マルチタスクのコツは?バリキャリフリーランスあべゆきさんのタスク管理術!

インタビュー

こんにちは、薬剤師ライターの小野千夏です。 ライターの仕事を始めてひしひしと感じる、自分でタスク管理をすることの大変さ。色んな方面から仕事が入ってくる中で、締切の管理を漏れなくできているのか、報連相がきちんと取れているのか、など心配事も多いです。

フリーランスの先輩たちは、どんな風にタスク管理をしているんだろう…? コツがあれば知りたいなと思い、フリーランスとしてガツガツ活躍されているあべゆきさんにインタビューさせていただきました!

<あべゆきさんプロフィール>
大手外資企業にてセールスを経験。その傍ら、フリーライターとして独立。現在はライターの他にも、CEO以外全員フリーランスで構成される組織StockSun(株)にて恋愛メディアのディレクターも担当。会社を辞め、独立してフリーランスへ。

今年8月に上京し、自分の人生をどんどん切り拓いているあべさん。

SHEのライターレッスン参加者さんの中にも、フリーランスを目指している方はたくさんいらっしゃいます。ぜひ今回の記事を読んで、あべさんのフリーランスになるまでのエピソードや、仕事管理術などを参考にしてみてください!!
そしてそして…気になる恋愛事情もお聞きしましたよ♪


目次

1. マッチングアプリが人生を変えた
2. 失うものはなにもない。寝たら忘れる。
3. 石橋は叩いて渡らない


1.マッチングアプリが人生を変えた

小野:こんにちは、本日はフリーランスでガツガツ活動なさっているあべさんにお話を聞けるということでとても楽しみにしてきました!よろしくお願いします!早速なのですが、フリーランスになろうと思ったそもそものきっかけはなんですか?

あべ:実は、マッチングアプリでたまたまアフィリエイターと出会ったことがきっかけだったんです。 そこから、フリーランスとして生きていく道を知り、徐々にライターの仕事もはじめました。そして、ライターの比重を増やしたい!と思うようになり、独立を決めました。
マッチングアプリが人生を変えたといっても過言ではありません(笑)

小野:それは衝撃的すぎます!!はじまりはブログということですが、ブログをはじめるときのテーマはどのように決めたのですか?

あべ:そうですね、それまで自分がホテル業界に関わっていたので、その経験を活かしてホテルの発信をすることにしました。

小野:たしかに、スタートは自分の持っているものの中から発信できることを見つけるのがいいかもしれないですね。 ブログから、現在はトークイベントに至るまで、活動の幅を広げていますよね。色々なジャンルのお仕事のお話が来ると思いますが、どのようにして選択しているのですか?

あべ:興味があるかどうかですね。どうしてもやらなければいけないお仕事が自分の苦手な分野の場合は、人を巻き込んだりもしています。 その分、私もやらなきゃ、と思うので。

小野:人を巻き込む!いいですね。何人かで作り上げると、その分、完成したときの達成感も変わりそう…。そして、ちょっと気になっていたのですが…あべさんはマッチングアプリを使用していることを堂々と発信されていますが…。

あべ:あ、そうそう。私、婚活してるんですよ!

小野:婚活!?

あべ:はい!今も婚活中です!(2018.10.23現在)

小野:婚活中と知ったら、世の男性たちがたくさん寄ってきちゃいそうですよ!!すみません、話を戻します…(笑)
フリーランスの場合、自分で仕事を管理する必要があると思うのですが、あべさんはどのように管理されていますか?

あべ:はい、スケジュールはすべてアプリで管理しています。 紙のスケジュール帳は使用していません。

小野:どんなアプリを使用しているのでしょうか?

あべグーグルカレンダーとワンダーリストを使用しています。 グーグルカレンダーはプロジェクトのメンバーの予定を共有できるので便利です。ワンダーリストはタスク管理アプリなんですが、Googleカレンダーとも連携できるので相性がいいですね。プロジェクトごとのto do、今週のto doなど、to doを分けて管理できるのがお気に入りです。


スケジュールチェック中のあべさん

小野:それは便利ですね。私は紙のスケジュール帳を使う派なのですが、Webでスケジュール管理するメリットが知りたいです。

あべ:メリットは、どんな媒体でも見ることができることですかね。スマホでもパソコンでもタブレットでも、自分の目の前にある媒体ですぐに確認することができるのが便利です。

小野:たしかに。紙のスケジュール帳だと探し出すまでに時間がかかったり、なによりやはりカバンの中でかさばってしまいますよね。

あべ:そうですね、でも、Webで管理していると、電源が切れたときになにもわからなくなってしまうというデメリットもあったりします。

小野:たしかに…!本質過ぎて忘れてました!(笑)to doもアプリで管理されているとのことですが、タスク管理で工夫されていることはあるんですか?

