フリーランスの名刺に載せるべき情報って?オススメ名刺作成サービス5選

副業・フリーランス

フリーランスで働く上で大切な役割の名刺。センスのアピールにも繋がりますし、セルフブランディングのために欠かせないツールです。名刺交換の際に、ファーストインプレッションを良くする近道にもなります。

そこで本記事は、ライターの鈴木実香里が、フリーランスで名刺を作る上でおさえておきたいポイントをご紹介します!素敵な名刺でクライアントにアピールしましょう!


目次

1.  フリーランスの名刺に載せる情報って?
2.  印象に残るフリーランスの名刺デザイン例5選
3.  おすすめの名刺作成サービス5選
4.  名刺は、いわば自分の分身


フリーランスの名刺に載せる情報って?

名刺に載せる情報は、わかりやすく基本的な自分の情報を載せて一目でどんな仕事をしているのかがわかるようにしましょう。情報はシンプルにわかりやすく、デザインはセンスや個性のアピールをするのがベストです。

基本的な情報は、職種、氏名、住所、電話番号、WebサイトURL、メールアドレス、SNSアカウントで十分な内容だと思います。フリーランスの場合、活動拠点が自宅兼事務所の場合も多く、住所を載せることに抵抗があるかもしれません。

住所は、都道府県市区町村までの記載でOKです。また、レンタルオフィスの住所を記載する手もあります。住所が仕事で必要となる場合は、信頼できる人にのみ開示すれば良いです。

印象に残るフリーランスの名刺デザイン例5選

サイズや形

正方形やまるでチケットのように細長いミニサイズの名刺もあります。たくさんの名刺がある中で、名刺そのもののサイズや形が印象的だと遊び心があります。クリエイティブな職種の人を中心に人気があります。

写真デザイン

ぱっと見てかなりのインパクトがあるのは、写真入りの名刺です。仕事に関連する写真や趣味や好きな風景などセレクトにセンスが光ります。きっと話のネタにもなりそうですね。

エンボスデザイン

紙に立体的な加工を施すことで、より上品で洗練された印象になります。色を使わないデザインでも存在感があり、高級感が演出できるんです。シンプルなデザインが好きな人に人気があります。

箔押しデザイン

文字に箔押しすることで、文字がキラリと光って個性を出せます。高級感のある質感が出るのでシンプルなレイアウトなデザインにおすすめです。箔押しの色は、ゴールドやシルバーなどたくさんの種類から選べます!

QRコード

名刺にQRコードを載せることで、WebサイトやSNSアカウントにアクセスしてもらいやすい効果があります。載せたい情報はたくさんあるけど名刺はシンプルにしたい人や、ポートフォリオを積極的に見てもらいたい人におすすめです。

おすすめの名刺作成サービス5選

whoo

モダンでシンプルをベースに、さまざまなサイズや形からデザインを選ぶことができます。優しい色合いがポイントです!

https://whoowhoo.com

DESIGN STOCK

セレクトショップのように、プロのデザイナーやイラストレーターが作成した名刺を発注できます。厳選された約100種類ものデザインからとっておきの1枚を見つけるのも楽しいですね。

http://designstock.jp

aru

全体のレイアウトや余白のバランスなどの細部にまでこだわった名刺に出会えます。0.1ミリ単位のこだわりを実現してくれます。日本語と英語併記のバイリンガルデザインは、好評です。

https://www.aru.gr.jp/meishi/

zazzle

海外のデザインらしい大胆なデザインが豊富です。マグネット素材のものやまるでポップアートのようなカラフルな名刺たち。自由で斬新なデザインをお探しの方におすすめです!

https://www.zazzle.co.jp/名刺

デザイナー名刺専門店

女性デザイナーが、女性目線でデザインした鮮やかで目を引く名刺が約200種類。個性あふれるモチーフデザインや和風デザイン、職業別のデザインも豊富なので思い描いたイメージにぴったりの1枚に出会えそうです。

https://sign-product.net

名刺は、いわば自分の分身

自由に名刺のデザインを選べるのは、フリーランスならではの特権かと思います。時に自分の分身のような存在にもなる名刺。

どんなデザインにしようか迷っている人は、名刺作成サービスを利用して名刺を作ってみましょう!とっておきの素敵なデザインを考えてみてくださいね。

【執筆】



鈴木実香里(Suzuki Mikari)
新卒で金融関係のベンチャー企業に入社後、営業職として勤務。
結婚・出産を経て現在は、ライターとして活動しています。
女性の生き方の多様化に関心があり、“自分らしく生きていきたい女性”に寄り添う文章を届けたいです。
Instagram:@mikari_0104

関連記事一覧

ライター育成します