フリーランスの生存戦略とは「駆け出しフリーランサーはコミュニティとつながろう」

こんにちは、副業家(パラレルワーカー)の野里和花(@robotenglish)です。

本連載は新卒フリーランスを経て、自分が活きる働き方を実現したわたしが、『理想の働き方を実現するために』をテーマに、経験やそこで得た教訓をもとに、好きを仕事にしたい人や自分の個性を活かしたい人・もっとやりがいある仕事を手に入れたい人に向けて、執筆しています。


第1回では、わたしの独立経緯から、「フリーランスは別にすごくない」「目指すべきところとの距離をはかろう」というお話をしました。


第2回の今回は、突然新卒フリーランスになり、コネもスキルもなかったわたしが、どのようにして仕事の幅を広げたかについてご紹介します。


・独立したいけど、仕事が得られるか不安

・フリーランサーだけど、仕事が増えずに行き詰っている


そんな方はぜひ読んでください!

■仕事の広げ方が分からずにいたフリーランス初期

「書くのがめっちゃ得意だから、フリーライターになろう!」と、そうやって、自分の得意から出発して飛び込んだフリーランスの世界。


始めるのは誰にとっても易しいものです。が、そこからが問題。


とりあえずは生活費を確保しなきゃとバイトを始め、ライターと両立していく日々。のはずが、気づけば生活の中心はアルバイトに。記事を書こうとするものの、はじめてのWebライティングに悪戦苦闘。なかなか通らない記事案、手こずる編集、誰にも相談できない環境、なかなか伸びない収益……。


勢いでフリーランスになったのはいいものの、そこからが本当の戦いでした。


「これじゃあ、フリーランスというよりもフリーターじゃん!」


留学のために貯めていた貯金額もすこしずつ減り、呑気に構えていたわたしもさすがに焦りだします。


そんなとき、体の頑丈さが取柄だったにもかかわらず、体調を崩してしまいます。それをきっかけに「わたし、このままではだめだ。なんとかしなきゃ」と思い始めます。


■コミュニティに救われて仕事が軌道に乗る

停滞していたフリーランス初期に巡り合ったのが田舎フリーランス養成講座というWeb合宿でした。現在は、本業(会社員)として、同講座の運営マネージャーと務めています。


当時は、「このどん詰まりな状況を打開できるなら…」という気持ちで参加しました。そこからようやくわたしのフリーランス生活が軌道に乗り出します。


ひとつのフリーランス関連のコミュニティに参加をすることで、フリーランサーの仲間ができました。彼らはそれぞれが仕事をもち、働いています。そういう人たち、自分が目指す働き方を体現する人たちと生活を共にすることで、まず、自分のビジョンが段々と見えてきました。


ただ不安で、目先のお金を稼ぐためにしていたアルバイターから、実際のフリーランスの現状を知り、自分事に落とし込んで考えることができるようになったのです。


■フリーランサーがコミュニティ内で仕事をとるメリット

また、仕事の幅も広がりました。彼らは様々な案件を抱えているので、「わたしこんなことができます!このくらい働けます!」と、自分の長所と稼働時間をシェアしておくと、困ったときに仕事を振ってもらえるようになったのです。

この利点は、単に仕事をゲットできた、というだけではありません。

Webフリーランス、特にライターは、全ての仕事をインターネット上で完結させることが可能なので、クライアントと一度も顔を合わせずに、受注から納品完了までをチャット上で終わらせることがほとんどです。

そこが便利なところでもあり、惜しいところでもある、とわたしは思います。

できるフリーランスは、クライアントの要望を、余すことなく理解し仕事に反映させる理解力と応用力があると感じています。

対面に比べ、チャット上だと、クライアントの要望のニュアンスが伝わりづらいです。

これは段々と仕事をしていくうえで身に着けていくスキルのひとつですが、仕事の取り始めは、クライアントとのチャット上でのやりとりから、うまく要望を吸い上げるというのはなかなか難しいもの。

その点、リアルなコミュニティ内にクライアントがいれば、スムーズに対面での打ち合わせにはいることができます。最初は読み取りの裁量がないからこそ、より齟齬がすくない状況で仕事を進めることが、質を高めるひとつの近道になるでしょう。

また、コミュニティ内の人間から仕事を受注することは、会社員のメリットを得られます。

わたしは現在、会社員ですが、それを選んだ大きな理由のひとつは「常にフィードバックをもらい、成長していける環境に自然と身を置けるから」です。

会社員であれば、社員の成長はそのまま会社の成長につながるため、ほかの社員が自分の仕事を評価し、アドバイスをし、伸ばしてくれるように努めてくれます。これは個人としてもとてもありがたい仕組みですよね。

 

しかし、フリーランスの場合は、クライアント側が会社の利益にならないと判断した場合は簡単に「チェンジ」が選択可能です。悲しいですが、仕事なので、報酬に見合わないのであればやむを得ないことです。

 

コミュニティ内であれば、多少、この部分をカバーできると考えています。クライアントに変わりありませんが、コミュニティに囲まれているおかげで、単なる発注者・受注者以上の関係になりますから、成長につながるアドバイスをもらいやすいでしょう。

 

このように、リアルな場で仕事がもらうチャンスが生まれ、さらにそれが成長につながりやすい。だからこそ、わたしは、駆け出しのフリーランサーこそ、コミュニティに所属すべきとすすめています。

さらに、美味しい案件というのは、自然の摂理なのか、ネット上よりも人づての方が圧倒的に多い、という印象もあることから、やはり、コミュニティ内で仕事を得ることのメリットは大きいでしょう。

 

■SHEのコミュニティをうまく活用して、成長しよう

 

フリーランスは、自由が利き、仕事の選択ができる分、相手からも簡単に見限られる可能性があるというリスクを頭の隅に置き、つねに最善のパフォーマンスを発揮できるように努める必要があります。

 

なので、会社員の人間関係におけるいざこざがないものの、場合によってはプレッシャーや孤独との戦いとなります。

 

そんなとき、やはり、多様な選択肢が並ぶ場となるコミュニティというのは、助けになってくれるに違いありません。

 

SHE株式会社のSHE likesが提供をするレッスンでは、スキルの習得はもちろん、同じ興味分野をもつ人々との交流のきっかけにも最適です。また、SHE lovesでは、より長期間でスキルを深めていくため、同じ目標を掲げた仲間であるという意識が強まります。さらに、SHE worksでは、コワーキングスペースというリアルな場を通じて、フリーランス同士のつながりが生まれます。

 

いままでわたしは、コワーキングスペース、オンラインサロン、SNS…オンオフかかわらずそれらの様々なコミュニティを渡り歩き、つねに複数のコミュティに所属してきました。そしてそれによって確実にステップアップしましたし、仕事の幅も広げました。コミュニティをうまく使って、理想の働き方に近づいたと感じています。

  

そんなわたしから見ても、SHEのそれぞれのプロジェクトは魅力的です。

 

人生の選択肢を広げる「likes」、同じ目標に向かって邁進できる「loves」、ときにゆるく・ときに熱く・すきなようにつながれるリアルの場「works」、きっと、ひとりひとりが求めるコミュニティに適したものが得られると思います。

 

■ひとりで頑張りすぎない、フリーランスだから大事にしてほしいこと

フリーランスって、同期もいないし、家から出なくても済む場合も多いし、クライアントも変えられるのでどのくらい継続するか分からないし…フリーランサーのお仕事は、孤独との戦いという側面があります。

 

それを悠々と受け入れられる人もいれば、「フリーランスの自由さはいいけど、ひとりでやっているといやになる!」という人もいます。フリーランス、と一言でくくるにはあまりに乱雑に思えるほど、多様な人がいますからね。

 

なので、「憧れのフリーランスになったけど、なんかしんどい…どうしていいか分からない…」そう思ったときには、全部自分で解決しようとせずに、周りを頼りましょう。そんなSOS発信のときのためにも、駆け出しフリーランサーの段階から、頼れるようなコミュニティに飛び込んでみましょう。

 

SHEは素晴らしいコミュニティですが、ほかにも

・フリーランスや働き方関連のイベントに参加

・コワーキングスペースの会員になってみる

・SNS上で似たような働き方をしている人に積極的にアプローチ

 

するなどしていると、自然と、コミュニティの方からあなたへ向かってきてくれるはずです。そして、人とつながれば、成長のヒントがあふれていますし、きっと、仕事の幅を広げるチャンスにも巡り合えます。

野里和花(のざと・のどか)

1993年鹿児島生まれ。

福岡の大学で哲学(恋愛や家族、性、死など)を学んだ後、語学留学へ。上京後、フリーのライターとして活動をはじめる。ブログ運営、SNS運用、イベント企画運営、講師業、コワーキングスペースの店長などフリーランスとしての活動は多岐にわたる。2017年秋にITベンチャー企業「株式会社Ponnuf」に入社。独立支援の田舎移住型Web合宿「田舎フリーランス養成講座」運営マネージャーを務め、全国を"旅する会社員"としてまわり、同講座を各地で開催している。

副業家(パラレルワーカー)でもあり、ライター/ブロガーとして、アフィリエイトサイトのライティングやオウンドメディアの編集、PR記事の執筆を行っている。

好きなことは映画観賞、ファッション、旅行、さんぽ、カフェ巡り、読書。将来の夢は夫婦で起業して田舎でスペース運営を行うこと。

Twitter:https://twitter.com/robotenglish / ブログ:https://www.moguogu.com/


0コメント

  • 1000 / 1000