【SHElikesレッスンレポート】広報初心者でもわかる広報のはじめ方「#広報ことはじめ」〜日々のライフハックから副業のあれこれまで〜

コラム

7月21日(土)SHEworks にて広報初心者向けレッスン、「広報初心者でもわかる広報のはじめ方 #広報ことはじめ 〜日々のライフハックから副業のあれこれまで〜」が開催されました!

講師は、会社員でありながらフリーランスで広報活動も行う「こりん」の愛称でおなじみ、大崎 祐子 先生です。 ( Twitter @yukoi_osaki )


普段はフルタイムで会社員として働きながら、副業として、スタートアップやベンチャーの広報としてご活躍中。最近では定期的に、広報初心者向けの勉強会「#広報ことはじめ」を開催されています。

当日は、現在広報のお仕事をされている方や、広報の仕事に興味をお持ちの方、転職活動中の方や大学生など幅広い層の参加者が集まりました。


参加できなかったみなさんも、こちらの記事をチェックしてぜひ参考にしてみてくださいね!

広報の仕事と出会ったきっかけ


まず最初に、大崎先生が広報の仕事と出会ったきっかけを教えて頂きました。

大学在学中に特に熱中することがない時間をすごしている自分が不安になり“何か必死になれるものが欲しい” といくつかの会社や団体でインターンをしていました。色々な人と仕事をしたり繋がっていった縁で、当時ファッションデザイナーとして活躍していたハヤカワ五味ちゃんのマネージャーを経験させていただきました。

 

当時は私は熊本に住んでいたので、“リモートワーク(※1)” でのお手伝いではあったのですが、五味ちゃんが立ち上げたブランドが好評で、大学との両立もありとにかく忙しいそうだったんです。「私にできることは何か?」と手探りでサポートしていく中で、初めてプレスリリース(※2)を書いたのもこの時でしたね。

 

もともと書くこと、まだ世の中やまわりの人が気づいていない魅力を発信することが好きだったのもあり、色んな方々と仕事をしていく中で「私のやりたいことは広報という仕事なのかもしれない」と気付くことができました。

※1リモートワーク:在籍する会社のオフィスに出社せず、自宅やレンタルオフィスなど、会社から離れた場所で業務を行う勤務形態。

※2プレスリリース:企業などが、報道関係者に向けて行う発表や、そのために配信する情報。
昔からブログを書いたり、自ら学級新聞を作ったりと、自分の良いと思ったことを知ってもらうことが好きだったそうです。
そんな大崎先生から、今回は広報の仕事についてはもちろん、本業と両立する上でも大事な役割を担っている、“ライフハック” についても、教えていただきました。

目次


▶︎広報の仕事とは?
▶︎広報活動をする上で求められる力とは?
▶︎広報未経験の人におすすめのSNS活用法
▶︎プライベートも充実させるためのライフハック


広報の仕事とは?

広報は英語でpublic relations(パブリック・リレーション)。その略をPRと言います。
広報の目的は、社会との関係を構築することであり、宣伝やプロモーションとは、似ているようで若干異なります。
また、広報といっても、大きく分けて5つの発信先があり、それぞれ伝える内容も異なります。

企業に必要な5つの広報

・採用広報

…自社のサービスや会社のことを採用候補者の人に知ってもらうための広報

 

・サービス/事業広報

…ユーザーやパートナーにサービス/事業のことを知ってもらうための広報

 

・企業広報

…会社としてのビジョンやミッション、未来について社会全般に知ってもらうための広報

 

・社内広報

…社内にどんな人がいるのか、どんな仕事をしているのか? 会社のことを社員自身が知るための広報

 

・IR/ロビーイング活動

…投資家への発信や法律をはじめとした世の中の動きをかえるための活動・広報

スタートアップにおいては、いきなり採用のための発信するよりも、どんなサービスなのか、会社としてのミッション・ビジョンを整理して、どんな人にどう思ってほしいか、を、 “言語化” し、メッセージをつくっていくことが必要だそうです。

広報活動をする上で求められる力とは?

広報に求められる力は全部で8種類。

これらを踏まえ、大崎先生が思う「広報活動をする上で大事なこと」を教えていただきました。

広報活動をする上で大事なこと

・誰に、何を、どう思って欲しいか読み手の気持ちになり発信すること

 

・いつ、どこで、誰が、どういうメッセージを発信するべきかを考えコントロールすること

 

・必要な人と必要なタイミングでコミュニケーションを取ること

 

・広報一人が頑張るのではなく、トップをふくめ、組織全体として広報視点を持ち合わせていること

 

・広報戦略や目標を設定し、定期的に見直すこと

 

・会社やサービスとしての不祥事やクレームがきた際に、どう対応するか、炎上しないような守りの対策も必要!

広報未経験の人におすすめのSNS活用法

広報未経験の人・発信がまだまだ得意でない・好きではない人は特に、自分の発信したことが誰かの役に立つ原体験をすることが、効果的だそう。

そのためにもおすすめなのが、「自分の広報」をSNSを使って行うこと。大崎先生いわく、「自分の広報が上手な人は、企業の広報も上手にできるはず」だそうです。

個人で広報の仕事を獲得するために

⑴ 自分の好きなこと、自信を持って発信できることを洗い出す

⑵ 近くにいる10人に伝える感覚で⑴を発信する

⑶ 筋トレと同じように、見本となる人を見つけ、真似をし、ひたすら繰り返す

⑷ どういう投稿をしたらフォローしてくれるのか、クリックしてくれるのか研究する

⑸ フォロワーのプロフィールを見るなどして、どういう人がフォローしてくれたのか研究する

⑹ 自分の得意不得意を知る。他の人からヒアリングするのも◎

⑺ ⑹を踏まえ、自分がどういうことを提供できるか発信する

(大崎先生も、Twitterの投稿がきっかけでお仕事の依頼が来るそうです)

⑻ やりたいことと、ニーズがありそうな人と繋がる。

(オンライン上でのやりとりだけでなく、ランチにお誘いしたり、直接話すことも大事)

⑼ 他にも、自分の活動について応援してくれる人をたくさん作る

プライベートも充実させるためのライフハック

会社員と副業の両立というと、一見プライベートの時間も無い大変なイメージですよね。
しかし驚いたことに、副業に使っている時間は、週10時間ほどなんだとか。

▼大崎先生の1日のスケジュール例

昔は単発での仕事をたくさん受けすぎて、キツイ時も…。その経験から、社内事情も把握し、擦り合わせも短時間で完了する長期的な案件を中心に受けるようになったそうです。

他にも、価値あるアウトプットを提供できるように、日頃から良質なインプットをすること。
仕事と同じように家事も、何がストレスの原因か把握し、解消する“仕組みづくり” をすることで、頭を使わず楽にこなすことができているそうです。
最後に、一人ずつ質問にも答えてくださり、学びの多かった素敵な講座でした!

大崎先生、ありがとうございました(^-^)

SHElikesでは、今後も好きを仕事にするためのレッスンを開催していきます。お楽しみに♡

最後に、大崎先生からのお知らせです。

今回お話ししていただいた「#広報ことはじめ」の内容も記載されているnoteです。広報が上手な会社の例も勉強になります!

https://note.mu/koooooorin/n/n23a6abc9cede

こちらもぜひチェックしてみて下さいね。

Top,1,3,5,6枚目 Photo:矢野 拓実 @takumi YANO_

レポート作成:SHEshares 寺重

 

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami