【2018年11月】UIUXが優れている!Webデザインのトレンド4選まとめ

Webデザイン

新しい技術や手法が次々と生み出されるWeb業界。情報がしっかり伝わり、かつユーザーが使いやすいデザインを設計するうえで、最新のトレンドは気になりますよね。

そこで、今年のWebデザインのトレンドをまとめてみました。

それぞれにWebサイトを3例掲載したので、そちらも併せてご覧ください!

SHEのWebデザイン講座に興味がある方はこちら↓

デザインのトレンド4選とWebサイト3例

1.白背景+写真や文字をずらして配置

KIDORI

白背景、あるいは淡色の背景に対して写真をずらして配置し、さらに写真の上の文字もずらして配置する手法です。

ブロックを組み合わせるように作られたWebサイトとは違い、雑誌のようなレイアウトで親しみやすさがありますよね。

コーディングも難しくありませんから、今までとは違う印象にしたいけれど工数をかけられない場合に重宝します

タマキホーム株式会社

アソビュー株式会社

2.余白のあるデザイン

日本SPセンター

余白を活かしたデザインも今年のトレンド。

余白を大きく取ることで全体的に余裕が生まれ、洗練された優雅な印象、誠実なイメージを与えられます。また、余白をうまく使えば区切り線いらず。

FUWA

holo shirts

3.幾何学的なレイヤー

株式会社エスタイル

今年は、図形や多角形を使った幾何学的なデザインもトレンドでした。多角形とは、主に3本~5本の直線から作られる閉じた図形を指すので、三角形や四角形なども入ります。

パキッとした鮮やかな色を使っていることが多く、近未来のような印象を受けますよね。

GLASS

ANAKIN DESIGN STUDIO

4.非同期遷移

ELI

「非同期遷移」とは、現在のページをスクロールとともに変化させて、次のページを随時表示すること。

1ページで完結しておりページ移動のストレスがゼロなので、ユーザーに負荷がかかりません。

アニメーションや動画コンテンツと相性が良く、見ているだけでも楽しくなるWebサイトが増えています。

Tokyo Jazz X

THE PARFAIT STAND

まとめ

最新のトレンドに加え、余白のとり方に美しいと感じられたり、ページ移動のストレスフリーでサクサク動くなど、UIUXが優れているWebサイトの例をご紹介しました。

個人的にはエスタイルのエフェクトやELIのシームレスな使い勝手がとても好きです。

来年はどんなトレンドが生まれるのか、今からワクワクしてしまいますね。みなさんも、今回ご紹介した手法をぜひ参考にしてみてください!

SHEのWebデザイン講座でサイトを作り、ポートフォリオに載せたい人はこちら↓

【執筆】

SHEshares編集部 めくばせ
2016年、服飾の専門学校に進学するも「わたしの人生で大切なものではない」と気づき、2017年1月に中退。同時期にライターを開始。現在はshares編集部としてライターさんのフォローなどをしている。
昔からモノづくりが好きで、2018年4月にはSHElovesでWebデザインを受講。ピアス制作やWeb制作にも注力中。
生粋の天秤座女で、常にフラット・バランス命。すべてを肯定し愛せる人間になりたい。
Twitter(@_____ilil_
おすすめ執筆記事
服飾学校を中退→Web業界へ。やさしい言葉で人々を救う‘‘保健室の先生’’が選んだ「自分を幸せにする」生き方
【私を救ったコトバたちvol.4】「あなたは大丈夫。人生はめちゃくちゃ魅力的だ。」

関連記事一覧

ライター育成します