あべ:はい。まず、その月の大まかなやることを埋めていきます。そのあとに直近でやらなければいけないことを埋めて、その後、期限を決めます。そしたら、どの予定にどのくらい時間がかかりそうかを書き込んでいくんです。

小野:時間を書き込んでいく、というのは新しいですね。時間がひとつの目安になるので、空き時間に合わせてto doをこなせそうですね。ちなみに、あべさんはきっちりとto doをこなすタイプですか?

あべ:全然です!(笑)ワンダーリストはそんな私にもぴったりで、もしto doを達成できない場合は次の日にto doが延期されて、赤文字でリマインドをしてくれるんですよ。

小野:赤文字!圧力が強いですね(笑)でも、そのおかげでやり忘れ防止ができそう。

2.失うものはなにもない。寝たら忘れる。

小野:会社を辞めて独立する際に、不安などはなかったんですか?

あべ:そうですね、私自身というよりも、最初は周りにすごく心配されましたね。家族にも会社にも止められました。でも、一年くらいブログをやって、周りにいるたくさんのフリーランスの先輩を見ていたので、会社を辞めてもなんとかなるんだろなあ、というのはありました。

小野:なるほど…あべさんは、結構楽観的なタイプなんでしょうか?

あべ:そうですね…そうかもしれません。基本的に寝たら忘れます。失恋しても寝たらすっかり忘れますね!(笑)

小野:それは羨ましいくらい!(笑)フリーランスの方って、プライベートと仕事の区切りをつけるのが大変そうなイメージですが心がけていることはありますか?

あべ:そうですね、私、以前は家に作業場を作って、がっつりやっていたんですけど、それだとがっつりやりすぎちゃって。だから、今は意識的にコワーキングスペースに行ったり、カフェで作業するようにしています。 家の作業場で急ぎの作業などはしますけどね。


あべさんの自宅作業場。キレイ…!!

小野:家まで仕事モードになってしまうと気が休まりませんもんね。気分転換としてリフレッシュできるときはどんなときですか?

あべ:うーん、大切な人とおいしいものを食べているときですかね。あとは最近、めちゃくちゃバチェラーにはまっていて。ひたすら見てます!(笑)


プライベートでのあべさん

3.石橋は叩いて渡らない

小野:あべさんの今後のビジョンなどはありますか?

あべ:これまでいろいろ自己ブランディングしてきて、ホテルブロガーから会社員ブロガーなどを経てきたんですが、最終的にはそういった肩書なしでも活躍できたらいいなと思います!はあちゅうさんみたいな感じで。

小野:肩書きではなく、あべさん自身の名前で活躍したい、ということですね。私もあべさんの今後、とても楽しみにしています!最後に、SHEに来てくださるこれから一歩を踏み出そうとしている人に向けて、なにかひとことあればお願いします!

あべ私、石橋を叩いて渡るタイプじゃないんですよ。叩く前に渡り始める、みたいな。だから、「くよくよしたり迷っている暇があれば、行動したほうがいいよ!」と伝えたいです。

小野:私もなんだか励みになりました!本日はありがとうございました!

あべさんとお会いする前は、「バリキャリ」というイメージからクールで堅いイメージを想像していたのですが…
実際にインタビューすると、とても柔らかい雰囲気の方で、良い意味で印象がガラッと変わりました!
そんな素敵女子あべさんの活動、発信、みなさんもぜひチェックしてみてください。

【執筆】

SHEsharesライター 小野千夏
薬剤師/ライター/イベント企画/darenani~だれかのなにかのきっかけに~
薬剤師として身体の健康を支えるだけでなく、女性のライフスタイルも支えたい!と思い、ライターへ。
人やモノの思いを知ることが大好きです。エッセンス探しの毎日。
Twitter:@darenaniwite
Instagram:@darenaniwrite
自己紹介記事はこちら

 

関連記事一覧

ライター育成します