生活費を稼ぐため、あるいは好きな仕事をするために職場復帰を考えていても、前と同じように働けるのか、周りに迷惑ではないか不安を感じますよね。

実際には、家事や育児と仕事の両立が大変、職場で肩身が狭い、子どもが心配で仕方ないなど、悩みは尽きることなくあふれ出てきます。

そこで今回は、これから職場復帰を考えているワーママへ向けて、リアルな悩みへの解決方法をお伝えできればと思います。


目次

・育児休業後のワーママのよくある悩み3選
 ⑴ 家事・育児と仕事の両立が難しい
 ⑵ 職場で肩身が狭い
 ⑶ 子どもの体調不良が心配
・よくある悩みの解決策3選
 ⑴ 家事や育児は完璧でなくていい。夫と協働&外部サービスを頼る
 ⑵ 自分の人生の軸を言語化する
 ⑶ ママが集まるコミュニティに参加する


育児休業後のワーママのよくある悩み3選

⑴ 家事・育児と仕事の両立が難しい

慣れない育児をしながら家事をこなすだけでも手一杯だというのに、職場復帰をすればさらに目まぐるしい毎日が待っています。

朝は準備に追われてバタバタしながらも、泣き続ける子どもの手を引いて保育園・幼稚園へと向かい、仕事を追えたら子どもを迎えに行き、帰宅後は夕飯を作り、子どもをお風呂に入れ、寝かしつけたら残りの家事をこなす日々……。

文字にすればたったの数行で収まってしまいますが、現場は戦争といっても過言ではありません。

自分が選んだ道とはいえ、それほどの忙しい毎日を過ごしていれば、「仕事との両立は無理かもしれない……」と弱気になってしまう日もあって当然ですよね。

⑵ 職場で肩身が狭い

子どもの体調不良により遅刻や早退、欠勤してしまうのは仕方のないことです。

しかし、子育てを経験したことのない人が集まっていたり、子育てや母親に対して理解がない風土だったりすると、悲しい思いをする日もあるでしょう。

嫌な顔をされ、冷たい言葉をかけられるだけでなく、仕事量を減らされる、あるいは部署移動を強いられる人もいるようです。

もちろん仕事ですから、子どものことばかり考えているわけにはいきません。とはいえ、出産は本来喜ばしいものなのに、母親に肩身の狭さを感じさせてしまうのは悲しいですね……。

⑶ 子供の体調不良が心配

母親が職場復帰をする=子どもは新しい環境で過ごす、ということ。

保育園や幼稚園など新しい環境に慣れるまでは、母親だけでなく子ども自身も不安で仕方ありません。復職直後に、子どもが風邪や感染症にかかってしまうことはよくあるのだそう。

子どもが体調を崩し寝込む日が続くと、「また職場のメンバーに迷惑をかけてしまう」と「どうして体調を崩してしまうのだろう、私がいけないのかな。辛い思いをさせてごめんね」という気持ちの狭間で辛くなりますよね。

よくある悩みの解決策3選

⑴ 家事や育児は完璧でなくていい。夫と協働&外部サービスを頼る

女性が社会進出し、夫婦共働きが当たり前となった現代では、「家事や育児は母親の仕事」ではないですよね。家事・育児は本来、夫婦ふたりで行うもの。

もし、今あなたが家事・育児と仕事の狭間で苦しんでいるのなら、相手と今後の役割分担や方針について話し合う場を設けましょう。

「責任感がない」「何もしてくれない」と言ってひとりで抱え込むのではなく、ふたりの子どもについて・子どもを守り育てるための生活についての考えを共有し行動することにより、責任感や意識は高まっていくのです。

また、家事代行などの外部サービスもぜひ利用してみてください。生活や家事を楽にしてくれるものに頼るのは、決して悪いことではありませんよ。

⑵ 自分の人生の軸を言語化する

自分にとって何が大切なのかを理解し、それを大切にできる環境を整えると、選んだ毎日に自信を持って生きられますよね。ですから、物事に優先順位を付けましょう

例えば「1番大切なのは家族だ」とわかっていれば、仕事が大変でも「私の幸せは家族を幸せにすることだ」と割り切れますし、家族との時間を増やすために勤務時間を短くしても、その中で最大限の価値を発揮できるのではないでしょうか。

⑶ ママが集まるコミュニティに参加する

慣れない子育てでは、自分の行動が子どもに悪影響ではないかと不安になったり、体調不良が心配で居ても立っても居られなくなったり、母親の心と体は大忙しですよね。そんな時にひとりで抱え込んでしまうのは危険です。

わたしがあなたにおすすめしたいのは、同じ悩みを共有できるコミュニティ。仲間との情報交換や不安・悩みの共有ができる場所に参加してみてはいかがでしょうか。

今は子育てのオンラインサロンもあるので、自分に合うコミュニティがきっと見つかるはずです。

まとめ

はじめての子育てですから、不安を感じるのは当たり前ですよね。職場復帰をすれば、家事・育児と仕事に追われてどうしようもなく辛くなる日もあるでしょう。

そんな時には絶対にひとりで抱え込まず、夫や信頼できる友人、あるいは子育ての窓口に相談するなどして、無理をしすぎないでくださいね。

苦しい時は声を上げ、深く考えすぎず楽観的になることは、あなただけでなく子どもも救ってくれるはずです。

家事・育児をしながら働く女性に話を聞けるSHEにも、ぜひいらしてくださいね!

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア