕事にしてみたい」と食の会社に転職したり。レストランや百貨店ホテルなどを対象に、幅広く法人営業を担当していました。
その後結婚を期に独立して、現在の活動に至っています。
教室は「初心者でも3ヶ月でティーパーティーが開くことができる」がコンセプトなんです。仕事や育児で忙殺されそうな時でもほっと一息つけるお茶時間を求めて、教室にはOLの方から子連れのママさんまで多数お越しいただいています。

「実際のレッスン模様」

ー確かに、スケジュールについてはフリーランスならではの良さでもありますよね。
今のお仕事を始めてから、やりがいや楽しさなど、ご自身にどのような前向きな変化がありましたか。

教室やレッスンでの「ここに来るとすごくいつも刺激をいただけるんです!」という声が嬉しいですね。お茶を通してワクワクする時間やリラックスできる空間を作っていますが、自分の提供したものが誰かのプラスになっていると思うと、とてもやりがいを感じます。
また、もともと実家や親戚の関係上、会社経営などの環境で育ってきたので、「自分で何かを仕事にする」という背中を昔から見てきました。0から企画して、実施して、喜んでもらって、お金を循環させて、誰かのきっかけになる。その一連の流れを作れることがとても楽しいです。家族や友人からも「最近何か取り組んでいることはある?」と聞かれることが多いです。ママとしての子供や育児の話だけではなく、幅広い前向きな話題で毎日を過ごせるのは、精神バランスをとるためにも自身にとって非常に良かったと思います。

ーそのお言葉、育児に奮闘中の周りのママたちにぜひ教えてあげたいです!
福井さんが今思い描いている一番の夢はなんですか?そしてそのために取り組んでいることがあれば教えて下さい。

「女性が100年好きを仕事にできる波を作りたい」と考えています。100年人生と言われる中で、女性は家事に育児に介護に……と体力的にも大変です。でも自分自身は、好きなことを仕事にすることで、大きく人生が豊かになりました。そんな中で「好きなことで自分の長所を、人生の早い段階で活かすことが大事なのでは」と思うようになったのです。
教室でも「どうやったら好きなことを仕事にできますか?」という質問を多数受けることが多くなったので、そんな女性たちをもっと具体的に応援できるような事業や場を創りたいですね。今は趣味のビジネス書を育児の合間に読んで、色々勉強している最中です。法人として会社を設立したり、具体的に応援できるカリキュラムを創りたいなと思っています。

「自分で作る簡単ティーパーティー」

3. ランチに散歩……日常の全てが情報収集になる

ー日々お忙しいと思いますが、平日お仕事が終わった後や、休日はどのように過ごされているのか教えて下さい。

自宅教室が終わった後は、一旦気持ちを切り替えるためにも車を運転して、外に出かけて空気を吸います。自宅やフリーランスで仕事をしている友人とランチを兼ねて会って情報収集をすることもあります。

ーでは、疲れたときやリラックスしたいときは何をしていらっしゃいますか。

「好きなこと」が仕事なので、もはや境目があまりないです。街を歩いていても、360度情報収集です。その状態が楽しいのと同時に、子供と遊んだりする時間もしっかり取りたいので、集中して作業しなければならない時は自宅から離れます。そういうときはカフェにこもって資料を作成したりしていますね。

「資料作成・仕事中の相棒も紅茶。」

4. 一度きりの人生だから。強く持ち続けるポリシーとロールモデル像とは

ー「これだけは譲れない」という、人生で一番大切にしていることを一言でお聞かせ下さい。

「人生一度きり」。何か迷ったときは、この言葉を思い出すとアドレナリンが出ます。後悔したくない、という思いが強いんです。

ー強い意志を感じる言葉です。
ご自身のロールモデルとしている方はいらっしゃるのでしょうか。

テーブルコーディネート業界のパイオニア、丸山洋子先生です。私は新入社員の時に、丸山先生のテーブルクリエイションに通いだしました。先生ご自身も1歳児のお子さんがいらっしゃる時に、ご自身で百貨店などに営業されて、まだテーブルコーディネートなどなかった時代から広められたこと。多くの女性の光となり、「好き」を仕事にすることをご自身の背中で啓蒙されていること。会うたびに、刺激と明るい気持ちにさせていただけること。多くの地方自治体や企業と仕事をともにされていること……。
その全てをもって、私の中のNo.1ロールモデルです。

「アイスティーレッスンの様子」

5. 自分の「好き」が、みんなを笑顔にする。SHEsheresの読者へ送るメッセージ

ー読者へのエールを込めて表すとしたら、福井さんにとって人生とはどんなものでしょうか。

「あなたが笑うことでみんながいきいきする人生」
そんな人生になればいいなと思います。好きなことや熱中できること、生きがいを見つける。それを発信していく。何かのきっかけになる。そして熱中していることで笑顔になる、家族が笑う、友人が笑う、みんなが笑う。そうすれば、いずれは世界も笑う。きっとあなたが人生に熱中することで、みんなが巡り巡って活き活きしてくるのだと思います。

ーそれでは最後に……今まさに「やりたい事」に向かって、一歩を踏み出せずに悩んでいる女性に向けて、メッセージをお願いします。

私は今の仕事を始めるまで、「なんとか東京砂漠で生きていかなければ」と必死でした。自分の適性や長所にフィットしないことをすると、「自分、最悪やな。この場所には私は必要ないのかもしれない」と思い悩むこともあるかもしれません。
現に、私がそうでした。
でも、絶対、あなたが光る場所があります。100%人はいいところをたくさん持っている。その場所とタイミングをぜひ、自分で掴みに行ってください。軽い気持ちでも、一念発起でもなんでもいい。案外、今まで悩んでいたことはなんだったんだろうって、好きなことだとスイスイ進むことがあると思います。好きなことを仕事にするって、無限の可能性があります。応援しています!

ー福井さん、インタビューにお答えいただきありがとうございました。

▷福井さんのレッスン情報

そんな福井さんがSHElikesのレッスンにご登壇されます!

SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。

レッスン名:「オシャレで簡単!“ジブンスタイル” ティーパーティーのはじめ方

開催日時:2018年3月31日(土)13:00〜15:00

開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)

お申し込みはこちら→http://she-inc.jp/likes/courses/53/lessons/74?utm_campaign=18033113&utm_medium=shesns&utm_source=sheshares

▷編集後記

もともと紅茶好きの私ですが、今回のインタビューがきっかけで「ティーパーティープランナー」というお仕事を初めて知りました。紅茶の魅力は勿論のこと、ティーパーティーで生まれるコミュニケーションや、女性の働き方についての構想……その活動はきっと広く深く、多くの女性へ影響を与えてくれることでしょう。
もし自分に自信を持てなくなったときは、「絶対あなたが光る場所がある」という言葉を思い出そう。そして自分の仕事に対して「熱中できているか」「周りの人を笑顔にできているか」と問いかけよう。
ワクワクしながら働くヒントを、このインタビューで教えてもらったように感じています。

SHEshares編集部 新井

福井えみ(ふくい・えみ)

茶道文化が根付く石川県で生まれ、茶道や紅茶・食器好きな祖父母の影響でお茶好きな幼少期を過ごす。同志社大学に進学し、大手総合金融サービス会社に新卒で総合職として入社、全国を法人営業として飛び回りセミナーや営業を実施。同時に20代前半よりテーブルコーディネート・紅茶について学び始める。大手会社から、「好き」を仕事にするため、食品会社PR職へ転職。その後結婚を機に独立。横浜の一軒家にて「初心者でも“ジブンスタイル”ティーパーティーが3か月でできる」をコンセプトに、紅茶教室「 studio teamoment (スタジオティーモーメント)」を設立。ティーパーティープランナーとして、メディア出演や外部講師も行う。

<メディア>

雑誌mamagirl 、テレビ神奈川ハマナビ

<受賞>

株式会社ブルーミング中西 テーブルコーディネートフェス 入賞

<外部講師>

株式会社やずや 「ココカラ大学」講師

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami