銀行員からフリーWebデザイナーへ、安定思考からの挑戦で見えた世界とは

インタビュー

今回紹介するのは、泰道ゆりか(たいどう ゆりか)さん。

『「好き」を仕事にする女性の活躍を応援したい 』という想いのもと、

フリーランスWebデザイナーとしてWebサイトの制作を行っています。

実際にお会いした泰道さんは、彼女のデザインする柔らかく女性らしい世界観を具現化したような、ふんわりと女性らしい方でした。

しかし、自分の中に軸を持っている強い女性でもあります。

今回はレッスンに先立ち、Webデザイナーになるまでのお話や、大事にしている価値観などをインタビューさせていただきました。

⒈ 安定した銀行員からの転向「働き方に疑問を持っていた」

ーまずは、泰道さんがWebデザイナーになるまでの過程を教えてください。

初めは、新卒で銀行員になりました。

もともと安定志向があり入社したのですが、4年働いたときに体調を崩してしまって。

仕事をすること自体は好きだったので、泣く泣く辞めざるを得ない状況でした。

ー初めはWebデザイナーとは関係ない分野だったんですね。「仕事をすることが好き」という言い方が少し気になるのですが…当時されていた仕事内容が好きだったわけではないのでしょうか?

数字を最優先に考えなければいけない営業職が、私には向いていませんでした。

また、”お給料をもらうためだけに働く”という考え方も自分の中でしっくり来なくて、その時の働き方・仕事に疑問を持つようになりました。

そんな中で、結局、体調を優先して会社を辞める選択をしました。当時のことを振り返ると、ドン底を経験したな、と思います。

ー泰道さんのように、働くことは好きだけど仕事内容はあまり腑に落ちていない、という思いを持っている人は多いと思います。新卒入社した会社を辞めた後は、すぐWebデザイナーになったのですか?

実は会社を辞めた後は、いろいろなことをしました。
ネイリストになろうとネイルの資格を取ったり、簿記の資格も取りました。

そして、Web専門学校へ通い、今のWebデザイナーの道へ進んだんです。考えてみると、高校生の時にHPを作成したこともあったりと、もともとWebの分野が好きだったのかもしれません。

⒉ 自分を知っていると道は選べる

ーさまざまなジャンルに挑戦してきたんですね…!その挑戦の中で、仕事の取捨選択の基準にしていたものはありますか?

働き方を変えるタイミングは、仕事を多方面からみると決めやすくなると思います。

そして、なによりも自分を知っていることが大切。

例えば、ネイリストを辞めた理由は、自分が瞬発力タイプではないから。私の性格上、ネイルのデザインをパッとイメージして作品をつくるタイプではなく、様々な視点を取り入れて、じっくり作品を考えて提供する方が合っていると思って辞めました。

そういう時には、自分の中にモヤモヤを感じるもの。だから、辞めるときははやく辞める!ということも大事かもしれません。

続けなきゃいけないというわけではないですし。

ーということは、初めからWebデザイナーになる、と決めていたわけではないのですね。今悩んでいる人も、正解を今すぐ決めようとするのではなく、やりながら探していくのもいいかもしれませんね。
そして選んだWebデザイナーの道ですが、専門学校を卒業してすぐフリーランスになるのは珍しいですよね?

そうですね。最初はWeb制作会社への転職も考えました。
けど、就職活動をしてみたらなんだかしっくりこなくて。

趣味で始めたヨガのインストラクターさんがフリーランスだったり、女性起業家さんと出会ったりと、環境に縛られない生き方の見本が身近に何人かいたので、私もフリーランスになろうと思えたんです。

ーターニングポイントには人との出会いがあったんですね。

⒊ 「底なしのポジティブ」には根拠がある

ーフリーランスの方が周りにいると、独立を決心するハードルも一気に下がりますよね。それでも、初めからフリーランスとしてやっていくことに不安はありませんでしたか?

もちろんありました。

だけど、新卒入社した会社を辞めた時点でだいぶ吹っ切れててもいたので。私の人生、もうレールから外れているから怖いものなし!!って思ったんですよね。

今まで敷かれたレールの上を歩いてきただけだったけど、自分が何をしたいのか考えながら出来るところから一歩ずつ行動を起こしてきたことで、自分の選択に少しずつ自信が持てるようになり、今の自分がいます。

自分での選択を積み重ねてきた結果、周りからも「底なしのポジティブ」と言われる程に成長しました。(笑)

ー自分自身のことを「底なしのポジティブ」と語る泰道さん。でも、そのポジティブさは決して無理のある感じではありません。ゴールが見えているからこそ、今の状況の捉え方がポジティブになっていく、そういう印象を受けました。

ーフリーランスの方が周りにいると、独立を決心するハードルも一気に下がりますよね。それでも、初めからフリーランスとしてやっていくことに不安はありませんでしたか?

もちろんありました。

だけど、新卒入社した会社を辞めた時点でだいぶ吹っ切れててもいたので。私の人生、もうレールから外れているから怖いものなし!!って思ったんですよね。

今まで敷かれたレールの上を歩いてきただけだったけど、自分が何をしたいのか考えながら出来るところから一歩ずつ行動を起こしてきたことで、自分の選択に少しずつ自信が持てるようになり、今の自分がいます。

自分での選択を積み重ねてきた結果、周りからも「底なしのポジティブ」と言われる程に成長しました。(笑)

⒊ 仕事と趣味のバランスの取り方

ーフリーランスとしての働き方について質問なのですが、泰道さんが仕事の軸にしていることはありますか?

自分を大切にすること、ですね。

かつて、自分の気持ちを押し殺してがんばりすぎた経験があるから。

昔は予定を詰め込んでいたけれど、今は自分の時間を意識的に取るようにしています。

息抜きとして、ヨガをしたり、実家の犬と遊んだり、友人とランチに行ったりしています。 でも仕事が好きなので、仕事と趣味の境目はあまりありません。

ー自分のことを知っているからこそ、自分がどんなときにどう感じるのかを理解できる。そんな泰道さんのライフスタイルも参考になります!

⒋ 自分の存在で貢献したい

ー現在、Webデザイナーとして活動の幅を広げていますが、今後のプランはどうお考えですか?

「今後こうなりたい!」というより、目の前のひとつひとつの仕事を一生懸命にやるようにしています。

最近は特に、「自分がなにを提供できるんだろう」ということを考えています。

自分の価値を高めていけば、仕事がなくなることはないと思っているので、自分ならではの強みをWebデザインに掛け合わせることで、新しい価値を提供していきたいです。

そのためにも、仕事をする上で思考停止はしないようにしています。

ーきちんと地に足をつけて、のびのびとフリーランスの仕事をこなす姿こそが、泰道さんの魅力なのだなと感じます。

今後、フリーランスの道、Webデザイナーの道に進もうとしている方へメッセージがあればお願いします。

フリーランスの仕事は、いろいろな働き方を知ることができ、いろんな人に出会えることが魅力です。私は、フリーランスの働き方を通して、デザインをすること、ものをつくることが好き、という自分の好きが活かせています。

もちろん、初めは私自身も迷っていました。
でも、会社員をやめたことで、自分について考える時間が取れたのが大きかったです。

興味を持ったことはやってみる、会いたい人がいれば会いに行く、という思いでただただ行動しました。
そうやって、どれだけ自分と向き合えるかが大切だと思います。

ー「底なしのポジティブ」を自称する泰道さんとお話ししていると、こちらまでなんだか自然と前向きになれました。現在は、企業のSNS運用やWebブランディングまでを担当する等、活動の幅を広げつつある泰道さん、今後の活躍にも期待です!

▷Webに興味があるあなたにオススメのレッスン

SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。

レッスン名:初心者限定のWebデザイン集中レッスン

開催日時:2018/09/25(火) 20:00-22:00

開催場所:SHElikes 表参道 新オフィス(※表参道駅から徒歩5分の場所です)

申し込みはこちら:https://she-inc.jp/likes/courses/94/lessons/265?utm_campaign=18092520&utm_medium=shesns&utm_source=sheshares

フリーランスWebデザイナー

泰道 友梨香

1989年生まれ。立教大学卒業後、金融機関に就職。

OL4年目を迎えた時に自身のキャリアについて悩んだことをきっかけに、「”好き”を仕事にして、会社や環境に縛られない働き方を実現したい」と考え、Web専門学校に通った後、未経験からフリーランスWEBデザイナーへ転身。

「“好き”を仕事にする女性の活躍を応援したい」という想いから、主に女性起業家向けにホームページやワードプレス制作を行う。現在は、企業のSNS運用やWebブランディングを担当する等、活動の幅を広げている。

HP : https://yurika-design.com/

 

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami