• HOME
  • 記事
  • インタビュー
  • 「何かを始めるのに”遅すぎる”ことはない!」笑顔を味方に前進しつづける、スリムフェイスデザイナー・伊藤さんの人生論

「何かを始めるのに”遅すぎる”ことはない!」笑顔を味方に前進しつづける、スリムフェイスデザイナー・伊藤さんの人生論

インタビュー

年齢を重ねるごとに挑戦することを恐れ、億劫になってしまう…そんな風潮がどことなく漂うこの世の中で、”年齢の呪縛”を解いた女性がここに1人。笑顔コーチングサービスREDERE(リーデレ)代表のスリムフェイスデザイナー、伊藤千亜紀(いとう・ちあき)さんは、女性たちが自分の笑顔に自信をもち、社会で一歩踏み出せるようになるために立ち上がりました。21世紀を生きる女性のためのレッスンクラブSHElikesでのご登壇に先立ち、伊藤さんが考える希望あふれる人生論をお伺いしてきました。

1. 自信あふれる笑顔が、女性の活躍を後押しする

-「スリムフェイスデザイナー」という職業の仕事内容について教えてください。

企業や個人のお客さま、特に接客業の方を対象に、笑顔のコーチングや顔を引き締める独自の施術法を手がけています。具体的な活動としては、企業の⼥性対象のクラブ活動として⾝体と⼼を緩めながら美しい笑顔に導く講座や、⾼齢者の介護予防事業として表情筋を鍛えて若々しい表情に導く講座をおこなっています。20代から80代まで、幅広い世代の方々を指導させていただいてます。
自信あふれる笑顔をプロデュースし、その人の魅力を引き出すことが私の仕事です。この仕事を通して携わるビジネスの繁栄、さらには社会全体への貢献につなげていくことを目標としています。

「レッスン風景」

-たしかに、素敵な笑顔をみせる人は魅力的ですよね。人の”笑顔”に着目した理由はあるのですか?

⼤学卒業後に企業の役員秘書として勤務し専業主婦を経て、ホスピタリティーを学ぶためにディズニーランドを経営しているオリエンタルランド社に入社しました。ディズニーランドのキャストとして多くの方と向き合う中で、表情が豊かになると顔が引き締まって⼩顔になること、そして笑顔の⼤切さに気付いたことがきっかけですね。
実は、ディズニーランドで働くというのは42歳の時の挑戦でした。そこでの学びと出会いは、今の仕事に繋がる大きな財産になっています。ディズニーランドで働くまでは笑顔でいられないことも多かったのですが、お客さまやキャスト仲間からもらった輝く笑顔で自分自身変われたと思っています。そしてREDERE(リーデレ)を立ち上げた今、女性の笑顔で輝きを放てるような場や機会を創り出していくことが私の夢であり、実現に向けて動き出しています。

「自分自身がレッスンを楽しむ」

2. 挑戦することに年齢は関係ない

-新しい環境に飛び込み、さらに起業するというのはハードルが高いように感じてしまいます。その点、不安なことはありませんでしたか?

専業主婦をしていた期間が長く、人脈があるわけでもなかったため、 「どういう方法で自分の想いを仕事として伝えていけば良いのだろうか? 」や「好きなことをして仕事として受け入れられるのだろうか? お役に立てるのだろうか?」と不安に思うことはありました。

-まさに「ゼロからのスタート」かと思いますが、どのように今のお仕事に繋げていったのでしょうか。

最初は自分の仕事や想いがうまく人に伝わらず、個人のお客さまからの仕事の依頼をいただくことは困難でした。ただ、あまりあれこれ考えすぎず、自分の信念を持って学ぶこと、行動することが良い出会いやご縁に繋がったように思います。
私の信念は、「その人のありのままの素の輝きを引き出して、とにかく輝かせる」ということ。それには笑顔、健康、心が大切だと考え、この3つに関わることは学び続けています。たとえば笑顔についてだったら、表情筋の使い方を知るためにフェイシャルヨガの資格をとったり、高齢者が笑顔で健康でいるために必要なことを講演会で聴きにいったり…。学びを終えることは、今後もないと思います。
最初の笑顔コーチングのレッスンは自宅で4名からのスタートでしたが、レッスンに来てくださった方が別の施設を紹介してくださったり、学びの場で出会った企業の方から仕事のご縁をいただいたりと、多くの人との繋がりで今があると感じています。
また、小顔施術の技を磨くにあたっては、友人やディズニーキャストの仲間たちが快く練習に協力してくれました。多くの方の協力なくしては、今この仕事は成り立っていません。出会い、学びがあってのことだと思います。

「素の自分を大切に、内側からの輝きを大切に」

-今のお仕事を始めてから、ご自身にどのような前向きな変化がありましたか?また、挑戦前と後で、周囲のご家族や友人の反応で変化があれば教えてください。

48歳を迎えましたが、年齢を忘れるほどに身体も心も変化しました。学ぶこと、行動すること、挑戦することを楽しんでいます。笑顔コーチングや小顔施術を通じてお客さまの内側からあふれる笑顔、輝きを放つ瞬間を見ることがとても幸せで、やりがいを感じています。 悩み迷うこともありますが、「生きてる!一歩一歩、進んでいる!」という気持ちが大きく、前向きな考え方へ転換できるようになりました。家族や周りの友人たちからも、「若々しくなった、輝いているね」といってもらえるようになりました。

-新しい挑戦がご自身の人生にも輝きを与えてくれたのですね。一歩踏み出すにあたって、背中を押してくれたロールモデルのような存在はいましたか?

AICI国際イメージコンサルタント協会東京チャプター前会長であり、KOZU style代表取締役の神津佳予子先生です。元専業主婦だった神津先生は47歳から色彩の勉強を始め、紆余曲折の末に夢を叶えイメージコンサルタントになられました。年齢にとらわれず行動を起こした時期が今の私の年齢に近いこともあり、勇気をいただいています。実際にお会いした時は先生の優しさあふれる輝くオーラと美しさに感動するとともに、「何かに挑戦するのに年齢なんて関係ないわ。私、遅咲きなのよ。」とのお言葉をいただき、当時47歳だった私が力強く一歩を踏み出すきっかけとなりました。

「ロールモデルの神津先生に偶然お会いして緊張している様子」

3. 内側から美を引き出すプライベートの習慣

-仕事面では大きな変化が続いている最中だと思いますが、プライベートの時間にも変化はありましたか?

時間は限られているので、「プライベートとして使おうとしている時間が、本当に必要な時間であるか」をきちんと見極められるようになりました。それが出来るようになってからは、仕事とプライベートの両立で悩むことはあまりないですね。 リラックスしたいときは、何も考えずにワインをぼーっと一人飲みします!

「毎日 自分の手と呼吸だけで、自分の健康とスタイルを保つ」

-仕事があるからこそ、プライベートの時間も充実していらっしゃるのですね。お休みの日は何をしていることが多いですか?

内側からの自分磨きに時間を費やしています。特に固定した休みの日は決めていませんが、 空いた時間はホットヨガに行って、全身の毛穴から汗と不要なものを出しながら身も心も緩めています。また、 美肌作りのための洗顔指導のレッスンを受けたり、パックをしたりもします。普段はノーファンデーション、ポイントメイクのみのほぼすっぴんなので、肌内側からの艶感を出すために洗顔は丁寧におこなっています。
最近では、サウジアラビア人の友人との交流を楽しみました。料理を教えあったり、アラビア語を教えてもらったり、カラオケやホームパーティをしたり…と楽しい時間に繋がっています。 私の友人たちも、サウジアラビア人のみんなとの交流を喜んでくれています。

「サウジアラビアの友人たちとのホームパーティーの様子」

4. 広い心を持ち、社会と深く関わり続ける

-仕事やプライベートを含めて、伊藤さんが人生を通して叶えたいこと、チャレンジしていきたいことをお聞かせください。

社会と深く関わって多くの人に出会い、多くのことを学んでいきたいです。そして今たくさんの方々に与えてもらっていることに感謝しながら、自分が何かを与えられる人になり、広く世界に目を向けて、自分にできることを見つけていきたいです。
広い心を持っていたいという思いから、今までホストファミリーとしてドイツ・アメリカ・ハワイ・中国から留学生を受け入れてきました。そして今年の10月から、新たにドイツからの留学生を迎えます。
日本語を学びたいと思っている色々な国の留学生を受け入れて、日本を好きになってもらいたいですね。44歳のときに取得した日本語教師の資格を生かして、楽しみながら日本語を教えることを60歳以降のチャレンジにしていきたいと思っています。

「ノーファンデ写真」

5. いくつになっても夢を持ち、夢に向かって楽しみ続けること

-最後に、同じ21世紀を生きるSHEshares読者の皆様に向けて、メッセージをお願いいたします!

人それぞれ一歩踏み出すタイミングは異なると思いますが、 夢を持ち続けてやりたいことへの想いを強く持っていれば、必ず一歩前へ進めます。楽しみながら行動し、学んでいくことが大切なのかなと思います。
夢を実現するのに年齢は関係ありません。「”もう”48歳」ではなく、「”まだ”48歳だわ…!」と(笑) この仕事に携わるようになってから、 20代の女性から学び得る事が大変多く、その出会いに感謝しています。 学び合う出会いの場を大切にし、女性が輝きを放てる21世紀になることを楽しみにしています。

ー伊藤さん、インタビューにお答えいただきありがとうございました。

▷伊藤さんのレッスン情報

そんな伊藤さんがSHElikesのレッスンにご登壇されます!

SHElikesのサイトからご予約が可能ですので、ご興味ある方は是非サイトをご確認下さい。

レッスン名:「コンプレックスを克服!笑顔コーチングレッスン

開催日時:2017年10月14日(土) 13:00-15:00

開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)

申し込みはこちら:http://she-works.jp/likes/?utm_source=owndmedia&utm_campaign=interview&utm_content=20171002_001

▷編集後記

年齢にとらわれず挑戦し、楽しみながら行動しつづける。伊藤さんの若々しいエネルギーに圧倒されながらも、今後訪れる未来が「先が見えない怖いもの」から「何が起こるか分からないワクワクするもの」に変わったように思います。今が何歳であろうとも、変わる勇気をもった女性がもっとも美しいのだと改めて思う、素敵なインタビューでした。

SHEshares編集部 花田

伊藤千亜紀(いとう・ちあき)

笑顔コーチングサービス REDERE(リーデレ)代表、スリムフェイスデザイナー
大学卒業後、企業の役員秘書として勤務。その後、ホスピタリティマインドを学ぶため(株)オリエンタルランドに入社。キャストとして多くの方と向き合う中で、表情が豊かになると顔が引き締まり小顔になる事、笑顔の大切さに気付く。その後独自の施術法を考案し、個人・企業・接客業の方また個人のお客様を対象とした笑顔コーチングやスリムフェイス施術を手掛ける。
企業の女性対象のクラブ活動として、身体と心を緩めながら小顔で美しい笑顔に導く講座や高齢者の介護予防事業として表情筋を鍛えて更に若々しく導く講座を行い、20代から80代まで幅広く指導。
自信溢れる笑顔が、携わるビジネスの繁栄、社会への貢献へと繋がる様、その方の輝きを引き出しプロデュースする。

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami