• HOME
  • 記事
  • Webデザイン , インタビュー
  • 【SHElikes Webデザインコース体験記】きっかけは「なんとなく」だっていい。SHEsharesのリニューアルを手がけた宮川典子さんが「好き」と向き合うまで

【SHElikes Webデザインコース体験記】きっかけは「なんとなく」だっていい。SHEsharesのリニューアルを手がけた宮川典子さんが「好き」と向き合うまで

Webデザイン

SHEsharesリニューアルを手がけたのは、SHEの卒業生宮川典子さん

現在、企業に勤務しながらSHEデザインチームの一員としても活躍されている宮川 典子さん。実は、10月のSHEsharesリニューアルに向けてデザインを担当してくださったのは、宮川さんなのです!

 

こんな風にSHEのデザインチームで大活躍中の宮川さんですが、なんと、Webデザイナーとして活動しはじめてからまだ1年も経っていません。

もともとはSHElikes Webデザイナーコースの前身である「SHEloves Webデザイン2ヶ月コース」でスキルを身につけ、コース卒業後に、Webデザイナーとしての一歩を踏み出しました。

昨年地元を離れて上京したことをきっかけに「好き」を突き詰めたいと思い、Webデザインコースを受講することに決めた宮川さんのお話は、デザインに興味のある方はもちろん、これから新しいことを始めたいという方にも読んでほしい内容でした。

宮川さんの等身大なストーリーから、一歩を踏み出す勇気をもらえるはずです。

SHElikesのWebデザインコースに興味がある方はこちらから↓


目次

    1. 地元を離れ、”新天地”東京でパラレルワーカーになるまで
    2. 子どもの頃の ”好き”がつなげたWebデザインとの出会い
    3. 人生のターニングポイントとなった同期との出会い
    4. 自分にとってベストな働き方を目指して
    5. 編集後記


1. 地元を離れ、”新天地”東京でパラレルワーカーになるまで

ー現在のお仕事の内容と、そこに至るまでの職歴を教えてください。

IT関連会社で派遣社員として働きながら、SHEのSNS配信用のバナーや、SHEsharesのデザインまわりのお手伝いしています。
今の会社までに2社経験しているのですが、まず高校卒業後に就職したのが地元の大手アイスクリーム専業メーカーでした。事務職を8年ほど経験させていただき、その後、東京でベンチャーの映像制作会社に営業職として転職。そして今に至ります。

事務職ではなく営業職で転職したのには、なにか理由があったんですか?

事務職という枠を超えて、もっといろんな仕事を経験したいと思っていました。そこに、当時結婚していた人とのお別れのタイミングが重なり「もういっそ心機一転だ!」ということで働く場所も住む場所も仕事内容も変えてしまおうと。

結婚していたときは、相手のこともあり地元で仕事をする以外に選択肢がないと思っていたんです。でも、お別れをして、もっと自分の「好き」を大事にしながら生きようと思ったので、ちょっと早いですけど第二の自分の人生を歩もう、みたいな。(笑)

地元企業の退職時のあたたかい贈り物たち(涙)似顔絵入りの寄せ書きは宝物です。

 


⒉ 子どもの頃の ”好き”がつなげたWebデザインとの出会い

 

ーそんな背景があったのですね。では、なぜWebデザインを学ぼうと思ったのでしょうか?

東京にきて新しいことに挑戦しながらも、わたしの「好き」ってなんだろう?って常に考えてました。

そしてふと子どものころに没頭したHP制作を思い出したんです。当時はどうやったら友だちよりかわいいHPをつくれるんだろうって・・・小学生ながら深夜まで素材屋さんとかタグ屋さん巡りをしていました。(小窓とか、隠しリンクとか、フラッシュとか、このエモさ伝わりますかね。。。)

とりあえずちょっとあの頃の感覚を思い出してみようと考えていた矢先に、SHEのWebデザインコースを見つけて「あ、これだ!」と思って受講を決めました。

みなさんみたいに「仕事で必要になって」とか「Webデザイナーに絶対なりたい!」という明確な理由がないんですが。。。いまにつながっているので受講してよかったです!

ーちなみに、SHEを知ったきっかけは何だったんですか?

しおたん(塩谷舞)さんのSHEでのトークイベントがきっかけでした。

もともとmilieu※を見ていて優しい文章を書く人だなあって。イベントは女性限定40名ということだったので即応募しました。

そこでしおたんのお話はもちろん最高だったのですが、SHEという場、理念、コンセプトに共感して、その後もSHEのTwitterをフォローして情報をチェックしていました。

※塩谷さんのメディア
http://milieu.ink/

地元にいたころはよく車で2時間とかかけてカフェ巡りしてました。今は電車で!

ーWebデザインを教えているスクール・講座はたくさんあると思うのですが、その中からSHEのWebデザインコースを選んだ理由や、決め手を教えてください!

やっぱり”女性”に特化しているというところですね。ここなら勉強するだけじゃなくて、もしかしたらロールモデルに出会えるかもしれないって。
あとは、他のスクールや講座だと、受講して学ぶだけというところも多いと思うのですが、SHEは業務斡旋のサポートまでしてくれる面倒見の良さも魅力的でした。

 


3. 人生のターニングポイントとなった同期との出会い

 

ーSHEのWebデザインコースを実際に受講してみて、レッスンの内容や、雰囲気はどうでしたか?

◎教科書のような型にはまったレッスンではなく自分で考えて手を動かす
◎よく使うphotoshopの便利なショートカットキーがわかる
◎おしゃれなデザインのCSSコードのググり方がわかる
◎実用的&効率的なWebサイトのTipsをたくさんおしえてもらえる
◎講師との距離が近いのでめっちゃ質問しやすい
◎故にいつも質問が飛び交っていてスピーディーにレベルUPできる

あげたらキリがないんですけど、たぶん伝えきれないのでこのあたりでいいですかね。笑
あと、SHEにいらっしゃる方々がおしゃれなので毎回そういった意味でも刺激をうけていました!

アマチュアバーテンダースクールの先生との2ショット(サプライズでケーキいただき感激でした)   

ーWebデザインコースを受講して、受講前と比べ、何か変化などはありましたか?

一番は「働くことに対する考え方」ですかね。コース卒業後に人生2度目の転職もしているので。
SHEに関わるまでは地元でも東京でも基本的には仕事中心の生活で、よく日付が変わるまでパソコンとにらめっこしてました。

「いろいろなことに挑戦したい!」と未経験の業界・職種に飛び込んだ映像制作会社では、本当にたくさんのことを経験させていただいて幸せだった反面、Webデザインコースを受講した頃から「今の働き方のままでいいのだろうか」という疑問を抱くようになったんです。

そのときに、もっとライフワークバランスがとれる働き方がしたいと思い、派遣社員という形で働くことにしました。Webデザインコースで一緒に学んでいた同期の方から受けた影響も大きいです。

ーそうだったのですね。同期の方たちからは、具体的にどのような影響を受けたのでしょうか?

SHEを選んだ理由に「ロールモデルがみつかりそうだから」と言いましたが、実はまさにそれだったんです。

コース卒業後の同期の活躍はSNS等で拝見していました。それだけでも「みんなすごいな」って思ってたんですけど、SHEの新拠点イベントに出席したら同期の恵さんがイベント設計の中心人物になっていて「あれ!いつの間に!」って。実はちょっと嫉妬しました。(笑)

同期の受講後の変化を目の当たりにし、「こうして変わって働くことも本当にできるんだ」と思い、自分も少しずつ現状を変えていこうと思うきっかけになりました。

会社の人の結婚式用のメッセージです(大切なことを聞かれてこう答えたらしい)

 


4. 自分にとってベストな働き方を目指して

 

ーそんな宮川さんも、現在ではSHEのクリエイティブチームとして活躍されていますよね。Webデザインコース卒業後に、SHEでクリエイティブ制作をされるようになったのは、どのような経緯からだったんですか?

