就職という大きな人生のイベントを乗り越えたと思ったら、次は結婚、出産、子育てと、女性の人生には大きな環境の変化が20~30代に詰まっていて、特に出産を前に自分の働き方を見直したくなる方も多いのではないでしょうか。

現代社会、働き方は本当に多様化しています。それぞれの人生の幸せや豊かさの指標に沿った働き方が実現しやすい社会です。
でも、ただ漠然と理想の働き方を模索するのは心細く、不安なものです。そんなとき、自分の自信にもなり、具体的で分かりやすい力の証明になるのが「資格」です。

この記事では転職を考える女性に向けて、「資格」を通じて3つの働き方の提案をします。

また、見出しごとに理解をさらに深めることのできる本も紹介しているので、気になるものがあればぜひ手に取ってみてください。


目次

1. あなどることなかれ!「コミュニケーション」を学ぶ価値
2. あなたも第二のこんまりに!?自分の「好き」や「得意」をお仕事にするために
3. どこでも武器になる!「お金」の知識の習得
4. まとめ


1 あなどることなかれ!「コミュニケーション」を学ぶ価値

一度働く場から離れてしまうと、戻ることに抵抗を覚え、怖気づいてしまうかもしれません。
そんなとき「資格」はその再スタートを後押ししてくれる存在にもなります。
その中でも「コミュニケーション力」はどんな業種でも必要となるスキルです。
それは企業への力の証明だけでなく、学び資格を得たということ自体が自分自身への自信にも繋がり、大きな財産になることでしょう。

・コミュニケーション能力(2級 準1級 1級)

“コミュニケーションの質があなたの人生を左右する”という言葉を掲げ、各業界から注目を集めている資格。試験でなく、講座受講のみで取得可能であることも魅力の一つです。

主催:日本コミュニケーション能力認定協会
資格獲得への流れ:2日間の認定講座を受講することで獲得可能

・コミュニケーション検定(初級 上級)

試験合格が取得の条件の資格ですが、サイトに必要学習時間の目安やサンプル問題、学び方の提案などが細かく示されており、試験までの過程もイメージしやすい資格です。

主催:サーティファイ コミュニケーション能力検定認定委員
資格取得への流れ:初級は知識試験の合格、上級は知識試験と面接試験の合格により取得可能

<野心のすすめ 林真理子 講談社現代新書>

「第四章・野心と女の一生」に林真理子さんの厳しく力強い言葉で「女性は仕事を持って、働くべき」という主張がつづられています。女性が社会で働き“続ける”ということの意味や価値を教えてくれる本です。
私にスタイルを変えながらでも一生きちんと自分で稼いでいきたいと思わせてくれた一冊です。

2. あなたも第二のこんまりに!?自分の「好き」や「得意」をお仕事にするために

「自分の好きを仕事にしたい」と思ったことはありませんか?
一度きりの人生、「好き」を深める勉強に挑戦することを提案します。転職を考えるこの機会に、自分自身ときちんと対話し、自分のまっすぐな「好き」という声に耳を傾けてみてください。

 

・IBF認定国際メイクアップアーティスト

コスメ収集やメイク研究など美容が好きな人に。仕事に繋がるだけでなく、正しい知識を学ぶことで日常のメイクアップのレベルアップも期待できます。IBF認定国際メイクアップアーティスト以外にも美容に関する資格は様々な種類があり、20代の女性に人気です。

主催:IBF国際美容連盟
資格取得への流れ:認定講座を受講したうえで、IBF認定試験の合格で資格取得可能

・整理収納アドバイザー(3級 2級 1級)

「お部屋の片づけが好き!」そんな日常の小さな「好き」も今やお仕事になる時代。自分にとっては当たり前なことも、周りから見ると羨ましい素敵な魅力だということもあります。「資格」を得ることでさらに説得力が増していきます。

主催:株式会社ユーキャン ハウスキーピング協会
資格取得への流れ:3級は約3時間の認定講座の受講、2級は添削課題の合格、1級は筆記試験と2次試験である研究テーマ発表の合格で資格取得可能

<わたしを幸せにする41のルール~仕事と恋と理想の自分、そのすべてが手に入る~ 神崎恵 廣済堂出版>

美容研究家として活躍する神崎恵さん。この本は神崎恵さんの書籍の中では珍しく、彼女の仕事観がつづられています。第一線で働いている人たちにも、そのスタイルを確立するために葛藤し様々な努力をしてきたということに改めて気づかされます。何歳になっても自分の「好き」を信じて生きていいのだと勇気づけられる一冊です。

3. どこでも武器になる!「お金」の知識の習得

お金のルール・仕組みをより詳しく学ぶことはとても大切なことです。「お金」についての問題はどのような業種でも共通なものであるため、需要の高い資格であり、転職の幅もぐんと広がります。

・ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは年金や保険、相続や住宅ローンなど「お金」に関する様々な悩みを解決すべくサポート・アドバイスすることができるようになる資格です。

主催:日本FP協会
資格取得までの流れ:認定試験の合格により資格取得可能(試験に向けたスクールなどもある)

<金持ち父さん貧乏父さん~アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学~ ロバート・キヨサキ 筑摩書房>

お金のルールや仕組みについて学ぶことを「数字が苦手だし、なんだか難しそう…」と遠ざけてしまっていませんか?
この本はお金についての無知の恐ろしさを教えてくれる本です。私も始め「好き」や「得意」を仕事にしたいから、その力を磨こうという発想しかありませんでした。しかし、どんな仕事をする場合でも「お金」の知識は切り離すことのできない大切なものであるとこの本から学びました。

4. まとめ

「仕事」をしつづける、再開する、そして新たに始める、どんな時でも「資格」は大きな支えになります。
その種類は本当に多岐にわたって存在しており、取得のための学びの場は年齢や学歴に関わらず広く開けています。

 

生活環境に大きな変化をもたらすイベントである結婚・出産・子育てはほとんどの女性にとって避けられないものです。
それらのイベントを意識しはじめたとき、新しいくはじまる「生活」と「仕事」との兼ね合いに不安を感じ、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

けれど、いつ何を学んで、資格を得て、どんな働き方をして生きていくのか、その選択の主導権は子どもを持つお母さんになっても、どんなときも、自分自身の中にあります。
今置かれている場所や、今まで根付いてきた働き方の当たり前に捕らわれることなく、常に開けた視野を持ち、いつでもはつらつと仕事に向き合う女性でありたいものです。

【執筆】
SHEsharesインターンシップ学生 しばたきょうこ
読書・お風呂・走ることが好き。夢はお上品で可愛らしいおばあちゃんになること!
”やさしい言葉で溢れた人生を”
twitter : @shbabook1

 

 

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア