働き方の多様化に伴い、好きな場所で好きな時間に働けるフリーランスに興味を持ち始めた方も多いのではないでしょうか。

ですが、好きに働けるとはいえ、会社に属さずに不安定な収入のなかで生活していけるのか不安でたまらないですよね。

そこで今回は、フリーランスへの転向を考えている方へ向けて、平均年収や案件獲得方法、成功の秘訣についてお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

フリーランスデザイナーの平均的な年収は?

デザイナー職は、会社員・フリーランスに関わらず、30代の平均収入が300~400万円と言われています。

フリーランスですから、仕事を受注できなければ収入はゼロ。それに対し1000万円以上を稼ぐデザイナーもいるんだとか。とはいえ、500万以上の収入を得ているフリーランスデザイナーは3割に満たないようです。

そんなフリーランスデザイナーが収入をアップさせるためには、デザインの実力だけでなく、クライアントの要望を的確に捉える力やマネジメント・ディレクション能力が必要となります。

Webデザイン・グラフィックの平均単価

・バナー作成:5000円~
・ロゴ作成:1万円~
・WEBデザイン:デザインのみ5万円~、コーディング含む10万円~
・チラシデザイン:2万円~

参考:憧れの職業、フリーランスデザイナーの年収の相場とは

フリーランスやフリーランスWebデザイナーについて詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください!

案件の獲得方法4選

1.ポートフォリオを作成し、公開する

フリーランスのデザイナーになりたいのなら、まずはポートフォリオ(これまでの実績などをまとめた作品集)を作成しましょう。

ポートフォリオを作成・公開すれば、クライアントはあなたの知識やスキルの程度や、お仕事を依頼できるかどうかの判断を効率的に行えますよね。

また、ポートフォリオは自分の得意な分野やできることをアピールできる場でもあります。

もしTwitterなどのSNSを仕事用として使うのであれば、ポートフォリオを公開するのも良いでしょう。SNSを通じてお仕事をいただけるかもしれません。

ポートフォリオには紙とWebの2種類があります。詳しい作成方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

2.クラウドソーシングを利用する

次にご紹介するのは、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシング。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事を請けたい人がオンライン上で繋がれるサービスです。

このサービスの最大の特徴は、発注から納品まですべてオンライン上で行えるところ。クラウドソーシングを利用すれば、「受注先がない」と悩むことなく、案件を獲得できますよ。

「現在は会社員だけど、ゆくゆくはフリーランスになりたい。でもどうすれば案件を獲得できるか分からない」と迷っているのなら、とりあえず登録してみることをおススメします。

クラウドソーシングについて詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください!

3.同僚や友人に案件を共有してもらう

3つ目にご紹介するのは、仲間との案件共有です。信頼できる仲間からの紹介であれば、仕事を依頼する側も受注する側も安心ですよね。

もし、同僚や友人にデザインの仕事をいくつか持っている人、人脈が広くて案件を紹介してもらえそうな人がいれば、事情を説明してみましょう。

もし周りに案件を紹介してくれそうな人がいないのであれば、今から横のつながりを広げておくことをおススメします。

4.電話・メール営業

案件獲得・営業と言えば、電話やメールですよね。

営業が苦手な人にとってかなり辛い案件獲得方法ですが、獲得成功へ近づくには押さえておくべきポイントが2つあります。それは、「自分のスキルを活かせる企業に絞る」「ポートフォリオをしっかり作る」ことです。

まず企業のホームページを隅々まで確認し、自分が今持っている知識とスキルを活かしてどんな結果を出せるのかを明確にしましょう。

次に、電話営業のちに対面する場合はポートフォリオをファイルにまとめます。メール営業の場合はWeb版ポートフォリオのurlを添付、または実績をいくつか記載しましょう。

フリーランス成功の秘訣

するべきこと

1.しないことを決める

個人的に、フリーランスとして活動するうえで1番大切だと感じているのは「しないことを決める」こと。

理由は、自分がやる必要のないこと・やりたくないことに費やす時間も労力もないからです。

詳しくご説明します。フリーランスは会社員と違い、仕事のほかに営業、受注、税金の支払い、請求書などのやりとりをすべて1人でこなさなければなりません。

たとえば、営業が苦手だった場合。不安定な収入・いつ途絶えるか分からない仕事への不安を常に抱えながら、苦手な営業に時間をかけるのはもったいないですよね。

自分の時間も労力も限られているからこそ、自分がやる必要のないこと・やりたくないことは「しない」と決める、あるいは外注する。それにより、本来やるべき仕事に力を注ぐことができるのです。

2.フリーランスのコミュニティに所属する

とくに今後フリーランスへの転向を考えている人、駆け出しフリーランスの人は、フリーランスのコミュニティに所属しましょう。その理由は、仲間を作り情報共有できるからです。

1人で活動するフリーランスも、たくさん集まればそれぞれの知識や情報を交換・共有してさらに高め合えますし、フリーランス間で仕事が生まれることもありますよ。

とくに駆け出しの方は確定申告で躓きやすいので、コミュニティに属して周囲から情報を得ましょう。

ちなみに、わたし自身もフリーランスのみのコミュニティに属しています。

働き方が多様化し、フリーランスや複業への認知が高まってきているとはいえ、会社員とフリーランスでは仕事への考え方が違う部分もあります。会社員の家族や友人に話しても理解を得られない、悩みを解決できないこともしばしば。

そんな時、頼れる存在への安心感はとても大きいです。

しないほうが良いこと

フリーランス3年目のわたしが周囲の人の話を聞いて感じた、しないほうが良いこと。それは、「とりあえず」で案件を受注しないことです。

詳しい内容の例を挙げてみましょう。

このような「とりあえず」は、自分への信頼や相手への信頼を落とす原因になりかねませんし、トラブルに発展する可能性が高まります。

もちろん、挑戦という意味でさまざまな案件に「とりあえず」チャレンジするのは素敵だと思います。実績を増やすフェーズでは必要な選択かもしれませんね。

ですが、ビジョンやコンテンツへの理解がない受注や、納期・報酬の提示がない案件を受注するのは危険です。

すべての責任は自分にあるということを忘れず、お互いに気持ちよく仕事をするためにしっかりと考えてから受注しましょう。

まとめ

収入や案件獲得方法についてよく知らなかった人は、今回の記事を読んだことでフリーランスの全体像を把握する1歩を踏み出せたのではないでしょうか。

1人で働くための行動を起こすには勇気が必要ですが、ただ悶々としていてもフリーランスに近づくことはできません。

フリーランスになりたいと本気で考えている方は、ぜひSHEの体験レッスンにお越しください。‘‘好き’’を仕事にしている女性たちが、あなたの夢をサポートします。↓

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア