好きを仕事にする!女性におすすめ、安心の副業5選

副業・フリーランス

昨今、好きなことを仕事にしたい人が増えています。それでも、さまざまな理由から踏み込めないこともあるようです。

そこで、まず副業として好きなことを仕事にしてみませんか?

本記事では、好きなことを‘‘副業”として実現するメリットや、おすすめの副業ランキング、副業で成功して活躍されている女性たちをご紹介します。副業に興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね。

女性に副業がおすすめの理由

好きなことを仕事にしたい女性に、副業をおすすめします。その理由は、女性はライフステージによって働き方に変化が起こりやすいからです。

結婚、出産、育児と多くのライフイベントを迎えて、生活と働き方に大きな変化があるかもしれません。ずっと働きたいと心に決めていても、健康面や待機児童問題などさまざまな理由で収入が減ったり、退職が余儀無くされる可能性もあります。

もしかすると、ネガティブな理由に感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、好きなことを副業として仕事にしていれば、生活スタイルに合わせて時間や場所の自由度が高い環境で働けるのです。

人生が豊かになるといったポジティブな理由はもちろんのこと、働き方の選択肢が複数あることは大きなメリットですよね。

女性でも安心。好きを仕事にできるランキング5選

好きなことで副業を始めたい。けれど、知識や技術を身につけるための安心安全な道がわからない……。と悩んでいる女性も多いでしょう。

そこで、好きを仕事にできるランキングと併せて、SHElikesのレッスンもご紹介します。

SHElikesでは、今女性に人気なジャンルのレッスンを豊富に揃えています。女性だけの空間で一流の講師から学べるので、安心して知識や技術を身につけられますよ。

【第1位】Webデザイン

プランニングからワイヤーフレーム設計、デザイン、コーディングなどを行うWebデザイナーは、女性の感性を活かせるお仕事の1つです。

これからWebデザインを学びたい方は、SHElikesの「Webデザイナーコース」を受講してみてはいかがでしょうか。コースの中でも圧倒的な人気を誇り、毎回満席となっています。

現場で活躍するプロの講師のもと、安心安全な場所で学ぶことができるため、女性から絶大な支持を得ているのです。

SHElikesのWebデザインコースを経て、Webデザイナーとして活躍されている女性が多くいらっしゃいます。ぜひ、以下の記事をご覧ください!

【第2位】ライター

最近ジワジワと人気が出てきている、ライター。クライアントから依頼を受け、ニュースやコラム、インタビュー、広告などを書くお仕事です。

特にWebライターは、育児中のママさんや今後キャリアチェンジをしたいと考えている女性にも人気のようですね。

SHElikesの「ライターコース」では、プロのライターさんが文章の書き方、企画の立て方や取材方法について教えてくださいます。課題の添削もしていただけるので、安心して学べますよね。

SHElikesのライターコースを卒業した方の体験談や、フリーライターになる方法については以下の記事をご覧ください。

【第3位】エンジニア

IT業界の「縁の下の力持ち」である、エンジニア。工学(エンジニアリング)に関する知識とスキルを用いて、システム設計・開発をしたり、機能を実装したりします。

著しい進歩を遂げるIT技術に興味関心を持ち続け、情報収集や勉強に力を注げる人や、緻密な作業をコツコツと続けられる人が向いており、最近では女性エンジニアも増えているようです。

とはいえWeb・IT業界全体では深刻なエンジニア不足が続いており、安心安全な状態で仕事に取り組めるよう環境を整える企業も増えているとのこと。

これからIT業界で副業を始めたいと考えている女性にもおすすめの職種ですよ。

【第4位】フォトグラファー

感性を活かし、自分の見ている世界を表現できるカメラ。SNSの普及により、趣味でカメラを始める女性も急増していますよね。

もしあなたが自分の感性を活かして働きたいと考えているのなら、フォトグラファーを目指してみませんか?

フォトグラファーのお仕事内容は、クライアントから依頼されて取る商業写真と、個性を思う存分発揮できるアート写真に分けられます。フォトグラファー個人の色や世界観が見えるアート写真でファンがつくことが多いようです。

とはいえ、何も知らない状態から独学するのは不安ですよね。

そこで、SHElikesの「カメラ・写真コース」をおすすめします。プロのフォトグラファーから写真のフィードバックをいただきながら、綺麗な構図やlightroomでのレタッチ方法について学べますよ。

現フォトグラファー女性たちの人生観、仕事観を知りたい方には、以下の記事がおすすめです!

【第5位】イラストレーター

クライアントから依頼を受け、趣旨に合ったイラストを描くイラストレーター。

お仕事の内容はWebや雑誌、広告やゲームなどさまざまですが、どんなお仕事においても依頼に沿うのはもちろんのこと、自分だけの色や個性を出したイラストを求められます。

絵を描くことが好きで熱中できるのなら、まずはSNS等で発信してみてはいかがでしょうか。

現イラストレーターへのインタビューや、イラストレーターの収入・案件獲得方法は以下の記事をご覧ください!

ロールモデルをご紹介!副業で活躍される女性たち

これまでSHEsharesでは、副業で活躍されている女性たちをご紹介してきました。皆様とても熱い想いをもち、それぞれ‘‘好きなことを仕事にする”を実現されています。

副業を通して見えてくる人生観やキャリアステップの道筋を伺い、その言葉に希望を抱いた女性も多いでしょう。

そこで改めて、副業で活躍されている女性たちをご紹介させていただきます。

1. 新しいライフスタイルを提案するシェアリングエコノミー伝道師・石山アンジュさん

シェアリングエコノミーを通じた「新しいライフスタイルを提案するシェアリングエコノミー伝道師」として活動している、石山アンジュ(いしやま・あんじゅ)さん。

耳にしたことのある方も多いと思いますが、シェアリングエコノミーとは、個人がもつ資産やスキルを共有・交換して有効活用する仕組みやサービスのことです。

大学卒業後新卒で入社後、大手法人営業に従事したのちに現職に就きました。現在は、7つの肩書をもちながら、個人が自由にキャリアを選択できる社会の実現を目標に活躍されています。

副業は、石山さんのように好きなことを仕事にする憧れの働き方ができ、自分の可能性を広げる道の一つ。副業のメリットを最大限に活かして、理想の働き方を目指してみてはいかがでしょうか。

最大のメリットは、まず市場評価で自分を捉えることができること。やはり1つの企業に属していると、自分に対する評価はその一企業の中でしか捉えられません。自分がどれだけ成長したか、どれだけ社会にインパクトを与えられているのかということは、なかなか見えにくいですよね。でも複数の企業に属したり、まったく異なる業界の人たちと仕事をしたりすることで、より市場評価に近い自分の価値やポジションを俯瞰して見れるようになると思います。

もう1つは、成果で仕事を捉えられることです。自分のやりたい仕事について「いくらで、こういうふうにやりたいです」と最初に握る交渉力が必要で、自分のお給料をあげるのは自分。そういう意味では、成果で仕事を考えることができると思っています。それに従って交渉力を鍛え、自分のやりたいことだけを洗練して仕事をすることができます。

「個人が自由にキャリアを選択できる社会へ。」パラレルキャリアを実践して見えた、自分らしさが生きる働き方とは。より引用

2. 週5日会社員として働きながら、ブランドを運営されている大井比紗子さん

会社員として働きながら、サシェのブランド‘‘ボタニックサシェ”を運営している大井比紗子(おおい・ひさこ)さん。

サシェの販売、ワークショップの開催、サシェに関する雑誌の特集記事監修を務めるなどして活躍されています。

SNS投稿や投稿用の撮影、ワークショップの内容やサシェのデザインを考えるときも、隙間時間を上手に活用していらっしゃるんです。

タフで強い精神とフットワークの軽さで、一見難しそうな二足の草鞋スタイルをこなす大井さんの姿は、時間的拘束があっても副業で成功する道があると勇気付けられます!

会社員という大きな軸があるからこそ、色々なことにチャレンジしやすい環境でしたので。たまに「独立しないの?」と聞かれますが、会社員としての自分も好きだし、平日の仕事も楽しいんですよね。ですので、この二足の草鞋スタイルが今の私には合っているんだと思います。

私もここ最近気づいたことなのですが、色々な経験をしてきた大人になればなるほど、自分の居心地の良い環境にばかり身を置きがちになると思うんです。何かを始めるということは居心地の良い場所から一歩飛び出してみるということ。そんな時に感じる“緊張”や“不安”という気持ちさえも「お!私は今成長している途中なんだな」と客観的に捉えることができたら、きっともっとフットワーク軽く「やりたいこと」に挑戦出来るのではないかと思いました。

週5日会社員として働きながら、ブランドを立ち上げた方法とは。幸せなパラレルキャリアのススメ。より引用

3. 知識も技術もすべて独学で得たアートディレクター・デザイナーの‘‘YOPPY’’さん

2社でアートディレクター・デザイナーとして活躍されているYOPPY(Yoshiko Tanaka)さん。

新卒で入社したIT企業では企画職に就き、平日の夜と土日にデザインの副業をされていました。もともとイラストを描くことが趣味だったそうです。

就活の際、Webデザイナーか広告業界を志望していたそうですが、デザインだけでなくコーディングの知識も必要とされることにプレッシャーを感じて別の道に。

副業でデザインの仕事をするうちに本業にしたいと思うようになり、1年間仕事の実績を積みました。その後、晴れてデザイナーに転身。副業として続けることで巡ってきたチャンスを掴めるんですね。

やりたいことを仕事にしているので、仕事が嫌だと思うことはあっても、一度取り掛かると楽しくて夢中になってしまいますね。完成まで突っ走るんです。出来上がったデザインやアイデアは、自分の中から魔法の粉を絞り出すような感覚。完成した後の自分はヘロヘロでボロボロですが、公開した後のクライアントや世間の反応を見ると「この仕事をやっていてよかった」と幸せを感じます。

私のモットーは「楽しく生きる」。悩んだ時は、わくわくして楽しそうだなと思える選択をしています。もちろん、いつも楽な道を歩けるわけではなく、辛い時もたくさんあります。そういう時は自分を成長させるチャンスだと思って、成長した先の自分や状況を想像することでモチベーションに繋げているんです。わくわくすることに囲まれて生きていきたいですね!

「人生はマイクラ。あなたが思うように、自由に生きて」。企画職に就きながらデザインを独学したアートディレクター・デザイナーの‘‘YOPPY’’が謳う、チャンスの神様を逃がさない生き方より引用

まとめ

好きなことを仕事にしたいと思っても、これからの道を具体的に想像できなかったり、理想とするモデルがなかったりすると、不安で踏み出せませんよね。

ですからまずは、今の生活で「好き」を副業として始めるメリットを書き出してみてはいかがでしょうか。

メリットが大きく、どうしてもやってみたいと思うのなら、副業で活躍されている女性のインタビュー記事を読んでみてください。きっと勇気が湧いてくるでしょう。

副業を始める方法がわからないのであれば、SHElikesの「複業・フリーランスコース」を試しに受講してみるのもおすすめです。

あなたの心に生まれた「好き」を、これからはもっと大切にしていけたらいいですよね。

SHElikesの体験レッスン予約はこちらから↓

関連記事一覧

ライター育成します