フリーランスとして仕事を始める際、メールアドレスは必須となりますよね。

しかし、フリーアドレスで良いのか、はたまた独自ドメインを取得すべきなのか、誰も教えてはくれません。

そこで今回は、Gmailなどのフリーメールアドレスを仕事用として使用してよいのか、独自ドメインの作り方や、印象の良いアドレスのポイントまで丸ごとお伝えします。

Gmailなどのフリーメールアドレスは控える

Gmailは無料で簡単にアカウントを作成できますし、他のサービスとも連携しやすいため、仕事用として利用したいと考えている方もいるでしょう。

しかし、どのような人でも手軽に作成できる点から、独自ドメインに比べ信用度は劣ります。

必ずしも不利になるわけではありませんが、「仕事で必要なものにお金をかけていないのはビジネスパートナーに相応しくない」と考える企業もあるのですね。

信用のできるパートナーとして受け入れてもらうには、まずはメールアドレスから。

それでは、次に独自ドメインの作り方についてお伝えします。

独自ドメインの作り方3ステップ

1.ドメイン名を考えて取得

まずは、自分だけのドメイン名を作りましょう。

ドメイン名とは@以降の文字列を指します。Gmailであれば、「gmail.com」の部分ですね。

こちらは英字・数字・ハイフンを含めた63文字以内で構成し、世界中で重複がないものである必要があります。

フリーランスであれば屋号や業種などを設定し、「.com(企業・商用)」「.net(ネットワークサービス)」「.jp(日本)」などを選びましょう。

ドメイン名を決めたら、ドメイン登録サービスお名前.comなどで独自ドメインを取得します。

2.サーバー契約

次に、サーバーの契約をします。サーバーは、メールの送受信をするための情報を置いておく場所のようなイメージです。

独自ドメインでメールの送受信のみを行いたい人はロリポップ、ブログなどの運営も行いたい人はエックスサーバーがおすすめ。

3.ドメインとサーバーを紐づける

ドメイン名とサーバーを別々に契約したままになってしまうため、最後にこの2つを紐づけます。

まず、ドメイン登録サービスでの設定をします。

  1. お名前.comでドメインを取得した方はアカウントにログインし、ドメイン一覧から「ネームサーバーを変更」を押しましょう。
  2. 他のネームサーバーを利用をクリック。
  3. 表示された欄に、ロリポップのネームサーバーのプライマリネームサーバーとセカンダリネームサーバーを入力し、お名前.comの設定は完了です。

次に、サーバーの設定をします。

  1. ロリポップで契約した方はアカウントにログインし、「独自ドメインを設定する」を押しましょう。
  2. 「設定する独自ドメイン」にお名前.comで取得したドメインを入力したら、ロリポップの設定は完了です。

確認として、ロリポップ画面の左側メニューから「メール」を開いてみてください。

こちらで新規作成をクリックすると、メールアドレスのユーザー名(@よりも前の部分)も変更可能です。

また、同画面の「ロリポップ!Webメーラー」を開くとメール画面が表示されるので、そちらも確認してみてください。

今回作った独自ドメインのメールとGmailを一括管理したい方は、こちらをご覧ください。

印象の良いメールアドレスのポイント

細かい制約のあるドメイン名と比べ、@の前部分であるローカル名はかなり自由に決められます。ですが、相手に良い印象を与えるには2つのポイントがあるのです。

1.「どんな人か」「何をしている人か」がわかる

1つ目は、自分がどんな人か、何をしている人かがわかること。

フリーランスであれば個人名・ペンネームや屋号、あるいは職業などがおすすめです。名前をローカル名に設定すると、覚えてもらいやすくなりますよ。

2.相手が間違いにくく、口頭でも伝えやすい

2つ目は、相手が間違えずに入力でき、人に伝えやすいことです。

たとえば「cとo」や「i」が連続していると、アドレスを打ち込む側としては何度も確認しなければならず、手を煩わせてしまいますよね。自分から相手に口頭で伝える際も、時間がかかるでしょう。

以上の理由から、相手が間違いにくくて口頭でも伝えやすい、簡潔で分かりやすいアドレスにしましょう。

まとめ

フリーアドレスは手軽ですが、ビジネスパートナーによっては良くない印象を与えてしまうこともあるようです。

今後フリーランスとして名を広めていくのであれば、信用度の高い独自ドメインを作成してみませんか?

今回ご紹介した方法を、ぜひあなたのブランディングに役立ててみてくださいね。

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア