フリーランスの年収はどれくらい?収入アップの方法は?

副業・フリーランス

好きな時間に、好きな場所で、好きなように働けるフリーランス。

自分の‘‘好き’’を仕事にする人が増えてきている現代では、会社員のみなさんにとって「フリーランス」は見ぬふりをできない存在なのではないでしょうか。

時間や場所の自由度が高く魅力的な働き方ですが、やはり気になるのは収入。「安定しない」とは知っていても、詳しい額を知っている人は少ないでしょう。

そこで今回は、フリーランスの職種別年収と、収入をアップさせるための2つの方法をお伝えします。

SHEでWebデザインを学びたい方はこちら↓

一体いくら?フリーランスの職種別年収

Webデザイナーは【300~450万】

デザインによってクライアントが抱える問題を解決する、Webデザイナー。

主に、サイトの構成からレイアウト、グラフィックデザイン、コーディングなどを行います。コーディングはコーダーに任せ、デザインのみを担当することも多いようです。

Webデザイナーとして未熟なうちは、クライアントからの修正に何度も対応しなければならず、作業も多くなりがちなため、「労働量に報酬が見合わない」と感じることもあるかもしれませんね。

フリーランスWebデザイナーの年収を詳しく知りたい方は、以下の記事もぜひご覧ください。

ITエンジニアは【400~600万】

エンジニアとは、工学(エンジニアリング)に関する専門的な技術を持った人材を指します。

ITエンジニアと一言で言っても、「フロントエンドエンジニア」や「システムエンジニア」などさまざまな種類に分けられますが、平均年収は400~600万程度。

とはいえ、年代ごとにかなりの差があり、20代は300~400万、30代は400万~600万など幅広く分布しています。

プログラマーは【400~500万】

プログラム言語を用いて、システムやソフトウェアを作るプログラマー。

データベースの構築などを行う「Web系プログラマー」や、「ゲームプログラマー」「組み込み系プログラマ-」などさまざまな種類があります。平均年収は400~500万程度で、他のIT業種と比べると少し低め。

プログラマーとしてのキャリアを積み、マネージャーへキャリアアップしていけば、高収入を狙えるのではないでしょうか。

Webライターは【300万】

Webライターはその名の通り、Webメディアの記事や商品の宣伝文などを書く仕事です。

若い女性向けの恋愛系や、旅行好きのためのトラベル系、医療系、IT系など多くのジャンルがありますが、専門的な知識を必要とする記事ほど報酬は高めに設定されています。

しかし、個人のブランドが確立されており、かつ技術も高くなければ、Webライターだけで生活していくのは難しいでしょう。

コンサルタントは【400~600万】

クライアントである企業が抱える問題を発見・解決・改善へ導くコンサルタント。

ITの知識やスキルも活用する「ITコンサルタント」や、企業のプロジェクトを達成するために予算など多方面の管理をする「PMOコンサルタント」など、いくつかの種類があります。

下積み時代は少なくても、頑張り次第で年収1,000万円以上も狙える仕事です。

カメラマンは【400~500万】

カメラマンは、皆さんもご存知の通り、商業写真や動画、芸術系の撮影を行います。「フォトグラファー」とも呼ばれますね。

フリーランスカメラマンの中には年収3,000万円以上を稼ぐ人もおり、技術が高い有名な方々が年収の底上げをしているようです。

フリーランスが収入を上げる2つの方法

⑴ 受注数を増やす

フリーランスが収入を上げる方法の1つ目に、「受注数を増やす」が挙げられます。各方面に営業をしたり、エージェントやソーシングサービスを利用して請ける仕事を増やすのです。

しかし、時間は有限。紹介された仕事をすべて請けていては、スキルアップのための時間も休む時間もなくなり、自分が摩耗していくでしょう。

そこでおススメしたいのが、次の「単価を上げる」方法です。

⑵ 単価を上げる

目の前の仕事に一生懸命取り組み結果を出していれば、クライアントからの信頼を勝ち取れるでしょう。そこで、単価アップの交渉をしてみるのです。

知識やスキル、仕事などへの評価が高ければ、クライアントも「もっとお金を払いたい」と思うはず。

単価を上げてもらえればその分お金にも時間にも余裕ができ、スキルアップの時間を捻出できますよね。

まとめ

会社員と違ってフリーランスは、知識やスキル・人脈・営業次第で年収1,000万円以上を狙えるのですね。

しかしフリーランスは仕事をいただけなければ収入がゼロになってしまうので、会社員と比べると五分五分といえそうです。

真剣にフリーランスへの転向を考えている方は、以下の記事もぜひ読んでみてくださいね。

SHEでWebデザインを学びたい方はこちら↓

関連記事一覧

ライター育成します