この記事では、私が子育てをしながらも、【〜学びを、仕事に。私らしい働き方を叶える場所〜SHElikes】を通して、0からWebデザイナーとして活躍できるようになるまでのストーリーをご紹介します。

日野美理(ひの・みさと)
大学卒業後、金融機関に勤務。その後ジュエリーメーカーで広報として勤務し出産を機に退職。子育てに追われる日々を過ごすなかで「自分のためになることをしたい」と考えるようになり、以前より興味があったwebデザインの勉強をしようと決意。2018年2月にSHEのwebデザイン講座を受講し、現在フリーランスでLPやコーポレートサイトなどの制作を行う。

 

Webデザインを0から学んでみたいあなたはこちら↓

⒈ Webデザイナーとして働くのは、子育ての合間の2-3時間

私は現在、1歳になる子どもを育てながら、1日2-3時間子どもが寝ている間に、Webデザインのお仕事をしています。
育児と仕事に追われて、なかなか休む時間が取れないのは大変ではありますが、社会との繋がりがある喜びを感じられたり、案件が落ち着いたら自由に自分の時間を作ることができるのは魅力的な働き方だと感じています。

もともとは、「Webデザイン」という仕事があることさえも知らないくらいだったのですが、SHElikes Webデザインコースを受講して、自分でも独学で勉強する中で、今ではこのようなサイトを作れるようになりました。

今はまだ勉強しながら経験を積んで、自分の作品ポートフォリオをためている途中ではありますが、徐々に知人などから案件をいただいてお金も稼ぎつつ、Webデザイナーとしての道を進んでいます。

初めのうちは、1日2-3時間勤務で、だいたい1-2ヶ月で完成できるLP(ランニングページ)を1つ作る度に10万円前後、2-3ヶ月で完成するコーポレートサイトを作るのに30万円前後いただいていたのですが、少しずつ自分の技術が上がるごとに金額もアップしており、成長を感じられてすごくやりがいがあります。

そして、Webデザインを学んで1年経った今では、コーディングやデザインのスキルがついてきて、簡単なLPであれば1週間くらいで作れるようになり、二つの継続案件もいただいて、安定した収入が得られるようになりました!

1年目は1人で勉強しながらとにかく目の前の単発案件をこなしていく日々だったんですが、2年目に入った今は、組織の中でより規模の大きな仕事に挑戦できるようになったので、自分自身としても成長を実感しています。

継続案件①
サイト制作の単発案件で知り合った方からお声がけいただき、既存のWebサイトの改修をデザイン・コーディング両面から行うチームに参加させていただいております。フルリモート自己申告制の時給契約で、エンジニアさんも含めたチームでの業務なので、組織の中でも通用するコーディングスキルアップやできることの幅も広がって、すごくありがたいです。

継続案件②
2つ目の案件も、知人を伝ってお声がけいただきました。主にLP制作をチームで行うのですが、こちらもフルリモートで自己申告制の時給契約で、1-2週間に1個のLPを制作しながら、バナー作成など幅広くデザインのお仕事をさせていただいています。こちらはデザインメインなので、去年から続けてきたことの応用という感じで日々学びながらやっております。

現在の働き方としては、1日2~4時間程度の稼働を週に3~4日行なっていて、だいたい月に70時間程度働いています。特に何時間以上などとは決めておらず、「昨日頑張ったから今日は仕事はお休みしよう」みたいな感じで、育児と両立させながら、自分らしいペースを模索しています。

子どもの成長はとっても早くて、時間の使い方も日々変わっていくので、そんな子どもの成長に合わせて自分も働き方を日々柔軟に変えられるWebデザイナーの働き方はすごくメリットを感じています。よく愛知の実家に帰省をするのですが、その時もPCひとつ持っていれば、長期で帰省も可能なので、時間の調整が上手くできるようになってきました。

1年間たくさんの単発案件をこなす中で、スキルも仕事の進め方も身についてきたので、今は安心してフルリモート時給制のお仕事も受けられるようになっています。収入も継続案件のおかげで、月に15万円くらいは安定していただけるようになりました!そろそろ保育サービスを利用してみようかと検討しているので、受ける単発案件の量も増やしていく予定です。

仕事量を増やすコツは、今の時代Webデザイナーの需要はすごくあるので、SNSや知人に、自分がWebデザイナーとして働いていることをどんどん発信することが大切だと思います。

私ももっともっとスキルを磨きながら、子どもの成長に合わせた、より良い働き方を模索していきたいと思います。

興味のある方はまず体験レッスンから↓

⒉ 未経験からWebデザイナーになった方法

もともとWebデザインに興味を持ち始めたきっかけは、前職の広報業務で、イラレやWebの更新・改修に触れる機会があり、「Web周りのお仕事面白そうだな〜いつかやってみたいな〜」と思っていたことが始まりです。

でも特に行動には起こさず、そのまま妊娠して退職したのですが、育児が始まるとあまりに忙しすぎて、自分のための時間がほとんどなくなってしまったので、「少しだけでも自分のために時間を使いたい!」と思い、以前から興味があったWebデザインスクールについて調べ始めました。

独学も試みましたが、何から手をつければいいのかわからず、直接人に教えて欲しいと思ったので、きちんとスクールに通うことを決め、決まった日に通えるスクールに絞って探していた時に出会ったのがSHElikesでした。

色々なサイトを比較していると、「育児をしながら学ぶためには、短い期間で、決まった日に受講する方がやりやすい」と感じ、2ヶ月で基礎をマスターできると記載のあったSHElikesでの受講を決断しました。

“女性限定”というのも、気を使う必要がなくて良いなと思ったポイントです。

2ヶ月間のSHElikes生活

実際に講座が始まって2ヶ月間はひたすら、講座で出された課題の質をいかに高めるか、ということに集中して取り組みました。

始めはPhotoshopを使ってデザインの基本を学んだあと、簡単なコーディングを学び、少しずつアニメーションや、ワイヤーフレームの設計を教えていただきました。

そしてベースのWebデザインスキルを学んだ後は、卒業制作に取り掛かる前に、Webマーケティングの基礎知識も教えていただき、「作ったサイトをどう人に見てもらうか?」という戦略部分も合わせて学びました。

週に1回の講座に向けて、ちょこちょこ育児の合間に1日2時間くらい課題をやって、最後は卒業制作のサイト作りにとても力を入れていたところ、なんとそれがきっかけで、初めてのお仕事に繋がったんです!

その時の講座で仲良くなった、同期のフォルスタイル代表平井幸奈さんに、「自分で手を動かす時間がないので、手伝って欲しい」とご連絡いただき、2つのLP(※ランニングページのこと)と、コーポレートサイトをご発注いただきました。

実際に制作したサイトがこちらと、こちらです。

⒊ 初心者が仕事をいただくのは困難。SHElikesでは卒業生チームに案件が振ってくるところがとっても魅力的!

講座終了後、自分でもクラウド上で仕事を探したり、コンペ形式の案件に応募しましたが、なかなか採用されず、初心者がお金を稼ぐ難しさを痛感しました。

やはりポートフォリオがなければ、顔の見えない相手に期待していただくことも難しいですし、対面で打ち合わせをしないで相手の意図を汲み取ることは至難の技だからです。

SHElikes Webデザインコースでは、「Webデザイナーとは?」という基礎がしっかり学べます。ただ、受講後すぐにフリーランスとして稼げるかというと、それは難しく、自分でさらに質を高めるために勉強しながら経験を積む必要があります。

そこでSHEでは、卒業生同士でチームを組んで、様々な案件をこなしていくサポートも行なっているので、ただ学んで終わりではないところが安心です。

WebマーケやSNS運用など他の知識を学んだ仲間と一緒に助け合える!


⒋ 新しいスキルを身につけて仕事にしたい方は、ぜひ一緒にSHElikesで夢を叶えませんか?

SHElikesでは、Webデザイナーという職種以外にも、Webマーケターやライター、ブランディング、SNS運用方法など、幅広い職種の知識を、最先端で活躍する講師のもとで学ぶことができます。

さらに一緒に学ぶ仲間も本気で「自分の人生を良くしよう」と思っている人しかいないので、SHElikesに来ること自体が、自分の人生を望む方向へ大きく変えるきっかけになります。

私自身、人生がSHElikesをきっかけに大きく変わりました。自分が望む働き方は、一歩の行動で意外と簡単に手が届きます。もちろん努力は必要ですが、一緒に頑張る仲間に出会えるSHElikesなら、来る度刺激を受けながら、モチベーションを高く保つことができるので、本当にオススメです。

「変わりたい」と思っていても、実際に行動を起こせる人は一握りしかいません。

チャンスが目の前にある今、あなたもこの瞬間から理想の人生に向かって、本気で変わりませんか?

こちらからお申し込みいただければ、体験レッスンに参加できますので、ぜひ気軽に最初の一歩を踏み出してみてください!

Share Story
このストーリーをシェアする
ツイート シェア