本当に知ってる?Webデザイナーの年収と、年収アップするために必要なこと

Webデザイン

SHElikesのレッスンの中でも、ダントツ人気な‘‘Webデザイン’’。Webデザイナーは、女性の感性を活かせるとっても魅力的なお仕事です。

最近は女性のWebデザイナーも増えてきていますし、「転職したい」「フリーランスで独立したい」と考えている人もいるかもしれませんね。でも、Webデザイナーが1年にどれくらい収入を得ているのか、本当にご存知ですか?

今回は、会社員とフリーランス別の平均年収と、年収を上げる方法についてお伝えします。

Webデザイナーのお仕事について詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

SHEのWebデザイン講座に興味がある人は、体験レッスンへ↓

意外と知らない、Webデザイナーの平均年収

会社員は平均年収360万円

Webデザイナーの平均年収は、360万円(月30万円)と言われています。範囲はおよそ300万~400万ほどですね。

しかし、それはある程度のデザインができ、かつSEOなどを意識したコーディングができるレベルの場合。HTMLやCSSが書けるだけでは、20万円台に留まるでしょう。

会社員・フリーランスに限らず、Webデザイナーはどの言語を使いコーディングをするかで収入の額が変動します。JavaScriptやWordPressが使えると給与が上がることもあるようです。

海外のWebデザイナーの年収が高い理由

ここで、海外のWebデザイナーと比べてみましょう。

  • アメリカ:780万円
  • カナダ:580万
  • オーストラリア:680万円

と、日本と比べてかなり高くなっています。

その理由は、プログラミングスキルやSEOの知識も持っているから。日本のWebデザイナーも、海外と同じく幅広い分野に対応できれば、そのぶん年収も高くなります。

年収1000万も夢じゃない!?過酷なフリーランス

独立した場合も、在宅のフリーランスも、250万(月20万円)からのスタートと考えましょう。フリーランスだと所得税も高くなりますから、実際に手元に残るお金はもっと低くなります。

実際のところ、Webデザイナーで年収300万未満の人は数多くいます。何も知らずにフリーランスのWebデザイナーとして働き始めると、厳しい現実に打ちのめされてしまうかもしれません。

在宅のフリーランスWebデザイナーは、クラウドソーシングで仕事を受注したり、直接企業と契約を結ぶことが多いです。しかしクラウドソーシングなどは総じて単価が低いため、実績を残すよりも先に意欲やモチベーションが低下してしまう人も。

そもそもWebデザイナーは顧客からの修正に何度も対応しなくてはならないことが多く、作業も多くなりがちなため、「労働量に報酬が見合わない」と感じるのでしょう。

とはいえ、会社員と同じく、スキルや知識によって年収は変わります。フリーランスの場合は営業力やコミュニケーション能力の差によっても取れる仕事が変わってくるので、年収1000万円も夢ではありません。

絶対チェックして!Webデザイナーが年収をあげる方法

会社員のWebデザイナー

⑴ 手っ取り早いのは、やはり転職

長時間労働にもかかわらず低年収で、下層デザインのみしか任されない……といった劣悪な労働環境に身を置いているWebデザイナーは少なくありません。

年収アップだけでなく、キャリアアップ、クリエイティブ能力アップのために転職するデザイナーは数多くいますので、迷っているのなら若いうちに思い切って1歩踏み出してみるのをおススメします。

会社の種類によって残業の多さやデザイン業務、最新の技術に触れ合う機会はまったく異なります。そこで今回は、「制作会社」と「事業会社」について簡単にご説明しますね。

他社サイトを請け負う制作会社

  • 幅広いデザインに挑戦できる
  • 最新の技術を身につける機会が多い
  • 仕事の量が膨大で労働時間が長い・残業は当たり前
  • 顧客の要望に応じたデザインは必須

制作会社とは、他の企業から受託して制作を行う会社です。

顧客の要望に合わせて納期まで作り終えなければならず、作業量はとても多いイメージ。ですが、その経験を積み重ねることによって段取りや作業スピードは速くなっていきます。

最新の技術に触れながら顧客の要望に応えていきたい、と強く思っている人にはオススメです。

自社サイトを運営する事業会社

  • 効果が出るデザインを学べる
  • Webデザイン以外の知識が身に付く
  • 比較的早く帰れて、残業は少なめ
  • 自社サイトのデザインなので、いろんなデザインに挑戦しにくい

事業会社とは、自社でメディアやサービスなどを運営している会社です。

制作会社のようにいろいろなサイトをデザインするわけではないので、技術の進歩はスローペース。しかし、自社サービスを仲間と一緒に育てるやりがいは大きいでしょう。

収益を上げるために効果の出るデザインを追求していく姿勢が必要なので、マーケティングなどWebデザイン業務以外の知識も身に付きます。

⑵ デザイン関係の副業を始める

休日や空いた時間を持て余しているのなら、副業を始めてみてはどうでしょうか。

既に転職した経験のある人なら、前の会社の同僚や友人から受託することも可能なはず。

転職未経験の人や人脈がない人は、クラウドソーシングを利用するという手もあります。次に繋がる魅力的な案件がゴロゴロあるわけではありませんが、良いコミュニケーションを図り、クライアントが望む以上のデザインができれば、リピートしていただける可能性は高まります。

また、「友人や行きつけのお店の店員に話してみたら、サイトを作ってほしいと言われた」という声もよく聞くので、いろんな人と話してみるのもお仕事のきっかけになるかもしれません。

フリーランスのWebデザイナー

⑴ 1番の近道!他のスキルを習得する

フリーランスが年収を上げるには、他のスキルを習得することが1番の近道です。

会社員は営業をしなくても仕事は回ってきますが、フリーランスは自ら取りに行かなければなりません。

近年Webデザイナーになる人が増えており、ただデザインができて少しコードが打てるだけでは生きていけないと言われています。他と差別化を図り年収を上げるためには、デザイン以外のスキルを身につけることが大切です。

HTMLやCSSのほかに、JavaScriptやPHP、Javaなどのプログラミング言語を習得すれば、年収を挙げるのはそう難しくないですよ。

また、デザインにはマーケティングの観点は欠かせません。顧客が何を求めているのか、ユーザーにどうなってほしいのかを考え設計できれば、あなたの市場価値に比例して年収も上がります。

クライアント側にも予算と時間の制限がありますから、効率よく仕事を回したいはず。

そんななか、デザインしかできないデザイナーと、プログラミング・ディレクション・マーケティングもできるデザイナーがいたら、誰だって後者に依頼しますよね。

⑵ 相場を知り、適正に見積もる

「フリーランスに払う報酬は安くてもいい」と思っている人がいる、と耳にしたことがあります。その理由の1つに、相場から外れたかなり低い金額で受託する業界未経験のフリーランスが多いことが挙げられます。

たしかに最初のうちは自信の無さや不安から低く設定したくなるでしょう。

しかし、そのまま仕事を続けていては年収は上がりません。そのうち意欲やモチベーションも低下して、自分が削られていく感覚に陥ってしまう可能性もあります。

ある程度実績ができたら相場をしっかりと調べ、適正に見積もりましょう。適正な金額で働くことは、「この仕事を全うしよう」という責任感にも繋がるんですよ。

⑶ ブランド力を向上させ、高い価値を提供する

フリーランスにとって、ブランディングはかなり大切です。

たとえば、同じバッグが2つ並べられているとしましょう。片方にはプチプラブランド、もう片方には某有名ブランドのタグが付いています。どちらも同じ金額だったら、あなたはどちらを手に入れますか? 某有名ブランドのバッグではありませんか?

このように、過去の実績や経験に裏付けされたブランド力が強いものは高い価値がつくのです。

現代は、SNSで自分を発信して仕事を請け負う人も増えています。「あなたに任せたい」と思ってもらえるような自分なりのブランドを確立していきましょう。

まとめ

「楽しそうだからWebデザイナーになりたいと思ったけれど、意外と年収は低い……」「スキルを身につけなければいけないのか……」と落ち込んでいる人もいるかもしれませんね。

でも逆に言えば、スキルや知識を身につけることで年収1000万円も目指せるのです。

大事なのは、戦略を練り、自分を信じて進み続けること。Webデザイナーを志すあなたが、理想とする生活を手に入れられますように!

さっそくWebデザインを学びたい!と思った人は、体験レッスンへ↓

【執筆】

SHEshares編集部 めくばせ
2016年、服飾の専門学校に進学するも「わたしの人生で大切なものではない」と気づき、2017年1月に中退。同時期にライターを開始。現在はshares編集部としてライターさんのフォローなどをしている。
昔からモノづくりが好きで、2018年4月にはSHElovesでWebデザインを受講。ピアス制作やWeb制作にも注力中。
生粋の天秤座女で、常にフラット・バランス命。すべてを肯定し愛せる人間になりたい。
Twitter(@_____ilil_
おすすめ執筆記事
服飾学校を中退→Web業界へ。やさしい言葉で人々を救う‘‘保健室の先生’’が選んだ「自分を幸せにする」生き方
【私を救ったコトバたちvol.4】「あなたは大丈夫。人生はめちゃくちゃ魅力的だ。」

関連記事一覧

ライター育成します