Webデザインコース終了後に、身につけたスキルを生かしてSHEでお手伝いしたい人を募っていたので、手を挙げました。

それからはSNS配信用のバナー制作がメインで、最初はLINE@やInstagramで発信するレッスン紹介のバナーを作っていましたが、最近では、LINE@などのSNS配信用バナーだけでなく、SHEsharesのデザインにも携わっています。

SHEsharesのサイトリニューアルでは、デザイン組みからキービジュアルの制作までやらせていただきました。

(宮川さん、本当にありがとうございます!!)

ーでは、現在思い描いている将来のプランなどがありましたらぜひ教えてください。

当面はフリーランスのWebデザイナーとして活躍できるよう、少しずつ準備を進めていきたいです。
今後出産など女性ならではのライフイベントを迎えたときに、自分のペースで仕事をするためにも、30歳くらいまでにはフリーランスとして働けるようになっていたいなと思うんです。

ただ今後も会社や職業にとらわれずにいろいろなことに挑戦していきたいですね。
それと余談ですが嬉しいことにSHEsharesのリニューアルがきっかけでお仕事の依頼をいただくことができました!

地元埼玉の観光地(長瀞)の蕎麦屋さんで。

ー最後に、宮川さんのように新しい可能性へとつながる一歩を踏み出したいと思っている方や、その一歩がなかなか踏み出せずに立ち止まっているという方へ向けて、メッセージをお願いします!

私は、いままでデザインとはかけ離れた事務職に8年間就いていて、Photoshopも全く使えなかったし、正直Webデザイナーになりたいと「強く」思っていた訳でもありませんでした。

たまたま過去の「没頭」=「好き」を思い出したことからWebデザインコースを受講した私ですが、卒業した今では、みなさんの目に触れるクリエイティブを担当させていただき、SHEsharesのサイトリニューアルでは、一人で、デザイン組みからキービジュアルの制作までできるようになりました。

だから、私のように少しでも興味があったからひとまず飛び込んでみるといいかもしれませんよ!と伝えたいです。
特にSHEは、 熱意の強さや自信の有無に関わらず、「きっかけ」を見つけるような感覚で気軽に来れる場所だと感じています。

Webデザインも含めて少しでも気になるレッスンがあったら、ぜひSHEに来てみてください!

ー貴重なお話を本当にありがとうございます!
宮川さんの言葉に多くの方が背中を押され、一歩を踏み出してSHEを訪れてくださることを、私自身も期待しています!

まずは無料体験レッスンから↓

編集後記

宮川さんがデザイン組みからキービジュアル制作まで手がけられたSHEsharesがリリースされた日、ワクワクしながらURLをクリックし、最初に目に止まったのは、SHEに関わる女性たちの笑顔の写真とともに、”わたしの人生に、恋をした。”というキャッチコピーが添えられた、新しいキービジュアルでした。

を見たとき、SHEの理念そのものがすごく体現化されているように感じ、SHEの世界観を忠実に再現されたリニューアル版 サイトに、とても感動したことを覚えています。

また、私自身も今年の8・9月の2ヶ月間、SHE lovesのWebデザインコースに通っていたのですが、宮川さんもおっしゃっていたように、SHEのWebデザインコースはいわゆる教科書のようなレッスンではなく、実用性と効率を重視したレクチャーが中心であることを強く実感していました。

SHEでは単なるテクニックだけでなく、仕事にできるレベルまでスキルを身につけられるということが証明できます!

人生を変えるのは、小さな一歩。
宮川さんのお話が、現在踏みとどまってしまっているあなたのきっかけになりますように。

インタビュアー・執筆 / SHEshares 薦田 万未

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami