• HOME
  • 記事
  • Webデザイン
  • 【未経験者は必読】Webデザイナーの志望動機の書き方・求められる3つのポイントとは

【未経験者は必読】Webデザイナーの志望動機の書き方・求められる3つのポイントとは

Webデザイン

未経験からWebデザイナーになろうと考えた時、1番はじめに想像するのは何ですか? 「面接」や「志望動機」を思い浮かべた人、多いのではないでしょうか。

そう、未経験者がWebデザイナーの面接を突破するには、「志望動機」の書き方がとても重要になるのです。

そこで今回は、人事担当者が未経験者に求めているポイントも併せて、志望動機の書き方をご紹介します。

SHElikesのWebデザイン講座に興味がある人はこちら↓


目次

・未経験Webデザイナーに求められる3つのポイント
・志望動機を書く際に明確にすべきこと
・志望動機の書き方NG例
・【未経験者は必読】志望動機の書き方例3選


未経験Webデザイナーに求められる3つのポイント

⑴ デザイン・グラフィックソフト・コーディングのスキル

言うまでもありませんが、

  • デザインスキル
  • Photoshopやillustratorなどグラフィックソフトのスキル
  • HTMLやCSS、JavaScriptなどを使うコーディングスキル

は必須条件。コーディングとは、上記の言語を使ってコンピューターに指示を出し、デザインを画面に表示させることを指します。

コーディングのスキルがあれば、実装しやすい・実現可能なデザインをできるようになるので、身につけて損はありませんよ。

⑵ 言語化できない思いも汲み取る!コミュニケーション能力

コミュニケーション能力が必要な理由は2つあります。

1つ目は、Webデザイナーはクライアントの依頼に応じてデザインをするからです。相手が口にする要望だけでなく、言語化できていない思いなども汲み取る必要があるのですね。

2つ目は、ディレクターやチームメンバーと相談を重ねる機会がとても多いからです。自分の気持ちや考えをしっかりと言葉にすることが、チームの絆を深め、より良い仕事をするうえで大切になります。

⑶ ‘‘良いデザイン’’は日々の積み重ねがカギ!好奇心や探求心

トレンドの移り変わりが激しく、技術の進歩が目まぐるしいWeb業界では、情報感度を高く持ち、常に勉強し続けなければなりません。

目の前にある仕事だけでなく、街中で見つけた看板や雑誌、Webサイトが「なぜそのデザインなのか」を常に考え、人々が求めているものを探し続ける姿勢こそが、‘‘良いデザイン’’を作る土台となるのです。

志望動機を書く際に明確にすべきこと

⑴ なぜWebデザイナーを選んだのか

たとえばWeb業界でも、ディレクターやマーケター、プログラマーなど、様々な職種があります。その中で、なぜWebデザイナーを選んだのかを明確にする必要があります。

デザインが好き、自分でWebサイトを運営していたなど、自分の強みも併せて伝えましょう。

⑵ なぜその会社を選んだのか

Webデザイナーを募集する会社の中で、なぜその会社を選んだのか。その理由は会社側にとって、かなり大切なポイントになりますよね。

理念や行動指針などもしっかり下調べをして、「この人を採用したい!」と思っていただけるような理由を書きましょう。

⑶ あなたを採用してどんなメリットがあるか

「Webデザイナーとして働きたい」と手を挙げる人は、あなたのほかにもたくさんいるでしょう。

その中から選んでもらうには、「採用した際に得られるメリットの大きさ」にかかっているのではないでしょうか。どんな貢献ができるのかをしっかりと明確にして、あなたの魅力を伝えましょう。

志望動機の書き方NG例

志望動機の書き方の例を挙げる前に、NG例をお伝えします。

  • 業績が伸びているから
  • 勉強できると思ったから
  • ただ興味を持っただけ
  • 残業が少ないから

このような具体性と主体性に欠ける志望動機では、会社側もあなたを「採用したい」とは思えないはずです。

会社は勉強をするために行く場所ではありませんし、待遇面を主張しすぎると「やる気ないのかな」と思われてしまうかもしれませんよね。

会社のどんなところに惹かれたのか、提供できる価値は何か、どんなふうに貢献していくのかを具体的に書きましょう。

【未経験者は必読】志望動機の書き方例3選

⑴ Photoshopなどを使える・作品制作をアピール

デザイナーとしての実務経験はありませんが、昔から絵を描くことが好きでした。現在は独学でIllustratorやPhotoshopを用い、さまざまな作品を制作しております。前職では営業職の立場から商品を紹介することでお客様の課題を解決し、喜んでいただいておりましたが、営業職で培ったマーケティングスキルやコミュニケーション力を活かし、今後はデザイナーとして自身が作成したデザインでお客様に価値を提供したいと考え志望しました。

https://type.jp/s/aspiration/example/designer.htmlより引用

こちらの例文の良いポイントは、以下3点になります。

  • Photoshopやillustratorなどのグラフィックソフトを使える
  • 自分で作品を作る力と強い意志がある
  • 前職で身につけたスキルを活かし、相手に貢献する姿勢が見える

Photoshopやillustratorなどのグラフィックソフトを使い、作品を作れる。かつ、前職で培ったマーケティングスキル・コミュニケーションスキルがあるとすれば、未経験者でもWebデザイナーとして雇いたい、と思っていただけるでしょう。

そのうえで「相手に価値を提供し貢献したい」という前向きな姿勢を見せており、説得力があります。

⑵ サービスを利用・ソースの解決策を提案

御社を希望したのは、御社のWEBサービスを利用しており、サービスをもっと知りたい、開発に携わりたいと思ったからです。御社のWEBページも拝見させていただきましたが、色使い、レイアウト、表現力などに魅力を感じました。ただ、学生の時に独学で勉強してた視点から見ると○○部分と○○部分はソースを見た感じぱっとしない、少しコードを減らせると思ったので、私の経験上は○○のように記述するとコードがスッキリすると思います。学生時代に勉強をして、培ったコーディング力や情報収集能力を使い、御社に貢献できたらいいと考えています。

https://shukatsu-mirai.com/archives/77623#i-3より引用

こちらの例文の良いポイントは、以下2点になります。

  • 企業のサービスを前もってしっかり見ている
  • ソースを見ただけで理解できるだけでなく、解決策の提案もしている

会社のサービスをただ見て魅力的なところを述べるだけでなく、自分の経験から「もっとこうした方が良いのでは?」と提案する姿勢が高評価をいただけるでしょう。

現状に満足せず、目の前にあるものをより良くしたいという向上心や探求心は、Webデザイナーに限らずすべての仕事に必要ですよね。

⑶ Webデザイナーとしてどうなりたいか、が具体的

私は貴社の医療従事者向け転職サイトが都市部のみならず地方の持続可能な医療の実現に貢献されている点に感銘を受けました。また、貴社事業の優位性は訴求力があるHPのデザイン性にあると考え、貴社のWEBデザイナー職を志望いたしました。

私は学生時代、illustratorやPhotoshopを用いて所属するサークルのHP制作をしていましたが、日に日に興味を持ち、プロのWEBデザイナーとして活躍したいという気持ちが強くなりました。貴社のWEBデザイナーとして活躍することで、日本の地方医療を影から支える存在になりたいと思っております。

https://shukatsu-mirai.com/archives/77623#i-3より引用

こちらの例文の良いポイントは、以下2点になります。

  • 「Webデザイナーとしてどうなりたいか」が具体的
  • グラフィックソフトを使える、Web制作経験がある

「Webデザイナーとしてより多くの価値を提供したい」で締めくくるのは、正直何だかありきたりですよね。

でもこちらの例文は、最後に「Webデザイナーとして活躍し、地方医療を支えたい」と具体的に述べています。会社側の視点に立ってみれば、どちらに好印象を受けるかは言うまでもありませんよね。

このように、志望動機は具体的かつ主体的に書くことが大切です。

まとめ

未経験からまったく新しい世界に飛び込む時は、誰だって緊張するものです。ですが、今回ご紹介したように志望動機を書くことができれば、あなたはそれをパスポートにして1歩を踏み出せると思います。

自分の想いをしっかりと伝えて、思い描く未来を手に入れましょう!

SHElikesのWebデザイン講座に興味がある人はこちら↓

【執筆】

SHEshares編集部 めくばせ
2016年、服飾の専門学校に進学するも「わたしの人生で大切なものではない」と気づき、2017年1月に中退。同時期にライターを開始。現在はshares編集部としてライターさんのフォローなどをしている。
昔からモノづくりが好きで、2018年4月にはSHElovesでWebデザインを受講。ピアス制作やWeb制作にも注力中。
生粋の天秤座女で、常にフラット・バランス命。すべてを肯定し愛せる人間になりたい。
Twitter(@_____ilil_
おすすめ執筆記事
服飾学校を中退→Web業界へ。やさしい言葉で人々を救う‘‘保健室の先生’’が選んだ「自分を幸せにする」生き方
【私を救ったコトバたちvol.4】「あなたは大丈夫。人生はめちゃくちゃ魅力的だ。」

関連記事一覧

ライター育成します