• HOME
  • 記事
  • インタビュー
  • 「ブラジルで起業、そして旅館の女将になるためにSHEにきました!」L’ORÉAL からSHEに転職した 水邊さとこが描くワクワクの未来とは

「ブラジルで起業、そして旅館の女将になるためにSHEにきました!」L’ORÉAL からSHEに転職した 水邊さとこが描くワクワクの未来とは

インタビュー

2018年11月に、L’ORÉAL からSHEに転職した水邊 慧子(みなべ・さとこ)の転職に至った想いや、ブラジルでの起業と旅館の女将目指す人生設計について語って頂きました!

いつ会っても太陽のような笑顔でみんなを癒し、前向きに努力をし続けるさとこの魅力と、壮大でトキメキに満ちた、ワクワクビジョンを皆様にお届けしたいと思います。

水邊 慧子(みなべ・さとこ)
2018.11月より正式にSHE株式会社勤務
新卒でロレアルジャパンに入社。学生時代は女の子のひとり旅を応援する学生団体に所属し、自身も旅行が大好き。その後アイルランドへ留学。SHEloves の女性起業家コース卒業生現在はwebデザインコースを受講中。

【 無料 】体験レッスンに応募する


目次

      1. ブラジルで起業するためには、L’ORÉAL よりもSHEがベストだった
      2. アイルランドで出会った運命の彼はブラジル人
      3. ブラジルでの起業を目指して
      4. 将来の夢は、実家の旅館を継いで全国展開すること

 

⒈ ブラジルで起業するためには、L’ORÉAL よりもSHEがベストだった

大原:入社おめでとうございます!まずは今SHEで具体的にどんなお仕事を担当しているか教えてもらってもいいですか?

さとこ:私は法人アライアンス担当として、直近ではミレニアル・サミットのリードなどを行っていました。ミレニアル・サミットは、本当にたくさんの人にヘルプして貰いながらだったけど、最後までやり遂げたっていう意味ではすごく私にとって大きなお仕事でした。

資生堂CCOの留目さんや経済産業省の伊藤さんなど豪華な登壇者に、111人を超える参加者が集まって、大盛況に終わったミレニアル・サミット第一弾。第二弾は1月31日。

大原:ミレニアル・サミットは本当に大成功でしたね。

さとこ:はい。でも実際に運営をやってみて、まだまだディレクションが上手くできないなと思ったので、今はSHElikesのディレクターコースを受講して勉強しながらやってます。

大原:すごい!実際に学びながら、即実践しているなんて、理想的すぎますね。

さとこ:あとはWebデザインのスキルも身に付けたいので、それもこれからコースを受講しつつ、SHEのお仕事をやっていくつもりです。

大原:SHEの理想のロールモデルそのものすぎる・・・!そもそもSHEにはどういうきっかけで出会ったんですか?

さとこ:元々は、Webデザインを勉強したくて、「Webデザイン」と検索した時に見つけたことがきっかけです。サイトを見てみたら、Webデザイン以外にもたくさんワクワクする講座があって、学生の頃から知っているさあやさんがやっているということも知って、即申し込みました。


SHEの起業家コースの仲間と。

大原:じゃあ最初は本当に1受講生として出会ったんですね。そこからお手伝いし始めるようになったのは、どんなきっかけがあったんですか?

さとこ:実は私、国際恋愛をしてて。彼がブラジル人なんですけど、2年後にはブラジルで一緒に住みたいなと思ってて。だから海外にいても仕事ができるスキルを身に付けたいんです。

ブラジルの会社に就職するという選択肢もあったんですが、現地の会社に入ってしまうと、日本の家族に会いたい時や何かあった時に、自由に会いに来れなくなってしまうので、自分で起業して自由に働けるスタイルを確立したいなと思って、SHEの起業家コースやWebデザインコースに興味を持ったんです。


彼と一緒に。

大原:国際恋愛かっこよすぎる・・・!SHEの講座は確かにぴったりですね。

さとこ:そうなんです。起業家コースを受講したことで、ビジネスの基本の流れを知れたことが本当によかったですし、実際にSHEの人と関わる中で、L’ORÉALで働くよりもSHEで働く方が、ブラジルで起業するベースのスキルが身につきそうだなと感じました。

大原:それはどうしてですか?

さとこ:L’ORÉALもすごく楽しかったんですが、やはり大きな企業なので、あまり自分のアイディアを元にどんどん仕事を進めていくことはやりにくくて。3年働いたらブラジルに行きたいと決めていたのですが、この仕事を3年続けてもすぐブラジルで起業することはできないと感じていました。

そんな中で、SHEだったら、どんどん自分の発想を自分で形にしていける環境も、そのために必要なスキルを身につける環境も整っていると感じ、SHEに入社することを決意しました。

大原:さとこの将来のビジョンを達成するために、SHEの環境がぴったりだったんですね。


ロレアルでのヘアメイク講習の様子

 


⒉ アイルランドで出会った運命の彼はブラジル人

 

大原:さとこの人生設計の中で大きな決断になっているのが、彼との国際結婚だと思いますが、その彼とはどうやって出会ったんですか?

さとこ:彼とは大学4年生の時のアイルランド留学時に、現地で知り合いました。同じ学校に通っていて、文化や価値観は全然違うのに、お互い尊敬できる部分が多くて付き合うようになりました。ですがその2ヶ月後には彼がブラジルに帰ることは知っていたし、国際恋愛で遠距離なんてイメージがつかなかったので、こんなに長く続くと思ってなかったです。


アイルランドのオコンネルにて。

大原:ブラジルと日本の遠距離恋愛で、3年も続いているのは本当にすごいですね。いつ頃から結婚は意識し始めたんですか?

さとこ:元々、2ヶ月で彼がブラジルに帰国する時も、一緒に来て欲しいと言われていたんですけど、私も日本で働いて実績を積みたかったし、まだ覚悟もできていなかったので、話し合いをして保留にしていたんです。

でも、私が日本に帰国した後、長期休暇を使ってブラジルに遊びに行った時、「こんなに離れていてもちゃんと繋がっていられるし、会いに行けるんだ」ということにすごい感動して。そこから少しずつ、国際結婚をリアルにイメージするようになりました。

大原:ロマンチックすぎる・・・!L’ORÉALに入ったのも、国際結婚を見据えての判断だったんですか?


この可愛すぎる笑顔で、いつもSHEのみんなをハッピーにしてくれてます。

さとこ:それも少しありますね。元々化粧品が大好きだったことが大きいですが、やっぱりL’ORÉALというバックグラウンドがあれば、ブラジルに行っても通用するかなって。

大原:なるほど。国際結婚を見据えた人生設計をしている人が周りにいないので、すごく新鮮です!

 


⒊ ブラジルでの起業を目指して


ブラジルで、バギーに乗って。

大原:実際にブラジルに行ったらどんな事業をしたいとかイメージはあるんですか?

さとこ:正直まだ全然具体的には描けていないんですが、もっと国際結婚のハードルを下げたいという想いがあるので、現地の駐在妻さんとか、ブラジルに住んでいる日本人女性に対して、SHEみたいな事業が提供できたら素敵だなと思っています。

あとは、日本の素敵な物をブラジルに届けたり、逆にブラジルの可愛いビキニを輸入したりするのもいいかなって。

今は、実際に思いついた時に実現できるようビジネスの立ち上げから軌道に乗せるまでの仕組み作りと、アイディアを具体化させるためのWebデザインスキルを身に付けている途中です。

大原ブラジル版のSHEは最高ですね。ビジョンがワクワクすぎる!そしたらブラジルに行くまでにその準備を進めるという計画なんですね。

さとこ:実はブラジルに行く前にもう一つやっておきたいことがあって。実家が経営している旅館の仕事をきちんと理解しようと決めています。

 


⒋ 将来の夢は、実家の旅館を継いで全国展開すること

 


実家の旅館みなべ。

大原:実家が旅館なんですね!そのお手伝いをするんですか?

さとこ:はい。うちは岐阜県で、地元に根付いた旅館を経営しているんですけど、そこをいつかは継ぎたいなと思ってて。やっぱり田舎だとどんどん人が外に出て行っちゃうんですけど、そんな時に帰ってこれる場所としてのうちの旅館があって、それは絶対無くしちゃいけないと思ってるんです。

だからブラジルに行く前に、うちの経営のことや、地元のことをもっと知っておきたいんです。そして5年後、10年後に日本に帰ってきてSHEでの経験、ブラジルでの経験を地元に還元できたら幸せすぎるなと思っています。

大原:かっこよすぎる・・・!めちゃくちゃ素敵な想いでやっていらしゃるんですね。

さとこ:私もうちの親はすごいなと思ってます。あとこれはすごく壮大になっちゃうんですけど、そういう帰ってこれる場所って絶対どこのエリアにも必要だと思うから、うちで上手くいったら他のエリアにも展開していきたいんです。

大原:素敵な夢ですね!ぜひぜひ実現して欲しい!!!めちゃくちゃワクワクしました!

心のピュアさが前面に出ていますね。本当に愛らしい存在すぎる。

さとこ:だからまずはSHEで、ビジネス立ち上げと経営の基本と、Webデザインのスキルを身に付けられるように頑張ります。

大原:心の底から応援してます!今日は本当にありがとうございました。

こんなにかっこよくて、可愛らしくて、太陽のようなさとこが働くSHEに興味が出たらぜひこちらをご覧ください↓

【執筆】

SHEshares編集長 
大原光保子
上智大学社会福祉学科卒業(https://www.sophia.ac.jp/)「母と娘の関係/幸せの在り方」について研究。
「すべての女の子が自分らしく輝ける世界を作る」ために生きる。美容を通した国際協力を行う学生団体の立ち上げ、美容動画メディアの立ち上げ、ゼクシィ営業を経て、SHEに入社。夢は作家。
文章とウイスキーが大好き。
Twitter:@Sara25Mipo
退職エントリ:https://shares.she-inc.jp/posts/4771028
エモい自己紹介記事:https://shares.she-inc.jp/posts/4482913

関連記事一覧

ライター育成します