会社員として働いてきたけれど、そろそろフリーランスとして独立したい。けれど、フリーランスって具体的にどういう働き方なの……?

働き方の多様化が進み、「副業」「フリーランス」などの言葉が広まってきていますが、先ほどのように疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、会社員として働くSEの皆さんのために、フリーランスになる方法やメリット・デメリットについてお伝えします。


目次

1.フリーランスSEになる3つの方法
①フリーランス向けエージェントを利用する
②クラウドソーシングサービスを利用する
③同僚や友人から案件を共有してもらう

2.フリーランスSEのメリットとデメリット
メリットは収入の増加&仕事を選べる
デメリットは収入が不安定&すべてが自分の責任

3.フリーランスSEの働き方について
常駐案件で独立資金をがっつり貯める
在宅でまったり稼ぐ


 

1.フリーランスSEになる3つの方法

①フリーランス向けエージェントを利用する

フリーランスSEになる方法の1つ目として、エージェントの利用が挙げられます。

登録することで自分に合った案件を紹介してくれますから、案件探しに時間を費やしたくない人や、自分に合う案件をできるだけ早く受注したい人におススメです。

人気のエージェントサイト3選

  1. レバテックフリーランス
  2. Midworks
  3. geechs job

エージェントについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

②クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスを利用して、フリーランスSEとして働くこともできます。フ

リーランスSEといっても意外と常駐案件が多いため、自分の好きな時間に好きな場所で働きたいと考えている人にとっては窮屈に感じてしまうかもしれません。

クラウドソーシングを利用すれば、基本的にオンライン上で受注から納品が完了するので、思い描く働き方を実現することができるのではないでしょうか。

おススメのクラウドソーシングサービス2選

  1. クラウドワークス
  2. ランサーズ

③同僚や友人から案件を共有してもらう

現在会社員として働いているのであれば、同僚や友人から案件を紹介・共有してもらうのも一つの手ですよね。

仲間内で案件を共有してもらうと安心して取り組めますが、「知りあいだから」「仲が良いから」といって報酬などが曖昧になり、トラブルに発展するケースもあります。

最初に案件内容や報酬額・納期などをしっかりと共有し、お互いに気持ちよく仕事ができる環境づくりをすることが大切になります。

2.フリーランスSEのメリットとデメリット

メリットは収入の増加&仕事を選べる

SEに限らずフリーランス全般に言えるメリットですが、自分の努力次第では会社員のころの倍以上の収入を得られます。

収入を増やすための方法には、新しい知識やスキルを身につけ、既存のスキルと掛け合わせて希少価値の高い人材を目指す・自分の苦手な分野は外注して得意な分野を磨き続けるなどが挙げられます。

また、会社員とは違って自分の好きな仕事だけを選べるのも魅力的なポイントですね。自分の感性やこだわり、条件に合わない仕事を無理して請ける必要はありません。

デメリットは収入が不安定&すべてが自分の責任

メリットと表裏一体である、フリーランスのデメリット。

まず、フリーランスは会社員のように毎月同じ額の収入を得られるわけではありません。自分の頑張り次第で収入を上げられますが、働かなければ収入はゼロ

無理をして働きすぎて体を壊すフリーランスも多いので、体と心の調子を管理することも大切になります。

また、フリーランスは自分の体ひとつで働くことになります。トラブルがあった際に守ってくれる人はいないのです。「何が起こってもすべて自分の責任だ」という意識を常に持ち、リスク管理を徹底していきましょう。

3.フリーランスSEの働き方について

常駐案件で独立資金をがっつり貯める

「フリーランス」とは、時間や場所にとらわれない働き方を指す言葉です。

しかし、フリーランスSEの案件に関しては、客先常駐が多いのも事実。正社員と同じように時間や場所、服装を指定され、プロジェクトメンバーの一人として働くのです。

とはいえ深刻な人材不足に悩む業界ですから、開発年数3年ほどで年収700万を稼ぐ人もいるようです。

フリーランスとして自由に案件を受注することが不安であれば、まずは常駐案件をこなしながら安定した生活を維持&フリーランスとして完全に独立するための貯金をするのも良いでしょう。

在宅でまったり稼ぐ

もちろん、フリーランスSEでも在宅で稼ぐことは可能です。

これまでの実績をしっかりと提示したうえでエージェントやクラウドソーシングを利用して、案件を受注してみましょう。

まとめ

安定を求めて会社員として働くのも素敵ですが、「自由に働きたい」「フリーランスに興味がある」と考えているのなら、1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

フリーランスへの転向を真剣に考えている方は、以下の記事もぜひご覧ください。

フリーランスの働き方について詳しく知りたい方には、SHEの「複業・フリーランスコース」もおススメです。体験レッスンに足を運んでみてくださいね。↓

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア