• HOME
  • 記事
  • コラム
  • 新拠点オープン記念『SHEfestival』で公開された、新生SHEの新たな魅力とは?!

新拠点オープン記念『SHEfestival』で公開された、新生SHEの新たな魅力とは?!

コラム

2018年6月16日(土)、SHE株式会社はさらなる事業拡大と顧客体験の最大化を目的に、表参道の新拠点に移転いたしました。

これまでSHEを活用してくださった愛すべきSHE会員の方々へ、そしてSHEに興味を持ってくださった方々へ。

みなさまと一緒に今後ワクワクする未来をともに作っていくべく、新しい拠点のオープンを記念して、同日移転祝いのパーティー『SHEfestival』を開催!

その模様をSHEshares編集部が余すところなくお伝えいたします。

新拠点は、SHEの世界観を堪能できる真っ白な空間に

表参道駅A4出口より徒歩約5分。おしゃれな雑貨屋さんや住宅が並び立つ閑静な街角にたたずむ、真っ白な一軒家がSHEの新たな拠点となりました。

気になる拠点の中身はというと…B1階〜3階までの4階建て仕様に。3階の天井からは自然光がやさしく差し込み、明るい印象の空間になっています。

SHE新拠点オープンを記念して、6/16『SHEfestival』を開催!

この度開催された『SHEfestival』では、なんと約100名にお集まりいただき、新しいSHEの拠点全体を使って参加者のみなさんが楽しめるコンテンツをご用意いたしました。

当日のタイムスケジュールはこちら↓

SHElikesのレッスンが体験できるワークショップや、第一線で活躍している女性たちのトークセッション。そして、参加者のみなさんそれぞれがネットワーキングできる交流の場もしっかり用意されていましたよ。

それでは、大盛況のSHEfestivalのはじまりはじまり!

15:30 受付スタート!

参加者のみなさんが、すこし緊張した面持ちでSHEの新拠点へ…。「おしゃれ〜〜!」「かわいい〜」などの声もちらほら聞こえてきました。

会場20分ほどでこんなにもたくさんの方々が!
それぞれ自発的に会話が生まれ、会場全体が華やか&和やかな雰囲気となっていきました。

16:00 SHEfestivalオープニング

多くの参加者の方々が集まってきたところで、代表の中山と福田の挨拶によりパーティース開始の合図が。

「新しく生まれ変わった拠点を活かして、今後参加者のみなさまに一層満足いただけるコンテンツを提供し続けたい」と冒頭から熱い決意表明で始まりました。

その後の自己紹介タイムでは、まわりの参加者のみなさんとお仕事や好きなことの共通項を見つけ、さっそく盛り上がっていましたよ。

*リードオフジャパン社ご協賛のもと、SHEfestival参加者のみなさんへ特別にフォトジェニックな飲料「アップルタイザー」が配布されました!アップルタイザーで喉を潤しながら、女子トークはぐんぐん進みます。

SHE誕生から約1年2ヶ月のあゆみを振り返ったあとは、参加者のみなさんで待ちに待った乾杯を!熱狂的な半日、SHEfestivalの火蓋が切られました。

SHElikesレッスンをつまみぐい体験。大好評のワークショップ

オープニング終了後は、SHElikesの人気講師によるレッスンを体験できる30分ほどのワークショップを計4種類実施。

新拠点の1F〜3Fをフルに使って、事前予約いただいたワークショップを体験いただきました!

16:30 ワークショップ① 〜オリジナルアロマスプレーづくり〜

まず1つ目のワークショップは、SHElikesにて複数回ご登壇いただいている小島あり彩さんによるアロマスプレー作りのレッスン。ワークショップが開催されていた3Fは、あたり一面いい香りに包まれて幸せ気分でした…。

みなさん、自分が落ち着く香り、お気に入りの香りを真剣に探しています…。お仕事中にリフレッシュしたいとき、一日の疲れをとりたいとき、自分だけのオリジナルアロマが癒しを与えてくれるはずです。

16:30 ワークショップ② 〜パーソナルカラー診断〜

今、日本中の女性たちが気になっていると言っても過言ではない「パーソナルカラー診断」。講師の西原民子さんより、パーソナルカラーの説明をおこなっていただいた上で、特別にパーソナルカラー個別診断を実施いただきました。

みなさん、色とりどりのカラー表やパーソナルカラー診断の様子に興味津々。カラフルな色彩もあいまって、2Fの会場が明るく映えていました。

17:00 ワークショップ③〜オリジナルサシェ作り〜

ワークショップ3つ目は、インテリアに活用したいおしゃれなサシェ作り。講師の大井比紗子さんがご用意くださったお花やフルーツを使って、思い思いにオリジナルのサシェを作っていきます。いざ創作タイムに入った途端、みなさま表情は真剣そのものに。

見た目も香りも華やかなボタニカルサシェ。ほんのりとした衣類の香りづけに、観賞用のインテリアに…さまざまな用途で使うことができるのも嬉しいところですよね。

17:00 ワークショップ④〜ロースイーツ作り〜

対して1Fでは、こちらもSHElikes人気レッスンであるHALUさんのロースイーツ作りが開催されていました。

当日HALUさんが作っていたのは、チョコミントを用いたロースイーツのケーキ。今回のワークショップでは、こちらのデコレーション部分を参加者のみなさんに体験いただきました。

甘くて美味しいのに、ヘルシー。そんな魔法のようなおやつ「ロースイーツ」は、味も見た目も大好評!参加者のみなさんで完成したロースイーツの写真を撮りあって、美味しく堪能されていました。

2F・3Fには豪華なケータリング&交流スペースを。

ワークショップを実施している間にも、参加者の方々の交流の輪は大きく広がっていました。ワークショップの傍ら、2Fと3Fにはスイーツや飲み物のケータリングと、そこを中心とした交流のスペースを用意。

(食べるのがもったいないくらい)美しいスイーツと、キャンディコットンローズウォーターを片手にご歓談を楽しんでいます♩

*こちらの可愛らしいカップケーキ、クッキーは「My little days」「sachi & cakes」芸術教育士・ケーキデザイナー太田さちかさんにご提供いただきました。ありがとうございます!

