• HOME
  • 記事
  • インタビュー
  • 「考えていることがあれば、まず、手足を動かしてみる。アイデアがある時点でアドバンテージ。」鎌倉発!日本茶エンターテインメントを発信する若き社長の仕事観

「考えていることがあれば、まず、手足を動かしてみる。アイデアがある時点でアドバンテージ。」鎌倉発!日本茶エンターテインメントを発信する若き社長の仕事観

インタビュー

海に近い家で、家族と仲良く、自分がトコトン打ち込めることを仕事にして、自分の会社・店をもつ。そしていつしか日本の伝統産業や多くの関わる人を幸せにする。そんな「 夢 」と言える仕事を持ちたいと考える人も多いのではないでしょうか。

今回インタビューに答えていただいたのは、鎌倉発・日本茶エンターテインメントを発信する、株式会社Third Bay代表の三浦健さん。スタイリッシュかつ、本物の産地からの日本茶の味をお客様に届け、OPENから沢山のメディアに取り上げられ続けている人気店のオーナーです。「ドラフトティー」をはじめとして、新しい切り口の日本茶スタイルは、日本茶業界のみならず、各方面から広く注目されています。そんな三浦健さんに、21世紀を生きる女性のためのレッスンクラブSHElikesでのご登壇に先立ち、お仕事へのマインドや人生観・仕事術をお伺いしました。

1、「 決めたら即行動。迷いを吹き飛ばす、三浦流スピード仕事術 」

ー今日は、三浦さんが運営していらっしゃるCHABAKKA TEA PARKSにお邪魔させて頂いております。スタイリッシュでかっこいい日本茶が並ぶ店内がすごく素敵で圧倒されております。店内を見ただけで感じる洗練されたセンスを持っていらっしゃる三浦さん、ぜひまずは、これまでの経歴を教えてください。

今は、株式会社Third Bay代表として、日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」の運営をしています。
そこに至るまでの経歴としては、まず新卒で、サザビーに入社しました。その後2009年に、アパレル企業の株式会社TOKYO BASE(旧STUDIOUS)へ参画。立ち上げメンバーとして、メンバーが5~10人しかいない時から寝る間を惜しんで事業を育て上げました。

TOKYO BASEでは、創業から東証一部上場までの中心メンバーとして携わり、事業部マネージャーとして店舗運営・商品企画・人材育成・新店舗の立ち上げなど幅広い分野で仕事をしてきました。
そして2017年、約15年に渡り携わってきたファッション業界を卒業し、2018年1月23日、遂に自分自身が代表を務める株式会社Third Bayを設立して、日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」の旗艦店を鎌倉にOPENしました。

「chabakka OPEN時 」

ーメンバー5人の会社から東証一部上場まで育て上げたなんて、本当にドラマのようにすごい偉業ですね・・・!なかなか普通の人にはできないパワフルさを感じます。そこまでの結果を残せたご自身の強みはどんなところにあるとお考えですか?

長所でいうと、「いつも先頭に立ってムーブメントを起こしたい」というポジティブな精神ですね。あとはリーダーシップ性でしょうか。
これは18歳くらいの高校や学生時代から変わりません。学生時代も、ファッション団体を作り1000~2000人規模のイベントを作ったりしていました。

ー結果の規模がどれも圧倒的ですね・・・!前職でもスタートアップから上場まで参画されていて、学生時代からのリーダーシップ。社長に成るべくしてなったという感じがします。そんな三浦さんですが、起業された際、迷いや不安はありませんでしたか?

日本茶を軸に事業を立ち上げよう!と決めてからは、ネガティブになった事は一度もありません。
10代の頃から、いつかは自分でビジネスをしようと心に決めていたので、迷うこと自体これまでほとんどありませんでした。でも、立ち上げるまでの28〜29歳くらいは、ビジネスモデルがなかなか決まらず、モヤモヤが続いておりました。
しかし生まれがお茶どころの静岡で、かつて所属していたTOKYO BASEでもmade in japan のものばかりを取り扱っていたこともあり、日本の伝統的なものを取り扱おうと心に決めてからは、モヤモヤも全て消え、半年後にはお店をOPENさせることが出来ました。
軸を定めた後はすぐに、クラウドファンディングに挑戦して、資金調達をしました。でもクラウドファンディングは、単に資金調達として捉えていたわけではなく、あくまで、PRの一貫という風に割り切っていました。そして、その事業に対して共感してくれる人を増やそうと、戦略的に行いました。結果、その戦略が功を奏して、OPEN後、次々とマスコミからの取材もいただくことができました。

「代表の三浦さん」

2、日本文化の魅力を自ら発信し、雇用を生み出し、たくさんの人を幸せにする

ー明るく、いつもポジティブな三浦さん。夢に向かって毎日着実に歩まれている印象ですが、今思い描いている一番の夢はなんですか?そしてそのために取り組んでいることがあれば教えて下さい。

今、思い描いている夢は 「 日本の伝統文化の隠れた価値を見出して自ら発信する」そこから、最終的には、産業を活性化して、そこに携わる人の雇用を創出して、関わる人々全体を幸せにすることが夢ですね。
日本茶をハブとして、たくさんの魅力ある日本文化を盛り上げていけたらなと思っています。

「店内での日本茶と向き合う写真」

3、プライベートもとにかく外でインプット。仕事前にサーフィンも楽しみます。

ー仕事観もかっこいい三浦さん。お店をOPENされてから日々お忙しい中、プライベートと仕事をどのように両立されているかぜひ教えて下さい。

趣味がサーフィンやアウトドアなので、いつか湘南や鎌倉に住むことが夢でした。今は遂にその夢を実現して、鎌倉に住んでいます。
仕事前にサーフィンに行くこともありますし、ランニングなどで汗をかくこともあります。基本的にいつも動いているので、休日も家族とイベントに出かけたり、ゴルフ、アウトドアなど外に出ることで、同時にインプットも沢山できますし、刺激にもなります。
先日は、家族で旅行に行ったのですが、その際も実際に茶園を視察に行ってきました。
オンもオフも動いて充実させるのが、自分らしいスタイルです。

「ドラフトティー写真」

4、大切にしていることは「 ポジティブであれ!」これに尽きます。

お仕事前にサーフィンに行くなんて、理想の仕事スタイルですね。オンもオフも充実されているのがとても伝わってきます。ぜひ、これだけは譲れない、人生で一番大切にしていることをお聞かせ下さい。
「 ポジティブであれ!」これに尽きます。
まずなんでもやってみなきゃわからないことって沢山あるんですよ。大丈夫かな?とか失敗したらどうしようとか思っていても仕方がないので、まず、やってみる。そして、知ってみる。ネガティブに考えていても、何も始まらないです。

-力強いお言葉ですね。三浦さんとお話させていただくと、こちらまでポジティブなパワーがみなぎってくるのは、そのような強い軸をお持ちだからなんですね。そんな三浦さんが目指すロールモデルがいらっしゃったら教えてください。

恥ずかしながら、前職の社長が一番のロールモデルです。
この人に憧れるというか、ギャフンと言わせたい!(笑)ものの考え方とか、発想、仕事のスタイルが好きだったんです。よくぶつかったりもしたのですが、2つ上の年齢だった彼は、お兄ちゃんみたいな存在で、とても学びになることばかりでした。

ー素敵な社長だったんですね。三浦さんにそんな風に言われる社長さん、ぜひ直接お会いしてみたくなりました。それでは最後に、今まさに「やりたい事」に向かって一歩を踏み出せずに悩んでいる女性に向けて、メッセージをお願い致します。

考えていることがあれば、まず、「 手を動かして・足を動かしてみる」。
アイデアがある時点で、ラッキーと思って大丈夫です。アドバンテージをもらっているようなもんです。
じゃないと、続かないし、好きなことじゃないと学べないと思うんですよね。難しく考えないで、トライアンドエラーでいくスタイルがいいと思います。

ー思いついたら後はもう行動するだけ、ということですね。三浦さんの力強い言葉に、私自身、すごく勇気をいただきました。三浦さん今日はインタビューにお答えいただき、本当にありがとうございました。

▷三浦さんのレッスン情報

そんな三浦さんがSHElikesのレッスンにご登壇されます!

SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。

レッスン名:「“クラウドファンディング”でやりたいことを実現する! 〜資金集めにとどまらないブランディング構築方法〜

開催日時:2018年6月19日(火)20:00〜22:00

開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)

お申し込みはこちら→https://she-inc.jp/likes/courses/115/lessons/168?utm_campaign=18061920&utm_medium=shesns&utm_source=sheshares

▷編集後記

三浦様の考え方は、気持ちいいくらいにシンプルで、力強く、とても大きな勇気をいただきました。なんでも深く考えすぎずに、とにかく行動してみることが大切なのだと学ばせていただきました。つい目の前にある心配事ばかりを気にしてしまいがちですが、「ポジティブであれ!」という言葉を胸に、一つ一つ行動していこうと思います。

SHEshares編集部 大原

株式会社Third Bay代表取締役

三浦 健(みうら・けん)

日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」代表。2009年、アパレル企業の株式会社TOKYO BASE(旧STUDIOUS)入社。立ち上げメンバーとして創業から東証一部上場までの中心メンバーとして携わる。事業部マネージャーとして店舗運営・商品企画・人材育成・新店舗の立ち上げなど幅広い分野で従事。2017年、約15年に渡り携わってきたファッション業界を卒業。2018年1月23日、自身が代表を務める株式会社Third Bayを設立。同年4月26日、日本茶専門店事業の日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」の旗艦店を鎌倉にOPEN。静岡出身、鎌倉在住。32歳、二児の父親。趣味はサーフィン、ゴルフ、子供との遊びオシャレに楽しむ【日本茶エンターテイメント】をコンセプトに日本茶の新たなスタイルの楽しみ方を国内外へ発信。

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami