• HOME
  • 記事
  • コラム
  • 魅力的な人が持っている「自己プロデュース力」を高める方法とは?

魅力的な人が持っている「自己プロデュース力」を高める方法とは?

コラム

最近耳にする機会が増えつつある「自己プロデュース力」という言葉。気になっている方もいるのではないでしょうか。

魅力的な人は、「自己プロデュース力」を持っている人が多いとされています。素敵な存在感がある人は、自分の魅せ方に秘訣があるのです。

この記事では、自分の魅力をアピールできる「自己プロデュース力」を高める方法についてライターの鈴木実香里がお伝えします!


目次

1.  自己プロデュース力とは

2.  成功者に学ぶ、自己プロデュース力を高める方法5選

3. 【オススメ本】島田紳助著『「自己プロデュース力」』

4. 「自己プロデュース力」とは戦略的に自分を魅せる力


自己プロデュース力とは

「自己プロデュース力」とは、つまりセルフブランディングのこと。自分の魅力をアピールして、その価値を高めていくスキルです。

そして魅力とは、自分自身だけが良いと感じるのではなく、世の中に”自分の価値”として伝えていきたい強みのこと。

自己プロデュースができれば、売り込みたいターゲット層を囲い込みやすくなったり、理想の自分の魅せ方ができたりと世の中に自分を売り込みやすくなるメリットがあります。

その他にも、提案力や営業力の向上、プロモーションの外注費の削減に繋がります。

成功者に学ぶ、自己プロデュース力を高める方法5選

ここで、成功者たちが実践してきた、自己プロデュース力を高める方法をご紹介していきます。

1.  自分の魅力を考える

まずは、好きなこと、成功したこと、褒められたこと、成果を出せたことなどの”自分だからこそ”の魅力を思いつくだけ出してください。

たくさんの自分の魅力の中から、世の中からも価値を感じてもらえそうなものを考えます。自己プロデュースの軸となる大切な部分です。

2.  他の人と差別化できる魅力に絞る

世の中からも価値を感じてもらえそうな自分の魅力の中から、さらに他の人にはない魅力に絞ります。漠然としたものではなく専門性があると、なお◎。

同じような強みを持っている人がたくさんいる中でも、埋もれないような魅力を見つけましょう。

3.  伝えたい自分のイメージを固める

他の人と差別化できる”自分だからこそ”の魅力を見つけたら、伝えたい理想の自分をイメージしてください。

イメージを固めてその理想像になれるように行動しましょう。現状の自分が理想像になるためのルールを決めたら、あとはアピールしていくのみです。

4.  効果的な伝え方を考える

アピールの方法はたくさんあります。SNSを使ったプロモーションでは、Facebook、Twitter、Instagram、LINE@が代表的です。売り込みたいターゲット層やサービスによって使い分けましょう。

自分の売り込みたいイメージは、どんな伝え方がより効果的なのかを分析してください。売り込みたいターゲット層は、何を求めているのか。いつどうやって伝えるのかを考えましょう。

5.  一貫性を持ち、継続して発信する

ただ発信するだけではなく継続することが大切です。自分のイメージをしっかり持ち、一貫性のある発信をしましょう。

SNSの更新では、キーワードを絞ってキャッチコピーをつけることで、魅せたいイメージに誘導しやすくなります。何をしていて何ができるのか、瞬時に興味をひけるコピーを考えましょう。

【オススメ本】島田紳助著『「自己プロデュース力」』

自己プロデュース力を伸ばすための参考書としてオススメなのが、島田紳助さんの著作『自己プロデュース力』です。

この本は、島田紳助さんが成功術「X+Y」の公式の確立について書いた本です。世の中の流れと自分の才能の関係への考え方は、どんなことにも応用が効くもの。

世の中の成功者は、「才能」を持っていてただがむしゃらにやるのでは勝てないと知っているからこそ、自分の勝ち方で成功を掴んだ体験を惜しまずに語っています。

島田紳助さんのさまざまな事業の勝因となった方程式を参考にすれば、自分の立ち位置を確立できるという内容です。

「自己プロデュース力」とは戦略的に自分を魅せる力

自分の魅力を戦略的にアピールして、売り込みたいイメージにブランディングしていくことが自己プロデュースです。自分をよく見つめて、どうなりたくてどう見られたいのかを考え行動に落とし込んでいきましょう!

成功者の多くは、その存在感そのものに説得力と価値があります。ぜひ、今日から自分の魅せ方について考えてみてはいかがでしょうか。

【執筆】

鈴木実香里(Suzuki Mikari)
新卒で金融関係のベンチャー企業に入社後、営業職として勤務。
結婚・出産を経て現在は、ライターとして活動しています。
女性の生き方の多様化に関心があり、“自分らしく生きていきたい女性”に寄り添う文章を届けたいです。
http://suzuki-mikari.tokyo

Instagram:@mikari_0104

関連記事一覧

ライター育成します