すでに友達どうしの方だけでなく、初めての方もすっかり打ち解けていているご様子。中には、お互いのキャリア相談をしている方も!?

普段の友達にすら話せない、真剣な話ができる仲間を見つけられるのもSHEコミュニティーの魅力のひとつかもしれませんね。

第一線で輝く女性3名による「個を活かした働き方」トークセッション

ワークショップと参加者どうしの交流で盛り上がったあと、18:00からはいよいよ終盤のコンテンツへ。SHE1周年イベントでも好評を期した同世代女性によるトークセッションをSHEfestivalでも実施いたしました!

今回ご登壇いただいたのは、それぞれ第一線で輝くこちらの3名の女性たち。会社の中でも外でも「個」を活かした働き方のヒントをいただきました。

ダイジェスト版として、お三方の「好きを仕事にするための秘訣」をご紹介させていただきます🕊

人と人、職種と職種の「融合」がキーワード

「人気女性メディア『TRILL』プランナーの原千春さん」

好きなことを仕事にするために大切なことは、3つあります。1つは、自分にない才能を持っている人とたくさん会うようにすること。自分の中で「こういう生き方はありなんだ」と選択肢が増えていって、自分の可能性を広げることができます。

2つめは、あまり1つの職種にこだわらないことですね。たとえば、編集者とマーケターの間になろうみたいな。新しい職種を自分で作っちゃって、それを突き詰めていったら競合ってあまりいないんですよね。今、私自身もその軸を増やしていっているところです。

3つめは「意外とイケる」っていうマインドを持ち続けること。「これとこれするの時間的に無理じゃない?」といったアッパーは引かないです。やってみてダメだったら、そのときに変えてみればいい。

人の役にたっているからこそ、その仕事が好きになる

「美人すぎるワーキングママこと、大橋菜央さん」

人の役に立てているかどうかを意識しています。仕事って趣味ではないので、人の役に立てないと本来お金はもらえないはずなんです。人の役にたって、その仕事に一生懸命向き合っていれば、だいたいその仕事のことを好きになるんですよ。好きだからやってるんじゃなくて、やっているうちに好きになっていく。自分が与えられた仕事をただこなすのではなくて、自分の最大の価値を発揮するのが大事なんだろうなと。
あとは、どうやったら自分がご機嫌で働けるかどうかを知っているかどうか。何があれば自分がご機嫌になれるのかを知り、その時間を絶対にとるって決めちゃうことですね。そこから、どうすればその時間を取れるのかを考えるんです。

研究を深め、発信の機会を増やすこと

「SNSブランディングコンサルタント、OKINAWAHOLICプロデューサー すながわせーらさん」

私が好きを仕事にするために意識していることは2つあります。「研究」と「発信」です。私自身もSNSが昔から上手だったというわけではなくて、学生のときからずっとSNSに向き合っていたんですよね。周りのインフルエンサーの方を見ても思うのですが、みなさん天性の才能で光を浴びたのではなくて、地道に自分のアカウントに向き合って「どうやったら伝わるのか」を研究している人が多いということがわかって。
好きなことを趣味で留めるのか、仕事にするのかの違いはその研究量だと思っています。ただ、自分で研究しているだけではなくて、今自分が考えていることを発信しなければ意味がないなとも思っていて。発信することによって、直接クライアントから依頼が来るときもあれば、誰かが紹介してくれるときもあります。自分が思ったこと、考えたことは発信したほうがいいなと思っています。

女性たちを前向きにさせる、素敵なトークセッションをありがとうございました!

*トークセッションフルバージョンはこちらから*

SHE=夢を本当に叶える場所

楽しい時間はあっという間に過ぎ…いよいよSHEfestivalも閉幕です。

最後に取締役の福田から、みなさんにとって「SHEがどういう存在でありたいのか」を真摯に伝えさせていただきました。

『SHE=夢を本当に叶える場所』

ディズニーランドは夢を見せてくれるけど、ランドから出ると現実に戻る。
でもSHEは、そこに来ると夢が現実になる場所になりたい。
小さな頃からの夢をもう一度思い出して、そこに向かってもいいんだ、と
背中をそっと押してあげられる場所でありたい。

SHEに来ることで「好きなこと」を思い出すことができ、そこに向かって突き進む道筋を一緒につくっていく…。そんな存在に、SHEはなりたいのです。

新拠点に移り、こんなにも多くの女性たちが集まりお互いをエンカレッジできる環境になったからこそ、その決意は一層強固なものになりました。

ご参加いただいたみなさま、今後ともよろしくお願いいたします!!

最後はお決まりの写真撮影で締め、終始きらびやかな雰囲気で会を締めくくることができました。

みなさまとの素敵な出会いを心よりお待ちしております。

SHEshares編集部

花田

SHE shares
フォロー

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami