会社員になってから数年、だいぶ仕事の流れもつかめてきたという方の中に「そろそろ新しいことを始めたい」「何か副業を始めて収入アップさせたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は「副業を始めるにあたって持っていると有利な資格」をご紹介します。

目次

1. これからの時代に合った副業に生かせる資格5選
  ①カラーコーディネーター
  ②ファイナンシャルプランナー
  ③ベビーシッター・ペットシッター
  ④食生活アドバイザー・食育実践プランナー
  ⑤ウェブデザイン技能検定

2. まとめ

1. これからの時代に合った副業に生かせる資格5選

①カラーコーディネーター

デザインの仕事はもちろん、ファッションやネイル、インテリア関連の仕事にも有利にはたらく資格です。最近では色を扱う美容師や販売の方からも注目されているそうです。

また、ビジュアル感度が高まっている現代の人にとって、色の効果を有効活用できることが重要なスキルとなっています。

カラーコーディネーターの資格は、3級から1級まであり、1級では環境・商品・ファッションの3分野の中から1分野を選んで受験するのが特徴です。

3級は比較的難易度は低いので、就職や転職に響くのは2級や1級です。

カラーコーディネーター検定試験には専門的な内容が含まれるので、比較的工業デザインに携わる方が多く受験しているそうです。

また、似ている検定に色彩検定があります。

色彩検定は以前、ファッションカラーコーディネーター検定試験という名前だった検定です。

その名の通りファッション業界で働くひとにとってはぜひとも取得しておきたい資格です。

3級は比較的取りやすいことで知られており、大学のデザイン系学部では必須になるところもあるそうです。

さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。
カラーコーディネートと色彩検定の違い

それぞれの違いを知り、自分に合ったものや希望する職種に合うものを選んで受講するのがよさそうです。

②ファイナンシャルプランナー

「ファイナンシャルプランナーとよく耳にするけれど、具体的にどんなことをするの?」 と疑問に思っていらっしゃる方も多いかもしれません。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。

ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。

これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

引用元:日本FP協会

年金問題や老後の生活設計など、これからますます重要となる仕事です。

資格を取りさえすれば、フリーのファイナンシャルプランナーも夢じゃないかもしれませんよ!

(3)ベビーシッター・ペットシッター

どちらも一般の方から仕事を受注するので資格の有無が信頼に直結します。

ベビーシッターは共働き世帯や片親世帯から需要が増えていますが、最近では在宅保育サービスもより多くの方に認知されるようになり、これからますます需要は高まるばかりです。

子育てにも必要なことを学びながら仕事にもそのまま生かせるなんて素敵な資格ですよね。

ペットシッターは仕事で出張が多い方から人気があります。

ペットホテルに預けるまではしなくとも、家を空けている日中だけ見ていてほしいなど、飼い主さまの要望はさまざまです。

どうぶつ好きの方なら、自分の空いている時間にどうぶつたちと触れ合うことが出来るので、癒しの時間にもなるかもしれませんね。

④食生活アドバイザー・食育実践プランナー

ここ数年で生活習慣病が急速に増えている日本において、食生活の見直しや食育は特に必要とされていますよね。

この資格は生活に直結しているので、自分のためや家族のために有益な情報や知識を手に入れることが出来ます。

身につけた知識は身近な生活に結びつけてSNSで発信し、読者やフォロワーが増えれば、SNSから仕事の依頼を頂いたり、講師やライターなどでも稼ぐことができるようになります。

食生活アドバイザーと食育実践プランナーの特徴は以下の通りです。

栄養と健康、食文化、食品学等、学ぶ分野は近いものです。食生活アドバイザーは主に企業で、食育実践プランナーは主に家庭での実践を目指した学習内容となります。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

食生活アドバイザーと食育実践プランナーの違い

最近では健康に関するメディアが増え、情報は氾濫しているともいえます。資格を持っていれば「正しい情報の提供」をできますし、読者も安心できますよね。

⑤ウェブデザイン技能検定

この検定はインターネットスキル認定普及協会が管理しており、企業の認知度が比較的高い検定です。

紙媒体だけでなくネット上でもビジュアルが意識され、重要視される今の時代には、ウェブデザインは欠かせません。

Webデザイナーと名乗るのに資格は必要ありませんが、企業に通用するウェブデザイン技能検定を取得していれば、はじめから大きな仕事を受注しやすくなります。

1級、2級を取得するには実務経験も必要なため、まずは3級から挑戦してみましょう。

資格の勉強と同時に実践的なWebデザインを学ぶことを強くおすすめします。ふたつを掛け合わせることで、より身に付く速度がはやくなりますよ。

Webデザインを学ぶならSHEのWebデザイナーの講座がとっても充実しているのでオススメです!

2. まとめ

例えば、仕事を誰かに頼むとしたときに、資格を持っている人とそうでない人がいたとしたら、やはり資格を持っている人にお願いしたいと思いますよね。

資格は持っていて損はなく、有利にはたらくものだからこそ、一度取得すれば一生あなたの力になってくれます。(更新必須な資格を除きます)

資格は信頼ともなり得る大切な肩書きかもしれません。

【執筆】

まゆ香
1995年に4人姉妹の3番目として生まれる。
13歳になるまでに韓国とアメリカへホームステイを、高校3年でフランスの高校へ1年間留学。
現在は大学4年生で、卒業研究の一環としてフェアトレードに関するイベントを企画・運営の傍ら、セレクトショップでアルバイトやSHEsharesで記事を執筆している。
本が好きで時間さえあれば本屋に入り浸る。
でもいちばん好きなのは”食べること”。
instagram
note

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア