• HOME
  • 記事
  • インタビュー
  • お金から自由になる。資産形成コンサルタント藤井奈々さんが伝えたい「自分らしい人生」の生き方

お金から自由になる。資産形成コンサルタント藤井奈々さんが伝えたい「自分らしい人生」の生き方

インタビュー

人生は選択の連続です。仕事、結婚、妊娠、子育て……
そんな様々なライフイベントがある女性にとって、切っても切り離せないのがお金の問題。
「お金のことなんて、わからないし……
「まあ、何とかなるんじゃないの?」
そう思って過ごしていると、いつのまにか損をしているかもしれません。
資産形成コンサルタントの藤井奈々さんは、「お金について考えることは、自分らしい人生を生きること」と語ります。

今回のインタビューでは、なぜお金の正しい知識を身につけることが必要なのか、「自分らしい人生を生きる」とは何を指すのか、お話を伺いました。

本インタビューは、SHElikesのライター講座の中で、参加者の方が実際に取材・執筆した記事になります。
ライターに興味がある方はぜひ体験レッスンにお越しください。
【 無料 】体験レッスンに応募する

働く女性の為の資産形成コンサルタント・藤井奈々(ふじい・なな)
サービス業・美容広告業を経て、 【経済的に自立し、自分らしい選択が出来る自分になる】と決意し、26歳から週末起業をスタート。 その後金融のプロから投資を学び、海外の積立投資を開始。 金融のプロから学んだ知識+独学×自身の経験を生かし、女性向けのマネーセミナー・資産形成のコンサルティングを行なっている。 女性の人生は選択の連続。 お金とどう付き合うかで人生が決まると確信し、一番身近でありながら、きちんと学ぶ事のなかったお金について、分かりやすく発信している。

パティシエから金融の世界に。お金を「稼ぐ」から「働かせる」に意識が変わった

本日はよろしくお願いします!まず、藤井さんの現在の仕事について教えてください。

女性に向けた資産形成コンサルタントをしています。
「将来に向けて貯金したいけど、まず何からやればいいの?」
「投資とか難しそうで、手が出しづらい……

そんな方に向けて、お金の管理方法や資産の形成について講座を開きアドバイスをしています。
初めて3年ほど経ちますが、これまで300人以上の方に受講いただいております。

資産形成コンサルタントになったきっかけは何だったんですか?

私、興味をもったら即行動に移すタイプで、高校卒業後に和菓子の販売職に就いてから資産形成コンサルタントになるまでいくつか職を転々としているんです。順を追ってお話すると、1度目の転機は和菓子の販売からパティシエになったことですね。

和菓子の販売からパティシエ!実際に作る方にいかれたんですね。

パティシエは初めて自分がやりたい、と思った仕事だったんです。
高校を卒業して4年程和菓子店で販売として働いていたんですが、ふと自分の将来について考えた時、「違うな」と思って。
販売の仕事自体は楽しかったし働く仲間にも恵まれていたけど、このまま働き続けた5年後10年後に私の理想はないと感じたんです。

「自分にしかできないような、手に職をつけたい!」と思った時、TVでパティシエの特集をやっているのをみて。元々お菓子は好きだったけど、販売の仕事は消去法で選んだんです。製造は嫌だな、営業もちょっと、じゃあ販売かな?みたいな感じで。

それが特集をみたら、自分の手で作ったお菓子が人に喜んでもらえるのってなんて素敵なんだろう、とどんどん興味がわいてきて。専門学校で1年勉強して、パティシエとして働きはじめました。 

パティシエの仕事も「違うな」と感じたタイミングがあったんですか?

115時間の激務に身体が耐えられなくなったのが大きな理由です。憧れたパティシエになれた嬉しさはあったんですが、結局身体を壊し3年でやめてしまいました。夢と現実は違うな、と痛感したけど、心から自分がやりたいと思って選んだ仕事だから今も後悔はないです。

パティシエをやめた後は、何の仕事をされたんですか?

美容広告の営業です。ここでやっと資産形成コンサルタントにつながってくるんですけど。

第二の転機ですね。

はい。美容広告の営業として働く中で、「女性が経済的に自立すること」の重要性を感じました。それまでは全く貯金などせず、なくなったらまた稼げばいいという考えだったんです。ボーナスもブランドの服やバッグにつぎこみ速攻で使い切るような生活で。

それが仕事を通じて多くの女性と出会う内に、女性は病気以外でも結婚・出産・子育てなどライフイベントによって働き続けられなくなることも多いと実感しました。

働いて稼ぐノウハウだけあってもだめなんだ、と考えていたとき、知人と「稼いだお金って何に使ってる?」みたいな話になって。その方は経済や金融に精通していて色々と勉強させていただくうちに、積立投資や、日本と海外での金利の違いなど知り「お金を正しく運用させる」大切さを学びました。

自分でも本を読んだり数多くのセミナーに参加したりと知識を蓄えていったんですが、金融のセミナーって専門用語がわかり辛い上に怪しい商材の紹介も多くて。もっと女性でも安全にわかりやすく、お金に関する知識を勉強する場を設けたいと思って、講座をはじめました。

「私の理想の生活って何?」スタートはどんな人生を送りたいか決めること

 

藤井さんの講座ではどのようなことを学ぶんですか?

講座では、豊かになるための4ステップをお伝えしています。

①お金(=自分の人生)と向き合う
②支出を減らす
③お金を増やす
④お金を働かせる

この4つの流れをきちんと整えれば誰でも豊かになれます。
一見当たり前のようなことですが、やり方や順番を間違えている人が多いので、
参加して下さった方がどこでつまずいているのかを一緒に考えます。

お金を運用させるノウハウが、講座のメインなのかと思っていました。

講座は、自分の人生・お金としっかり向き合ってもらう一つのきっかけになったら嬉しいです。

だから、ステップ①のお金(=自分の人生)と向き合う、という部分には時間をかけて、「自分はどんな人生を歩みたいか」を具体的にするべく、年表を書いてもらいます。そこがないと極論お金を持っていても意味がないと思っているので。 

講座はどのような人が受講されているんですか?

2030代の女性が多いです。

私が今年の5月に子供が生まれてから生活がだいぶ変化して、オンライン講座をはじめるようにもなったこともあって、最近はお子さんがいらっしゃる方の受講も増えていますね。 

講座で使用する年表

  

将来必要な生活資金は4200万円。一生稼ぎ続けられますか?

受講された方が自分の理想のライフプランを立てて、どのくらいお金が必要か知る、という流れになるのでしょうか。

そうですね。皆さんに共通する具体的な話として、将来必要な生活資金についていつもお話するんですが、将来もらえる年金額の月額目安は、生涯平均月収の約4割なんですね。例として月収が23万の場合、年金は9.2万円になります。

そこから将来必要な生活資金を算出すると

(23万-約9)×12か月×25=4200です。

えっ、将来必要な生活資金が4200万!? すごい額ですね……

「私、これだけ稼がないといけないの?」ってなりますよね。

日本の銀行に預けていても金利は0.001%と雀の涙なので、これからの時代は本当にお金の運用はマストです。
やるかやらないかというより、情報として知っているか知らないかの差なんですよね。現に私の講座を受けた方の半数以上が始めています。

投資、というと株式投資やFXなど大きなリスクを伴うイメージが強いです。

株式投資は不確実な要素が多いけど、当たれば大きいという投機的な投資になりますね。男性はある程度リスクがあるほうが楽しいと感じる人も多いですが、女性は安定志向が強いのであんまり向いてない。

もちろん人に寄りますが、多くの場合講座を受ける女性には、堅実にコツコツと貯められる積立投資をおすすめしています。気づいたら貯まってるのが理想ですね。

自分らしい人生を生きる。やりたいことを迷わず選択できる生き方へ

最後に藤井さんが考える「自分らしい人生」について教えてください。

一言で言うと、自分が本当にやりたいと思うことを迷わず選択できる生き方、ですね。 

本当にやりたいことをするためにはお金が必要、ということですか?

お金は自分らしく生きるための一つのツールだと思っています。
「やりたいことがあるけど、お金がないからあきらめよう」というのは非常にもったいないと思うので。講座を通じてお金の知識を身につけていただき、いきいきと暮らす女性が増えたら嬉しいです。

藤井さんのお話を伺って、お金について学ぶことが「自分らしい人生」につながる、という意味がわかった気がします。本日はありがとうございました!

こちらの記事は、SHElikesのライターコースを受講する中で、取材・執筆頂いた記事になります。
ライターに興味がある方は是非こちらの体験レッスンへお越しください。
【 無料 】体験レッスンに応募する

【執筆】
えり佳
大学卒業後、2015年IT系の会社に就職。 仕事を続ける中で、小さな頃から好きだった文章を書くことを仕事にしたいという思いが強くなり、2018年9月にSHElikesのWebライター講座を受講。 日々の幸せは心震える漫画に出会うことと、嵐のバラエティ番組をみること。
http://ameblo.jp/emmino/

 

 

関連記事一覧

ライター育成します