• HOME
  • 記事
  • コラム
  • 相手を気遣いつつ、自己主張もしよう! ~アサーティブ・コミュニケーション~

相手を気遣いつつ、自己主張もしよう! ~アサーティブ・コミュニケーション~

コラム

■人間関係の悩みはコミュニケーションの悩み?

皆さん、こんにちは。ライターのKaoriです。

社会人になると、色々な人に出会いますよね。育ってきた環境も仕事への価値観も…社会人と学生の違いの一つに「一緒に過ごす人を自分で選べるか?」があると言われていますが、色々な人がいるからこそ、大きなプロジェクトを達成することができる反面、人間関係の悩みも出てきがち。私も、どうすれば円滑な関係を築けるのだろう?と思ったことが何度もあります。

「話せばわかる」と頭でわかっていても、相手に遠慮してしまって自分の意見を言えなかったり、自分の意見を強く言い過ぎたり…人間関係を円滑にしていく為にも、適切な自己主張スキルを身に付けておきたいものです。

そこで「アサーティブ・コミュニケーション」を取り入れてみてはいかがでしょうか。
アサーティブ(assertive)とは、「自己主張」という意味です。しかし、アサーティブであるということは、「自分の意見を押し通すことではなく、相手を尊重しながら適切な方法で自己表現を行うこと」を指しています。

つまり、アサーティブ・コミュニケーションには、「あなたと友好的な関係を築きたい」というメッセージが込められているのです。

■コミュニケーションのタイプ

① ノンアサーティブ(Passive)
ノンアサーティブは、常に自分より相手を尊重し、相手のことや自分の立場を二の次にしてしまう態度です。一見、相手に配慮していて良いコミュニケーションのタイプに思えますが、言いたいことを我慢して不満(ストレス)を溜めてしまいがちなタイプとも言えます。

② アグレッシブ(Aggressive)
アグレッシブは、相手のことを配慮せず、自分の主張を過剰に優先させてしまう態度です。自分の感情や意見を積極的に伝える為、相手に不快な思いをさせてしまう場面も多くなります。正しいことを言っていても聞き入れて貰えないこともあるタイプでもあります。

③ アサーティブ(Assertive)
自分の考えを相手に対して、率直にその場にふさわしい方法で表現します。また、意見が合わなかったとしても、お互いの妥協点を探し、相手のことも配慮するタイプです。

下記の例を参考に、3つのコミュニケーション方法を比べてみましょう。
例)A子さんは、真面目に仕事に取り組んでいて、同僚たちからも信頼されています。
今日中に資料を完成させ、提出しなければなりません。そんな時、同僚から業務を手伝ってほしいと頼まれました。

①ノンアサーティブ:「大丈夫、わかったわ」と自分の資料提出が間に合うかどうかの不安を押し殺して手伝う。
② アグレッシブ:「私も忙しいの。急に言われても困るわ」と言い捨てる。
③ アサーティブ:「提出期限の迫った資料があるから、手伝えないわ。もう少し早くに相談してくれたら、良かったのだけど。」と理由も添えて頼みに応じられないことを伝える。

いかがでしょう、イメージは湧きましたか?
アサーティブな伝え方は、自分も相手も大切にしたコミュニケーションです。

■アサーティブに伝えるコツ

伝える前に
自分の気持ちを考える
我慢したり、押し殺したり、感情任せになるのではなく、自分の正直な気持ちはどういうものなのかを考える。

②相手の気持ちを考える
自分の気持ちを伝えた時、相手がどのように感じるのか考える。

伝える時
①主語を自分にする
「私は…」という表現を用いることで、自分の気持ちを伝えやすくなる。
「あなたは…」と相手を主語にすると、相手を責めた口調になり易い為、気を付けましょう。

②肯定的、前向きな言葉を使う
「できない」等、否定表現や自分の立場だけを考えた言葉は使用しない。
「~したらできる」等、肯定的でポジティブな言葉を使用したほうが、相手も受け取り易いでしょう。

③気持ちを伝える
「~して頂けると嬉しい」「~だと助かります」「~で困っています」等、自分の気持ちを表す言葉を用いることで、正直な気持ちが伝えやすくなります。

④依頼の表現を用いる
「こうすべきだ」「こうしなさい」等、支配的・一方的に言うのではなく、「~して欲しい」という表現のほうが、相手に考える余地ができ、受け取り易くなります。
お互いの意見が異なっていても、妥協点を探すことに繋がるなど、協力的に進めやすくなります。

■お互いの気持ちを尊重する

ここまでアサーティブについて書いてきて、気が付いたことがあります。それは、「当たり前」と思うような心掛け一つでコミュニケーションが変わるということです。また、友人や恋人に対してはアサーティブだけど、家族に対してはアグレッシブかも…ということも(笑)

シチュエーションや相手によって、カジュアルな話し方をしたり、気持ちをストレートに伝えやすかったりと、コミュニケーションの取り方は変わるものだと思います。しかし、相手を思い遣る気持ちを持っていると、相手からも同じように温かい気持ちが届くものです。

ビジネスの場面であっても、言葉を発する前に、相手の立場になって物事を捉え、また、自分の気持ちにも正直になってみて下さい。そうすると、少しずつではありますが、双方の考え・気持ちを伝えることができるようになりますよ。

この記事を読んだ皆さんは、少なからず人間関係やコミュニケーションの悩みを抱えているのでは?SHElikesでは、心理学を用いて人間関係の悩みを解決する講座が開かれますので、この機会に是非、SHEにお越し下さい!

レッスン名:「知っておくだけで人間関係の悩みがゼロになる心理学」
開講日時:7月14日(土)13:00~15:00
開催場所:SHElikes 表参道新オフィス(※表参道駅から徒歩5分の場所です)
お申し込みはこちら:https://she-inc.jp/likes/courses/137/lessons/210

SHEsharesライター:Kaori

 

 

関連記事一覧

ライター育成します

Bitnami