コンプレックスと向き合い、自分を信用できた。美容家・船山葵さんが考える「なりたい自分になる方法」

「好きなことを仕事にしたいけど、自信がなくて一歩踏み出せない……。」

そんな気持ちになったことはありませんか。

今回インタビューをさせていただいたのは、自身のビューティーサロンの経験を生かし、美容家として活躍されている船山葵さんです。「21世紀を生きる女性のためのレッスンクラブSHElikes」でのご登壇に先立ち、なりたい姿になるためのストイックな考え方や、自分の選択に自信を持てるコツを伺いました。


1. 「新しい自分になる!」コンプレックスを糧に美容の仕事を始める

ー美容家としてご活躍されている船山さん。現在のお仕事に至るまでの経緯を教えてください。

最初のキャリアは、美容・健康に特化したIT会社で営業の仕事をしていました。就活中から美容関連の仕事を自分でしたいという気持ちはあったのですが、周りからどう思われるかを気にしてしまい、そのまま企業に入ったんです。入社数日後からすでに「なんか違うな……」と、違和感を感じてしまいました。

1ヶ月経っても、3ヶ月経ってもその違和感はなくならず、上司に辞めたいと伝えたんです。ところが、上司には「まだ結果出していないだろう」と言われてしまって。

たしかにそうだなと思ったので、「新卒の中で1番をとったら辞めよう」とゴールを決めました。それから半年後、全国で1番の成績をとることができたので、会社を退職しました。

実は、会社員として勤めていた頃から、並行してエステサロンを運営していたんです。当時は、平日の夜と土日の時間を使って働いていました。退職後はサロン運営に集中することができて嬉しかったですね。お客様に一対一でアドバイスをすることが大好きでした。

ただもっともっと「この経験で学んだことを多くの女性に届けたい!」と強く思うようになりました。ちょうどその時に、ライティングのお仕事のお話をいただき、美容ライターに転身しました。

ー実際に結果を出せるって素晴らしいです。決めたことを実現するためのエネルギー源はなんですか?

コンプレックスですかね。私はもともと人と比べられることが嫌いだったのに、自分にコンプレックスがあり、自ら人と比べてしまっていたんです。当時は、自分が好きではありませんでした。

そんな気持ちを変えてくれたのが美容だったんです。「みんな違ってみんないい」という言葉の通り、外見だって人それぞれ個性があるんだと気付きました。

2. 熱意を武器に。なりたい姿へなるために

ーお話していて、ご自身で決めたことへの覚悟、そして熱意が伝わります……!

私、松岡修造みたいな熱い人間が大好きで、そんな人になりたいと思っているんです!

人一倍、熱意と好きっていう気持ちを大切にしているという自負はあります。だから、そこを評価してくださり、仕事を依頼してくださる方がいらっしゃると嬉しいですし、気が引き締まりますね。

もちろんなんでもうまくいくということはなくって、たくさん辛い経験もありました。けれども、熱意と好きという気持ちだけはずっと伝え続けていました。相手は機械じゃなくて人間だから、ちゃんと伝えればわかってくれると思い込んでいます(笑)

一度断られても、今の自分に足りないところを考えて、それをクリアしたらもう一回挑戦すればいい。そして、「私が与えられるメリットは何か?」を伝えることが大事だと思います。

ー問題をクリアするためにはあきらめないことが大切ですよね。どのように気持ちを奮い立たせていますか?

悔しいことや、ショックを受けたことはノートに書いていましたね。自分のやりたいことがひとつ叶ったら、そのノートを見返すようにしています。「こんなことがあったな。よく、乗り越えたな。」って、ノートを読み返しながら当時の気持ちを思い出しますね。どれだけこちらに熱意があっても、私の経験不足や「まだ若いから使いにくい」なんて理由で、悔しい思いをしたこともありました。

やりたいことがあっても、そのタイミングは今じゃないってことはあると思います。そんなときは、やりたい仕事をする前に、まだまだ学べることがあるとプラスに捉えるようにしています。私は、長年続けてきたピアノで培った”精神的な強さ”があると思っています。何か壁にぶつかった時、あきらめるのではなく、なりたい姿をイメージして頑張ろうと思えるんです。

3. 勉強は必要なライフワーク。いつまでも続けたい

ー船山さんはAbemaTVに出演したり、さまざまな美容の知識をお持ちだったりと、広く深い知識をお持ちですよね。どのように勉強しているんですか?

土日と平日の夜、仕事後に少し勉強の時間をとるようにしています。どちらかというと朝型なので、時間がなくても勉強したい期間は、毎日4時に起きて勉強します(笑)とはいえ、苦痛に感じてしまったら続かないので、あまりルールを決めず、1時間でも30分でもいいから勉強していますね。毎日続けていると、自信がついてくるんです。

ーとてもストイックですね……! もともと勉強がお好きなんですか?

勉強していて、本当にワクワクするんです。休みがなくても勉強したいと思えるくらい!

なぜ勉強が好きなのかというと、新しい知識を得ることで、自分がどんどんグレードアップしていくのが楽しいんですよね。「その知識を得られた私って、最強かもしれない!」とイメージを持つと、また勉強したくなるんです(笑)

だから、仕事しながら勉強するのはまったくっていうのが苦じゃなくて。一生学び続けたいと思っています。

4. 挑戦の回数を増やせば、必ず次につながっていく

ー学び続ける姿勢を私も見習いたいです! 現在、思い描いている目標はありますか?

自分がプロデュースした化粧品を商品化したいです。以前仕事でとある百貨店に行った際に、1日で10〜30のブランドが熱量の高いプレゼンをされているのを聞いて、大変刺激を受けました。ぜひやってみたいですね!

ー素敵な夢を聞かせていただき、励みになりました。最後に、SHEsharesの読者へ向けてメッセージをお願いします。

自分を信じて、心の声を聞いてあげるのが大事だと思っています。承認欲求が強い人って結構多いですが、周りに信用されたいと思う前に、まず自分自身を信用してあげることが大事だと思います。

そして自分を信用するためには、挑戦の回数を増やすことが第一歩。挑戦を続けていれば、必ずどれかひとつは次に繋がっていくはずです。

自分への信用を積み重ねていけば、「自分を生きている」という感覚を得られると思います。

▷編集後記

経験が浅くても、年齢が若くても、真っ直ぐに挑んできた船山さんの生き方に勇気をいただけました。自信がなくても、なりたい自分をイメージして歩んでいけば夢を叶えられるんだと救われる想いです。

自分で自分を絶対的に信じることが、好きなことで結果を出すために大切なのだと感じました。

テキスト:鈴木実香里

取材:花田奈々

▷船山さんのレッスン情報


レッスン名:「【10名限定】メイクで運気アップ!ほんとうは誰にも教えたくない開運メイク講座

開催日時:8月26日(日)13:00~15:00

開催場所:SHElikes 表参道教室(※表参道駅から徒歩5分の場所です)



美容家・船山葵

自分自身が美容で人生が変わったことをきっかけに 個人で女性専用の美肌サロンをオープン。 その後、現場で学んだ知識を生かして美容ライターに転身。

「女性が少しでも自信を持ち、自分のことを好きになれるような きっかけを届けたい」という想いのもと、 現在ではAbemaTV・雑誌・WEB媒体などで美容家として活躍する。

0コメント

  • 1000 / 1000