半歩先の複業体験記 〜①開業届の提出〜

ライティング

はじめまして、鷲見 真衣(すみ まい)です。

メガバンクから教育系ベンチャーに転職し、いまはフリーランスとして、SHEsharesのライターをはじめ、自分のやりたい仕事をいくつかいただいています。

フリーランスとしてはまだまだ駆け出しですが、「副業や複業を始めてみたい」「今は会社員だけどフリーランスになりたい」という方の“半歩先のお手本”になれたらと思い、この連載を執筆します。

記事中の「副業」とは本業を持ちながら行うサイドビジネスのこと、「複業」とは複数の業務を手がけていることを指しています。

私の場合、フリーランサーとして複数の会社で業務を行っているので「複業」となります。

今回の記事には、筆者の体験をもとに「開業届」を出す方法や注意点をまとめました。

副業や複業を始めるために、あるいはフリーランスになるために必要な「開業届」。

難しいイメージを持っている方も多いと思いますが、実は意外と簡単なんです!

私が複業を始めた経緯や開業届けの提出、注意点を順を追ってご紹介していきますね。

⒈ 私がフリーランスになるまで

◆自己紹介

1989年生まれの三重県出身、4人姉弟の長女です。

小学校3年生からバドミントンを始め(社会人2年目まで続けていました!)、学生時代は部活動中心の生活を送っていました。

推薦で入った大学を3回生で退学し、別の大学へ編入しています。

新卒で入った銀行で夫と出会って結婚し、教育系ベンチャーへ転職。産休・育休を取得して2018年5月に職場復帰しました。

2018年8月に個人事業主登録を行い、現在はSHEsharesでのライター業務、ベビーシッター会社でのマーケティング・PR・バックオフィス業務などを行う傍ら、家族で起業準備をしています。第2子妊娠中、予定日は2019年1月です。

◆フリーランスを選んだわけ

フリーランスを選んだ理由は、ライフスタイルの変化。

妊娠を機に、会社の期待に応えられなくなり、復帰後も子どもの体調不良などでお休みをもらうことが多くなりました。

「会社の期待に応えられない自分」「業務に支障が出ないような雑務だけをこなす日々」がイヤになり、感情にムラが出るようになってしまったのです。

一方で、自分のやりたいことを実現したいという想いが強くなっていました。

家族とも相談して退職を決め、「フリーランスとして自分のやりたい仕事を、自己責任のもとでやる!」と決意しました。

⒉ フリーランスになって最初にやるべきこと

◆やりたいことをいくつかピックアップしよう

自分がやりたいことを絞るのってなかなか難しいですよね。

すでに好きなことがある方は、ぜひ、それを仕事にする方法を考えてみてください。

好きなこと、やりたいことが複数あるという方は、無理に絞る必要はありません。

私の場合、「これまでやってきた自信のある業務」と「これから力を入れたい業務」を仕事にしたいと思い、開業届には以下の3つの事業を書きました。

・ライター/編集業務

・広報PR業務業務

・バックオフィス業務

好きなことややりたいことが見つかっていない方は、まずSHEの講座をのぞいてみてください。

ほんの少し興味があることをほんの少しやってみることで、“好き”が開花することもありますよ。

◆開業届を出そう

事業が決まったら、いよいよ開業届を作成して税務署に提出します。

開業届(正式名称:個人事業の開廃業届出書)とは、個人事業をはじめたことを税務署に申告するための書類です。

個人事業主には、利益が出たときに所得税、事業規模が一定を超えたときに個人事業税、課税事業者に該当するときに消費税の申告書を提出する必要がありますので、覚えておきましょう。

開業届の提出は法律で義務付けられています。

提出をしないことによる罰則はありませんが、税制上のメリットを受けられるので提出してくださいね。

⒊ 開業届を提出する方法

◆最も簡単な方法は『開業freee』を使うこと

開業届のどこになにを記入するのか分からない方のために便利なのが『開業freee』

「仕事の概要」「事業開始予定日」「屋号」「収入予定額」「確定申告の種類」「仕事をする場所」「従業員や家族に給与を支払う予定」を入力すれば、自動的に必要な書類を作成してくれます。しかも無料で!

入力が終われば、できあがった書類をダウンロードしてプリントアウトします。

記入の説明書も出力されるので、迷うことがありません。

アカウントを登録する必要はありますが、GoogleアカウントやSNSアカウントでもログインできます。

『開業freee』を使わないときは、最寄りの税務署で受け取るか、国税庁のホームページからダウンロードすることも可能です。

◆屋号は付けても付けなくてもOK

個人事業でいう「屋号」とは、事業を行う上での名前です。

例えば、お店の名前(◯◯商店、アトリエ△△ etc…)などが屋号にあたります。

屋号は必ずしも付けないといけないものではありません。

開業届には屋号の記入欄がありますが、空欄でも提出できますので安心してください。

◆郵送 or 持ち込みで提出しよう

できあがった書類は、郵送か持ち込みで税務署に提出します。

すでに税理士と契約を結んでいる方は、税理士経由で提出することも可能。

税務署が遠方にある、時間が取れない、税務署が混み合うときは、時間をムダにしないためにも郵送しましょう。

⒋ これから副業やフリーランスをはじめる人に伝えたい注意点

◆開業から1ヶ月以内に提出しよう

開業届を提出しないことでの罰則はありませんが、所得税法には「個人事業を始めるには事業開始等から1ヶ月以内に管轄する税務署に開業届を提出しなければならない」と明記されています。

のちに銀行口座を作るときにも控えが必要になりますので、期限内に提出するようにしましょう。

◆郵送の場合、控えも必ず同封しよう

『開業freee』を使って開業届を作成すると、控えも一緒に作成されます。

画面に「控えも同封してください」と書いてあったにもかかわらず、私は控えを同封せずに発送してしまいました……。

本来、税務署の受領印が押された控えが手元に残るはずで、その控えが個人事業主の証明となります。

のちに銀行で事業用口座をつくる場合にも必要です。

控えを同封しないと無事に受領されたかも分からず、事業用の銀行口座も開設できないこともあるのでご注意を!

もちろん、控え用の返信用封筒・切手も忘れずに同封してくださいね。

◆所属している会社に副業がバレる可能性も

副業を行うときは要注意。

会社が副業を禁止していないかどうかは、就業規則で事前に確認しましょう。

会社にお勤めで住民税が給与から引かれている方は、会社に副業がバレてしまう可能性が高くなります。

理由は、会社に住民税額が通知されるからです。

副業を行っている場合は、住民税が他の人に比べて高かったり、低かったりします。

ここで気付かれる可能性があることは、頭にとめておきましょう。

◆保育園に通うお子様がいらっしゃる方、出産を控えている方

保育園の継続や入園申込には、保護者の働き方が大きく関係します。

最近、大阪府高槻市の保育園募集要項が改編され、個人事業主の選考ポイントが下がったことが子持ちフリーランスの間で話題になっていました。

フルタイムの本業を持ちながら副業を始める方は問題ありませんが、フリーランスを目指す方はご注意ください。

フリーランスを選んだ私の場合、第2子を保育園に入れるためには最低でも月15.6万円以上を稼がないと、保育園入園の最低ポイントには届きません(居住している区の規定、これまでの選考基準となるポイント、東京都の最低賃金などを勘案)。

保育園や区の規定、請ける案件のボリュームや体調などを考慮しながら、子育てとフリーランスの両立が可能なのかを検討してみてくださいね。

◆その他注意するポイント

その他、金銭面では特に、失業手当がもらえない、健康保険の扶養から外れる、個人事業税がかかる場合がある、なども注意しておきたいポイントです。

開業届を提出するときは、ご家族とも話し合い、家計や今後のキャリアを考えた上で進めましょう。

⒌ 次のステップ

◆青色申告の届出を提出しよう(開業から2ヶ月以内に)

開業届を提出した後は、青色申告の届出(正式名称:所得税の青色申告承認申請書)を提出しましょう。

『開業freee』を使って開業届を作成し「青色申告65万円控除」を選択したときは、開業届とともに青色申告の届出も出力されます。

開業届は開業してから原則1ヶ月以内に提出するものですが、青色申告の届出は時期によって提出期限が異なります。

 

私の場合は8月1日に開業をしているので、9月30日までに青色申告の届け出をする必要があるのです。

◆銀行口座を作ろう

税務署への申告が終われば、銀行口座を作ります。

ビジネス用口座とプライベート用口座は分けましょう。

事業で発生した売上や経費などが管理しやすくなる、確定申告のときの処理が楽になることがメリットです。

ビジネス用の口座を作るときは、開業届の控え(税務署押印済みのもの)が必要になりますので、失くさないように保管しておきましょう。

どの銀行で口座を作ろうか迷ったら、ネット銀行が便利!

特に屋号付き口座をつくるときは、書類やエビデンスが多くなり、審査が必要なことも。

窓口に行かなければ口座を作れないこともあるようです。

銀行の知名度にとわられずに、あなたに合った条件の銀行で口座を開設しましょう。

屋号が付いていない口座をつくるときは、個人口座を作成したものをビジネス用として使って問題ありません。

いかがでしたか?

「開業」と聞くと、難しいイメージをお持ちの方もいるかと思いますが、作成は自宅のPCで簡単にできるのです。

私が開業届をポストに投函するまでにかかった時間は、徒歩も含めてトータルで30分ほど!

これまで1歩踏み出す勇気がなかった方も、半歩先ならきっと進めるはず。この連載に沿って、一緒に半歩ずつ前へ進んでみませんか?

▶︎執筆 鷲見 真衣

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami